娘と接し方⇒離婚したい⇒ヨリを戻したい⇒生き方。悩みを変えさせられる優柔不断男


テレフォン人生相談 2017年4月24日 月曜日

妻とは半年前から別居。一緒に住む12歳の娘が1か月前から財布からお金を盗むようになった。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男40歳 妻44歳 6ヵ月前から別居中 娘12歳 母75歳と3人暮らし

今日の一言: 悩んでいることを、考えていることと錯覚する人がいます。メリーゴーラウンド型と言います。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
あ40歳です。

加藤諦三:
40歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
えー、奥さん何歳ですか?

相談者:
40、4歳です。

加藤諦三:
44歳。お子さんは?

相談者:
は(わ)12歳です。

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
えっと、子どもがですね、わたしのお、財布からお金を、取るようになりまして。

加藤諦三:
いつ頃からですか?

相談者:
えー、1ヵ月、程前から。

加藤諦三:
1ヵ月ぐらい、はい

相談者:
はい、それで今・・

加藤諦三:
どれぐらいですか?

相談者:
うーん・・取るの、まま、大体・・2千とか3千とか・・

加藤諦三:
あ、あー

相談者:
なんですけども。それでまあ、何か、買っていー、いるのかなあ?と思・・ってましたら、本とかを買っているみたいなんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、まあ、それで一応注意は・・したんですけれども。

加藤諦三:
「注意した」ってどういう風に注意したあ?

相談者:
・・まそのお、
「お金を取るっていうことはいけないことだ」っていう事でえ、

加藤諦三:
12歳のお子さんは・・息子さんです・・ね?

相談者:
あ、む・・娘です。

加藤諦三:
娘?、あ、お嬢さんですか。

相談者:
はい、そうです・・はい

加藤諦三:
したら・・お嬢さん、どんな・・

相談者:
最初は、その否定はしていたんですけれども、

加藤諦三:
あ、取ったということを否定していた。はい

相談者:
はい。ま、それでも、ま・・何度か話し合いをするうちに、ま、
「取った」ということで・・本人は、言いまして。でー、えーま
「本を買った」っていうことで。

加藤諦三:
で、そのあなたとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
お嬢さんとが話しをしている時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さんはどこにいました?

相談者:
妻とは今、別居中でして。

加藤諦三:
別居お、は、どのぐらいですか?

相談者:
えー6ヵ月う、以上です。

加藤諦三:
だけど別居する前は、あの・・取ってなかったわけですね?財布から。

相談者:
そうですね、そういった兆候はなかったです。

加藤諦三:
うーん。それで本、最初は
「本を買ってる」と言った。

相談者:
うん、そうですね、で、ま、あの、レシートとかも、見してもらって、確かに本は買っているっていうのは・・分かったんですけれども。はい

加藤諦三:
単純にい・・お嬢さん、寂しんだろうと思うんですけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さんと別居するまでのお、

相談者:
はい

加藤諦三:
お嬢さんと母親との関係はどんな関係でした?

相談者:
・・うーん、ま、普通の母親・・と、娘の関係には、わたしの目からは映ったんですけれども。んま、その、あと、ま、色々と話を聞いたりしますと、ま・・子どもの言う、の言う事には、その
「何にも・・やってくれなかった」っていう風な・・

加藤諦三:
あ、「何もやってくれない」って、お母さんが、自分に、何にもやってくれな・・

相談者:
うん、#$%◆・・そうです、そうですね。
「やってくれなかった」っていう・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
ふうな、ことは、聞い・・たことあるんですけども。

加藤諦三:
そうすとお・・ま、お嬢さんの言葉をそのまま取れば、お母さんは・・
「自分に何にもやってくれなかった」

相談者:
はい

加藤諦三:
それで別居してるということは、お父さんとお母さんは、仲が・・良くないと。

相談者:
そうです、はい

加藤諦三:
そうすと・・12歳の、お嬢さんからすると、

相談者:
はい

加藤諦三:
非常に、すー、寂しい家庭ですよね。

相談者:
そーですね、はい

加藤諦三:
であなたは・・家には、何時頃帰って来んですか。

相談者:
大体、ま、7時い・・ぐらいには、

加藤諦三:
あ・・

相談者:
家には着きます、はい

加藤諦三:
と、晩御飯は、一緒に、お嬢さんと食べてるわけ?

相談者:
はい、食べてます。

加藤諦三:
うーん、その時に、何か・・ん、無駄話、所謂世間、ん、で言う無駄話の、どうでもいいような話をべちゃべちゃやってんの?、それとも・・黙って食べてるの?

相談者:
あ、黙っては、食べ、ますけれども、ま、ご飯食べた後、一緒にテレビ見たりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい、まあ、わ、た、わたしの休みの時には・・買い物に行ったりとかっていう風には、してます。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・あなたとお・・その別居したのは、なんでですか?

相談者:
ん、あのお、性格の不一致っていう・・のも、あるん・・ありますし、はい

加藤諦三:

相談者:
あとは、ま・・今わたし、母と、同居お、しているんですけれども。

加藤諦三:
あ、今お母さんと同居してんの?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
お母さんは何歳?

相談者:
75歳です。

加藤諦三:
75歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと何?、奥さんー、が、別居したのは、お母さんとの関係が良くなかった?

相談者:
そーですね、それもありました、はい

加藤諦三:
で、あなた自身と・・奥さんのとの関係も良くなかった?

相談者:
そーですね、はい

加藤諦三:
うん、ということはあ、このお嬢さんからするとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分以外に3人いるわけですね?家ー。

相談者:
はいそうです、はい

加藤諦三:
それみんな、仲悪いわけだ。

相談者:
そうですね、そういう、状態ですね。

加藤諦三:
うんんー

相談者:
それでも、今はまあ、んーなんとか・・ま、んも、持ちこたえてと言いますか・・仲良くは、してはいるんですけれども。

加藤諦三:
だけどお、お嬢さんからするとやっぱり・・母親がいないという寂しさはある。

相談者:
あるのではないかなと、思うんですけれども、はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
ただ、ま、子どもじい、しんは、ま、
「離婚してもいいよ」っていう風には・・言ってくれては、いまして。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
ただあれだねえ、12歳のお嬢さんに、
「離婚してもいいよ」って・・このお嬢さんは、何かあなたにとって都合にいいお嬢さんになっちゃってるねえ。

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
お嬢さんから見ればあ、それはキツいことですよね?

相談者:
そうだと思います。

加藤諦三:
あなたにとって都合いいっていうことであって。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そうですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、今日のあなたの相談・・というのは、

相談者:
#$%◆

加藤諦三:
この財布のことだけですか?、お金を取ったと、2、3千円。

相談者:
そうですね、それを取ったっていうのと、ま、子どもとの接し方・・をどのようにしてったらいいのかが、全く分からない状態でして。

加藤諦三:
うーん、分かりました。今日は幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。