親からバカと言われ引き受けて来たひょうきんな役割。自分を見失った女36歳


テレフォン人生相談 2017年9月4日 月曜日

交際している彼のことが本当に好きなのかどうか分からなくなった。どうつき合うべき?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女36歳 三姉妹の末っ子 一人暮らし 実家に両親が健在

今日の一言: 病んだ集団は、誰か一人を犠牲にして、その集団を維持して行きます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えて下さい。

相談者:
はい。36歳です。

加藤諦三:
36歳

相談者:
はい

加藤諦三:
えーっと、結婚してます?、独身ですか?

相談者:
えっと未婚です。

加藤諦三:
はい。あの、ずっと未婚で、離婚して今一人っていうんではないですね?

相談者:
あ、ずっと未婚です。

加藤諦三:
ずっと、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今あ、は、お一人で暮らしてんですか?

相談者:
一人で暮らしてます。

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
あ、はい。えー、交際、1年2ヵ月になる彼との将来についてなんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、自分がホントに望んでいることなのが何なのか?よく分からなくなって来たので、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
えとお・・その自分のホントの気持ちを知りたいということと、ま、交際続けるべきか止めるべきか?、ま、続けるのであれば、今後どのように向き合えばいいのかということ・・

加藤諦三:
あ、なるほどね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたあ、お父さんとお母さんは、

相談者:
はい

加藤諦三:
まだご存命なんですか?

相談者:
あ・・はい。あのお、実家の方に暮しております。

加藤諦三:
あな、たは、一人っ子とか・・

相談者:
あ、えーとですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたしは三姉妹の末っ子になります。

加藤諦三:
三姉妹の末っ子。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・あの「今望んでいることが分からなくなった」って言いましたね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で今、この1年2ヵ月う、付き合ってる男性は、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは好きい・・なわけでしょ?、付き合ってんだから。

相談者:
そうですね(笑)はい、好きで付き合いました、はい

加藤諦三:
だけども・・何となくその好きだっていう気持ちが確かじゃないっていうことですか?

相談者:
えー、好きなのかどうかもよく分からなくなって来たというところです。

加藤諦三:
分かんない・・ああ

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、あなたあ、そのお・・自分が、な、何者であるか?、分からなくなった、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
自分の望む、ホントに自分が望んでいることは・・なんであるか?

相談者:
はい

加藤諦三:
ホントに自分が、し、訴えたいことは何であるか?っていうのが、

相談者:
はい

加藤諦三:
分かんなくなるってことあるんですけれど・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、あの、なる人は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お、多いんですけれどもね、

相談者:
はい

加藤諦三:
こういう、自己疎外された人って。

相談者:
はい

加藤諦三:
それには当然理由があって、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分自身である・・ことが分からなくなるっていう理由があるんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、あの、小さい頃から自分を否定されたとか、

相談者:
あー、あっ、はい

加藤諦三:
そういう・・そのお、36年間の人生を振り返ってどうですか?自分を・・が自分であることを否定されたとか。

相談者:
そうですね、えーとお・・わたしはあ、あの、あまり、その何ていうんですか、親も冗談のつもりだったと思いますけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、「バカバカ」って言って育てられて来ました(苦笑)

加藤諦三:
あーはあはあ

相談者:
ので、あの・・劣等感は、ちょっと強め、だと思います。

加藤諦三:
うんー

相談者:
ま、ただ、あの、そういう自分にもお、今まで生きて来た中で、気付いて来たので、そういう自分を、変えようとは、あのお、してました。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それでえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた随分、そういう意味じゃ、屈辱感を味わってるわけですよ。

相談者:
・・そうですね(苦笑)はい。あります。

加藤諦三:
それで今、一生懸命、その劣等感を、

相談者:
はい

加藤諦三:
克服しようっていう

相談者:
はい

加藤諦三:
気持ちになってる。

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、話分かりました、あの、劣等感っていうのはね、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・物凄い、強い感情だから、

相談者:
はい

加藤諦三:
他の感情を排斥しちゃうんです。

相談者:
あー

加藤諦三:
だからあなたの・・劣等感以外のこといろんな感情ありますよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
こういうことしたいとか、あの人が好きだとか、あの・・あの人は・・わ、わたしは、あの人が嫌いだとか、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんかいろんな・・感情ってありますけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
劣等感っていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ほかの感情を、全部抹殺しちゃうんです。

相談者:
あー・・そうなんですね(苦笑)、はい

加藤諦三:
だから、この劣等感んー・・がもう、その人を、支配、占めちゃうんですよ。

相談者:
はあー、なるほど。

加藤諦三:
だから今あなたが言ったように・・自分が自分で分からなくなったっていうのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
この劣等、感の、虜になっちゃったんだね。

相談者:
あー・・そうなんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どちらに言われたんですか?、「バカバカ」って。

相談者:
えーと、ま・・ん、両方ですね、わたしは・・

加藤諦三:
両方ですか。

相談者:
多分、家の、中ではあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・ひょうきん・・な、立場でいたん、ですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
立場で居たというか、まあ、あの、いつも冗談を言って、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、人を笑わせるのとかも好きですし、

加藤諦三:
うん

相談者:
まその、馬鹿なことをやって、みんなが笑ってるのも、楽しかったですし、

加藤諦三:
うん

相談者:
あとは、ま、勉強もあんまりやっぱり得意ではなかったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、そちらの方が、も、ひょっとしたら楽で、そっちに・・なびいていたのかもしれません。

加藤諦三:
うんー

相談者:
ごめんなさい、言ってること・・も、ま・・楽で、だったのか分からないんですけど。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、今あなた、ひょ、ひょうきんな・・ま、まさに、

相談者:
はい

加藤諦三:
ひょうきんな、た、あの立場を引き受けて来たんだと思うんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・んでえ、「勉強するよりもそっちの方が楽だった」って言いますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
それで「人を笑わせるのが好きだった」ってえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
言いますけど、好きというよりも、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
人を笑わせることで、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分が受け入れられてるっていう安心感だったんじゃないですか?

相談者:
あ、そうかもしれないです、はい

加藤諦三:
・・兄弟3人いてですね、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
・・恐らく一番あなたの・・末っ子のあなたが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう立場を、引き受けたということは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・あなたを屈辱・・することによって、

相談者:
はい

加藤諦三:
屈辱を与えることによって、

相談者:
はい

加藤諦三:
この5人の家族はもてたんですよ。

相談者:
・・そうなんですか。(荒い息遣い)

加藤諦三:
あなたを・・

相談者:
んー

加藤諦三:
あなたを、馬鹿にしなければ・・「バカバカ」って言って、

相談者:
・・はい

加藤諦三:
あなたに屈辱感を与えなければ、この、5人の家族は崩壊してますよ。

相談者:
そうですか・・ふん、まあ・・なんか、それはそれで凄く・・(鼻をすする)なん、ま、嬉しいとは、ちょっと違いますけど(苦笑)

加藤諦三:
いや、う、嬉しいんだと思います。

相談者:
はい。#$%◆

加藤諦三:
だけど、あなたはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
本来は、

相談者:
はい

加藤諦三:
ホントに親と心が繋がっていれば、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分は何者であるか?、自分で・・何者であるか?っていうことが分かるんですよね。

相談者:
あー

加藤諦三:
あなた・・今、自分が自分自身で、

相談者:
はい

加藤諦三:
ある、ことができない・・状態なんですよ。

相談者:
ああ、なるほど(苦笑)#$%◆はい

加藤諦三:
それは辛いと思います。

相談者:
はい

加藤諦三:
辛いっていうけど、不安だと思います。

相談者:
はい。そ、そうですね、不安は強いです、はい

加藤諦三:
不安ですよ。

相談者:
(鼻をすする)はい

加藤諦三:
でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
当然のことながら、

相談者:
はい

加藤諦三:
「望んでいること分からなくなっちゃった」と。

相談者:
はい・・そうで・・

加藤諦三:
で、これでどーうしたらいいでしょうか?っていうのが今日の相談でしょ?

相談者:
そうですね、あのま・・ほ、本来はその・・(鼻をすする)彼と、の(苦笑)ことお、を・・こ、彼と今後どうしようか?って・・はい(笑)

加藤諦三:
あ、そっか・・うん。それも、1年2ヵ月の、彼とのことを、

相談者:
そうですね(笑)

加藤諦三:
ど、どうするか?っていうことですよね。

相談者:
はい、はい、すいません。

加藤諦三:
分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃ、こういう、その不安の状態の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
僕に言わせると1年、2ヵ月の、

相談者:
はい

加藤諦三:
彼との状態が分からない原因は、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのあなたの、孤独感・・だという風に思うん、ですよね。

相談者:
ああ、なるほど、はい

加藤諦三:
だから、どうしたらいいか?っていうことを根本的にはあなたの不安が、解けないと分かんないと思うんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに、あのお・・心についてのエッセイストとしてお馴染の、

相談者:
はい

加藤諦三:
マドモアゼル愛先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、いいアドバイスがいただけると思います。

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
相談して下さい。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「親からバカと言われ引き受けて来たひょうきんな役割。自分を見失った女36歳」への4件のフィードバック

  1. 加藤先生ちょっときつすぎ。
    もうちょっと優しさの救いがないと、女性は真には同調しないよ。

  2. 相談内容である彼氏について尋ねていないから、愛先生も加藤先生の後追いしかできなかったですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。