6年間ボーナスを隠した夫への怒り。 諌められたのは相談者


(回答者に交代)

三石由起子:
え、これ、簡単なことじゃないですかあ、二度と言わなきゃいいだけのことでしょ?

相談者:
わたしがですか?

三石由起子:
うん。

相談者:
それが出来ないんです。

三石由起子:
ううん、それ、出来、出来なくちゃダメだよね。
あ、まずね、あなた・・が、色々勘違いしてるのを、

相談者:
はい。

三石由起子:
自分が勘違いだってことを思わなくちゃいけないと思うけれども、

相談者:
はい。

三石由起子:
パートのお金はね、

相談者:
はい。

三石由起子:
自分の名義で、あるっていうことは、

相談者:
はい。

三石由起子:
あなたがどう考えようと、それは、あなたのお金なのよ。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん。
それは一人のお金なのね。

相談者:
はい。

三石由起子:
あなたは、そのお金を貯める・・ためにね、

相談者:
はい。

三石由起子:
あのお、夫のお金で、あのお、飲み食いして、でえ、ものを着てさあ、寝てる所があったんだからあ、

相談者:
うん。

三石由起子:
それ、パートのお金、全部、夫に渡してたってえ・・お小遣いでどうぞ、って。

相談者:
あー、んん、だって、

三石由起子:
それでも、いい話なんですよ?
そんな家庭、一杯あるんですよ。

相談者:
ああ、そうですか、なんか、

三石由起子:
ええ、ええ。

相談者:
あたしは、相手のお金の使い方の・・が許せなかった・・

三石由起子:
うん、でもね、

相談者:
うん。

三石由起子:
お金の使い方ってえ、渡したら最後で、どう使おうが自由・・なんだよ。
で、あなたが、今から離婚して、一人で、住む所からね、何する所から、っていったら、これ、暮らしていけない話じゃない?

相談者:
はい。

三石由起子:
だから、まず、現実の問題として、

相談者:
はい。

三石由起子:
離婚ってないでしょ?

相談者:
はい。

三石由起子:
うん、あり得ないし。
だからね、あなた、一杯勘違いしてるところがあってえ、

相談者:
うーん。

三石由起子:
それはね、あの、子どもを3人育てる間は、もちろん、あのお、一銭でもねえ、一生懸命、こう、貯めたり、使い方を、考えるようなことっていうのは、あなたが、してきたと思うけど、

相談者:
うん。

三石由起子:
今から、やっぱり、2人でえ、楽しむときなんだから、

相談者:
はい、そう、思ってた・・

三石由起子:
うん、そういう頭にならなくちゃダメなのよ。

相談者:
ふんん・・

三石由起子:
だからね、ご主人が、

相談者:
ふん。

三石由起子:
言えなかったのは、

相談者:
ふん。

三石由起子:
もちろん、あなたに対してだから、言えなかったんで、

相談者:
はい。

三石由起子:
「俺、使ったよお」、って言える、タイプの、奥さんだっていたわけですよ。

相談者:
ああ、そうです・・

三石由起子:
世の中にはね。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん。
で、あなただから、言えなかった・・ことなんでね。

相談者:
そう、はい。

三石由起子:
それは、ま、お気の毒のような話なんですよね。

相談者:
ああ・・

三石由起子:
それをね、でも、毎日、毎日、責めてもさあ、それ、お金返ってこないし、

相談者:
そうなんです。

三石由起子:
何にもならないでしょう?

相談者:
マイナスになってんですね。

三石由起子:
うん、だから、何?、そんなこと分ってるじゃん、自分で。

相談者:
分ってるんですけど、自分の感情を、どこに、ぶつける、っていったら、やっぱ、

三石由起子:
いえ、いえ、だからね、ぶつける必要もなくて、ぶつけるってのが、それが八当たりでさ。
だって、パートのお金、あなたのお金なんだよ。

相談者:
うーん。

三石由起子:
うん。
で、旦那が、飲み代(シロ)で、ください、っつったら、あなた出します?出さないでしょ?

相談者:
うーん、やっぱ、これからの、歳とって病気したりとか、考えたら、あたしは出来ないですね、それは。

三石由起子:
出さないでしょ。
でも、それね、あなたね、ほんと、誤解してるけどね、

相談者:
うん。

三石由起子:
それは、2人の老後のためにって、あなた、ほんとに思ってるかっつったらあ、

相談者:
うん。

三石由起子:
んな、思ってないと思うよ。

相談者:
ううん、そうかもしれない、自分のため、

三石由起子:
うん、それ、あなたのお金なのよ。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん。
だからあ、それで、元取れてるんですよ。

相談者:
うーん。

三石由起子:
で、旦那はねえ、あのお、今までは、それは使う権利があったお金だっていうふうに、あなた思わないと。
でもね、来年、同じことはしないわけで、

相談者:
はい。

三石由起子:
旦那は、それを約束してるわけじゃない。

相談者:
うん、そうですね。

三石由起子:
ううん。
これ以上の、ことはないのですよ。

相談者:
ああ、まあ、そうですねえ・・◆△%&

三石由起子:
うん、だから、やっぱり、100%あなたが悪い。

相談者:
ああ・・

三石由起子:
うん。

相談者:
他の面で、だいぶ苦労させられたっていう、お酒クセとかでも・・

三石由起子:
うん、だから、それ、お互いだと思いますよ。

相談者:
んん・・

三石由起子:
女の人は、酒癖とか、なんとかっていうふうに、具体的に言えることはあるけどね、

相談者:
はい。

三石由起子:
男の人だって女房には相当我慢してるんですよ。
言わないだけでね、男は。

相談者:
うーん・・

三石由起子:
それはやっぱり、分からないといけないと思う。
自分が我慢している程度のことっていうのはねえ、相手だって我慢してるのよ。
幼稚園の子の喧嘩とおんなじでね、

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うん。
で、最終的に考えたってあなた離婚できるわけないじゃあん。

相談者:
はい。

三石由起子:
ねえ?

相談者:
はい。

三石由起子:
家どうする、食べる物どうするって話でしょ?

相談者:
はい。

三石由起子:
今から一人で働いてって話じゃない。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん、だから、おんなじですよお。
だって来年から、くれるつってんだよ。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うん。
なんか言わなくていい。
ごめんね、って言っとけば?

相談者:
分りました。

三石由起子:
うん、もう、もう、言いません、ゴメンなさいと。
不愉快な思いさせてゴメンなさい、なんか言えたら上出来だね。
たぶん、言えないんだね。

相談者:
ええ、この性格で、

三石由起子:
たぶん、言えないから、次善の策で、

相談者:
うん。

三石由起子:
二度と再びこの話をしないと。

相談者:
ああ。

三石由起子:
うん。
それが次善の策ですよね。

相談者:
ま、黙って、

三石由起子:
黙ってるしかない。
も、黙ってるしか。

相談者:
分りました。

三石由起子:
旦那の酒癖の悪さくらいのことは、あなた、してるって、旦那に。

相談者:
ああ・・

三石由起子:
だからね、あなた、自分を反省した方がいい。

相談者:
んん・・

三石由起子:
うん。
あのお、悪いのが旦那だあって思ってると、

相談者:
うん。

三石由起子:
反省って出来ないからあ。

相談者:
確・・かに・・

三石由起子:
わたしはあえて言いますけど、あなたが悪いよ。
あなたにまったく関係ないお金を、来年からくれるっつってんだもん。
御の字ですよ。

相談者:
そうですか、なんか、

三石由起子:
そうですよ。

相談者:
周りに聞くとみんな家に入れてるって聞くから余計、

三石由起子:
だあからねえ、自分の幸せをよく・・分からないと、人のせいで不幸になってるう・・ようなことばっかり探してるとさ、

相談者:
あ、そうですね。

三石由起子:
うん、幸せに気が付かないからさ。

相談者:
そうですね、

三石由起子:
ねえ、

相談者:
その通りですね。

三石由起子:
うん、うん。

相談者:
結構・・

三石由起子:
それって損じゃない。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん。
自分の幸せを・・気が付いた方がいいです。

相談者:
そうですね、気がついてないですね。

三石由起子:
うん、そう、そう、そう。

相談者:
自分の、◆△%&

三石由起子:
これ、同情する話じゃないから。

相談者:
あ、そうですか。(笑)

三石由起子:
うん。

今井通子:
フフ。

相談者:
わっかっりました。

三石由起子:
はあい。

(再びパーソナリティ)


コメントはお気軽にどうぞ