【日曜に読む傑作選】ウルベも呆れた”ね”が耳につく女の終わったライダー夫婦


スポンサードリンク

(回答者に交代)

田中ウルヴェ京:
はい。こんにちは、よろしくお願いします。

相談者:
お願いします。

田中ウルヴェ京:
はい。ぜひ今日から、ちょっと・・ちょっと考えていただきたい事は、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ほんとのわたしは・・これからの人生、どうしたいの?っていう、あなた目線でちゃんと考えて下さい。
ご主人がこうなって欲しいとか、自営がこうならなきゃいけないなじゃなくて、あ・な・た・は、どうしたいのか?です。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
ご自身の人生しか、ご自身、変えられないですよね?、人の人生変えられないし。

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
で・・ご自身の未来をどうしたいのか?っていう、今日が・・未来を作るんですから、も、ごにょごにょ、ごにょごにょ過去の事言ってないで・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
今日のわたしは、どんだけ幸せに、しようかな?って、あーあ、今日も・・ご主人がこうこうこんな事言って怒ってるな。
んー、この、怒ってる事を、どう捉えると・・明日の自分に繋がるかな?
離婚するとかしないとかっていう事はちょっと置いといていただいて。
今日の自分っていうものに責任を持つっていうような、考え方を少し気にしてみて下さい。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
人を変えようじゃなくて。周りを変えようじゃなくて。
ご自身の今日を、どうしよっかな?って決め、るという事に、ちょっと方向を変えてみてもらえませんか?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で、それは・・あなたは、出来ると思います。なぜなら、一生懸命、今まで頑張って来たじゃないですか?

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
あの、今日ほんとに、少しのお時間しか聞いてないですけど、聞いた中にも、行間の中に、頑張、った感は凄くあるんですよ?
ご自身で、「わがままだ」なんておっしゃってるけど、でも、そのわがままをどうやったら克服出来るかな?って、一生懸命思ってらっしゃるじゃないですか。

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
変わろうって思ってるじゃないですか、ご自身は。

相談者:
・・もうね、ずっとねーえ?・・やっぱり・・上手く行くと思って、信じて・・

田中ウルヴェ京:
ね。

相談者:
ずっと、やって来てたもんで。

田中ウルヴェ京:
YES、そうなんです。

相談者:
うん、だからあ、ん、上手く・・主人も多分辛いと思うのでね?

田中ウルヴェ京:
そうです、そうです。だからこそ・・

相談者:
だから・・

田中ウルヴェ京:
あなたが・・責任持ちましょうよ。あなたの人生に。まず。

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
そしたらその背中を見てご主人が・・んん、もしかしたら変わるかもしれない。自分の人生に責任持ってる周りがいないと・・自分の人生責任持とっかな?なんて思ってくれませんよ。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
だから、あなたがしっかりしましょうよ。

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
頑張ってみて下さい、そこ。

相談者:
・・ですね。

田中ウルヴェ京:
はい。
ちょっと一旦、加藤先生にお返ししますね。

相談者:
ありがとうございます。

田中ウルヴェ京:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
さすがに・・シンクロの、銅メダリストの・・先生の、アドバイスですよねえ。

相談者:
はい

加藤諦三:
変えられるのは、自分と未来で、変えられないのは、過去と他人だ、って・・その通りだと思うんです。
あの、ご主人は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに母親を求めてたんです。

相談者:
・・あ、そうですか。

加藤諦三:
・・あなたにお母さん求めてたんですよ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
・・ところが、あな・・たは、実は・・お母さんに・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、なる・・つもりでも、ないしい・・

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・要するに・・ごめんなさいね、ちょっと、だけどこれ、キツい言い方、言葉だけどもお・・

相談者:
はい

加藤諦三:
このキツさ乗り越えないと・・先がないから。

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっとキツい言お、葉なんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人との関係で、「わたしは愛されてない」という言い方をしましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・その感覚はご主人との間で出て来てる事じゃなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
もうすでに・・それ以前からあった感情ですよ・・自分は人から愛されないっていう・・

相談者:
はい

加藤諦三:
だからこそ・・ご主人に執着するの。別れるのがホントに怖いんです、あなた。

相談者:
うん

加藤諦三:
不安と恐怖です。別れるのは。
で、執着してんです。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そ、だから、我慢っていうのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの場合、ちょっとキツい事ばっかり言ってごめんね。

相談者:
はい

加藤諦三:
美徳じゃないんですよ。
不安と恐怖から我慢してるのが一番楽なの。
新しい人生に向かって進むのが、不安と恐怖なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
我慢してるのが一番楽なんです。
だって、別れるの物凄い不安と恐怖なんだもん。

相談者:
・・そおですね。

加藤諦三:
要するにお互いが、なぜ・・惹かれ合ったか?というと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
大変キツい言い方すんだけど、幼稚な部分っていうか、病んだ部分っていうのをお互いに・・惹かれあったんです。
お互いに、籠の中で揺られて、いたいんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
その2人が・・一緒ね、無理でしょ。

相談者:
加藤先生あれですか?別れた方がいい・・ですか?
主人・・

加藤諦三:
というよりも・・

相談者:
うん

加藤諦三:
今「別れた方がいい」って言っても・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは不安と恐怖なんですよ、別れる事が。

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
・・だから我慢してるんです。

相談者:
えー・・

加藤諦三:
だから・・

相談者:
うん

加藤諦三:
この不安と恐怖に立ち向かうかどうか?って事。

相談者:
(ため息混じり)はい・・すね。

加藤諦三:
だけど我慢、もう、とにかく、こう・・ご主人の方は、別れる事に・・こだわってると。
だけどあなたは別れる事の物凄い不安と恐怖がある。別れられないと。

相談者:
・・

加藤諦三:
これが今の状態ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた今、不満と、不安で・・不満の方を選んでるんですよ。我慢っていう。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
不安に立ち向かわなければ・・開けません。

相談者:
・・

加藤諦三:
今までご主人がこうしたから、こういう気持ちになるって。
反応だけで生きて来たんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
これからは反応ではなくて・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の中からの、姿勢で生きて下さい。

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、あなた、こんだけ、色んな物を背負いながら・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その40、何歳でしたっけ?8歳か。

相談者:
はい

加藤諦三:
立派に生きてんで来てんですから。

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
・・はい

加藤諦三:
自己卑下しないで・・自分の運命受け入れて。
・・やれます。
よろしいでしょうか。

相談者:
ありがとうございました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
すいません。ありがとうございます。失礼します。

加藤諦三:
変えられないのは、過去と他人。変えられるものは、自分と未来。


スポンサードリンク



「【日曜に読む傑作選】ウルベも呆れた”ね”が耳につく女の終わったライダー夫婦」への2件のフィードバック

  1. 最初からかなりコテンパンにされてんな。
    この人、今まで周りにこういうこと言われないで、言われても気付かないで生きてこれたっていうのが、今となっては羨ましいというか。
    しっぺ返しは年取るほど辛いけどね。

  2. 40代の壁、てヤツですか。30代までは若さの勢い、親の助けでなんとか生きてこられた。しかし、自身のスキルは育って無いから40越えて自分で対処しなければならない場面で大きな壁にぶち当たる。40代で壁が待ち受けているとして、20代30代で階段を登るようにスキル身につけていたものと、ずっと平坦な道を選んでしまったものと。相談者は後者。離婚届を脅しに使う、自身は自営業に然程携わっていない様子、旦那の仕事ぶりですら把握もしてなかった、旦那がノイローゼになったことすらも鈍い‥この人、普段は何をしていたの?相談に述べていない範囲で、さらに相当のことをやらかしているのでは。この期に及んで離婚拒否。金づるを手離したく無いようにしか見えない。今頃は旦那逃げ切っていれば良いけど。
    ここでは不評のウルベにすら飽きられるほどの酷さ。メダル云々は余計ですけど(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。