今井vsマド愛。脱毛娘のウィッグが会社でバレて母のあるべき姿勢は理性か共感か


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
お願い致します。

マドモアゼル愛:
はいどうもこんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい・・あの、まず最後に言った、
「ウィッグは、おかしい事ではない」これは、当然の事でね。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
あのお、それはそれで、あの、まず、ハッキリ、させておいた方がいいと思います。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、それはそれとして。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
そいでね・・ん、僕はね、お母さんの、お話を聞いていて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
んー・・お母さんの、気持ちも分かるけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんも無理され・・てると思うの。
ていうのは・・中学生の頃から・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
一番・・可愛いお嬢さん、がね、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう・・やっぱ辛い思いをして来た。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それお母さんも辛かったはずなのよ。

相談者:
はい(涙声)

マドモアゼル愛:
ホントは。

相談者:
はい(涙声)

マドモアゼル愛:
ね。お父さんも・・ホントに辛かったのよ。

相談者:
はい(涙声)

マドモアゼル愛:
・・それが僕、原点でいいと思うんです。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・
「そんな事・・大した事ない」と・・いう・・1つの、胸を張る、思いも、気持ちも分かるけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
愛する・・可愛い娘がね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう、ま、悲しい、思いをするっていう事に・・

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
お母さん自身も耐えられなかったんだと思うよ。

相談者:
はい・・はい

マドモアゼル愛:
でもあまりにも苦し過ぎるし、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんとしてもどうしてあげる事も・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
出来ないから・・

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
今の・・理性的な態度を身に着けられた気がしてしょうがないんです。

相談者:
(鼻をすする)はい

マドモアゼル愛:
・・んでもね・・あの、それは分かる、けれども、

相談者:
(鼻をすする)はい

マドモアゼル愛:
・・物事には・・例えば・・感情の、的な話と、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
理性的な話があるような気がすんですよね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そいで・・人と・・コミュニケーション・・

相談者:
(鼻をすする)はい

マドモアゼル愛:
それが特に親子とか恋人とか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
近しい・・間の間では、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
理性的な話っていうのは・・実は不要なんです。

相談者:
はい(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
分かってるから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
罪(お?)悪感んー、ん、が、に、あのお、あるとか。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
あの、そのあの、何?

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
人間としては・・えー、平等だとかね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう話は・・親しい間・・の、中では、不要なんですよ。

相談者:
はい・・分かります。

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
そいで・・今、お嬢さんとお・・お母さんが・・この事で、何を共有したらいいのかっていう事だ・・は、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・その・・感情なのよね。

相談者:
はーい

マドモアゼル愛:
だから・・お母さんとしては・・そんな、もう、酷いよね、心ない人がいるんだよねとか。

相談者:
うーん、うーん、はい

マドモアゼル愛:
やっぱり、
「お前は子どもの時からそうやっていじめられてホントに嫌な思いしてお母さんも苦しかった」と。

相談者:
ええ(涙声)

マドモアゼル愛:
実際そうなんだもん。だって。

相談者:
はい(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
当然・・女の子で、髪が無ければ・・分かるよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
という、ことだよね。

相談者:
はい(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
それが・・母さんも共有してくれるから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「母さん気にしなくてもいいよ」という強さが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
理性の面が、彼女、を、支えてくれるようになって行くわけ。

相談者:
えーえ、ええ

マドモアゼル愛:
でも、ここで、お母さんが・・理性的に?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「そんな」・・

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
「大した問題じゃない」とか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いう事で、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
・・本心でもないような事を、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
言う事は、

相談者:

マドモアゼル愛:
お嬢さんにとっては悲しいんです。

相談者:
あはい、分かります。

マドモアゼル愛:
ね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だからこの・・

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
原点を常に忘れちゃいけないと思う。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お父さんも同じだと思う。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱお父さんもその事で・・そ、僕は苦しいんだと思うよ。

相談者:
はいー、あの言わない人ですけど・・

マドモアゼル愛:
言わない、人。

相談者:
だと思います。はい

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
そいで、そこら辺も・・お父さんとお母さんで、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
情緒としての・・じょ、感情の話を・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
共有して、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
・・そしたら・・なんか、暖かい・・ものが・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
家の中に生まれて、来るよね?今度はね。

相談者:
ええ、ええ

マドモアゼル愛:
今、お母さんが、やお父さんが、
「そんなもん大した事ないんだ」という・・理性の話をし出すと、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
家庭自体が・・

相談者:
あはい(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
・・嘘の場になっちゃうわけ。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
せっかくのお・・ん、みんな愛情を・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
持ちながら。

相談者:
ええ、はい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
ええ(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
そいで、とにかく・・彼女が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
人に見られる・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
「気になって当たり前だよね」っていう・・立場はね、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
分かってあげる事が今一番大事だって気がするよ。

相談者:
うーん、うーん

マドモアゼル愛:
うーん、ホントにそうだもん、自分、が、あの置き換えてみたら。

相談者:
そうですよね。

マドモアゼル愛:
そいで・・その中ででも、お嬢さんも・・気付いて来ると思うのよ。

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
もうむしろ・・もう、
「カツラよ」って言・・

相談者:
そう

マドモアゼル愛:
公(おおやけ)に言っちゃうとか。これはでも親が言っちゃいけない事よ。
理性の話になるから。

相談者:
あ・ーそうですね、本人が・・

マドモアゼル愛:
本人が・・

相談者:
決める事っていう事ですね。

マドモアゼル愛:
わたしは強くなった事によって・・

相談者:
うーん、うん、うん

マドモアゼル愛:
お母さんやお父さんが、

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
どんなに、外見の事が・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
変わっても、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
何ら変わらない愛情で・・常に・・見てくれていて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
常にその事を自分の事のように、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
悲しんでくれている事、を、が、安心感があるから・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
言える、ようになるはずなのよ。

相談者:
あ、はい(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
ね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それを親が理性的な事で、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
あのお、言わない方がいいような気がする。

相談者:
あーなるほどね。

マドモアゼル愛:
うん、だからあくまでも・・今、お嬢さんは悲しい立場にあるわけだから、

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
それは・・ドキドキしながら、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
悲しみを・・悲しみとして共有してあげるという・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ことで、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お嬢さんは絶対に強くなって行くんです。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、克服していくしか・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ない。
そういう問題だって気がすんだよね。

相談者:
んじゃ、わたしからあれ、あ・・色々と、言わない方がいいですよねえ。

マドモアゼル愛:
言わない、理性的な事を言う必要はないって事。

相談者:
そうですねえ・・そうですよねえ・・#$%◆

マドモアゼル愛:
僕はそう思う、だってお母さんも苦しんでたのよ、ホントは。

相談者:
はーい

マドモアゼル愛:
その事を・・やっぱり分かって、くれればね?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
ま、分かってくれてんだと思うよ。でも・・やっぱりお母さん今隠してるから、そうやって。あまりに苦しくかったから。

相談者:
(鼻をすする)ええ

マドモアゼル愛:
これが、でも・・う、ホントにお母さんも苦しんでたって事が分かれば・・お嬢さんは・・随分救われると思うよ。

相談者:
(鼻をすする)そうですよね。

マドモアゼル愛:
うん、僕はそう思いますよ。はい

相談者:
えー

マドモアゼル愛:
ちょっと、あの今井先生に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
変わってみたい・・

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
(鼻をすする)

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい、はい

今井通子:
はい

相談者:
分かりました、あの・・あの娘にはそうやって、あの、あまりこちらから色々と、言わないように・・いたします。

今井通子:
・・あのお・・ただね?

相談者:
はい

今井通子:
ん(苦笑)ま、マドモアゼル愛先生に・・なんかあれするんじゃないんですけど、

相談者:
はい

今井通子:
・・例えばあのお・・

相談者:
(鼻をすする)

今井通子:
・・お嬢さんは、

相談者:
ええ

今井通子:
お母さんにその事を訴える事で、お母さんに共有して・・

相談者:
うん

今井通子:
もらってると思っていると思うんですよ。

相談者:
はいそうだと思います。

今井通子:
うん・・そうすると一緒にお母さん悲しんじゃうと・・なお、お嬢さん落ち込んじゃうんじゃ・・

相談者:
はい

今井通子:
ないかなっていう事もあるから。

相談者:
あー、はい

今井通子:
うん

相談者:
うーん、そうですよね。

今井通子:
「大変ねえ」みたいな話はあっても・・

相談者:
うーん

今井通子:
「ホントね」つって今みたいに、泣いちゃったりしないで。

相談者:
ええ

今井通子:
うん

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん。お嬢さんの前では。

相談者:
えーえー、あ、娘の前ではね、泣かないようにはしてる。あの電話、て、で、話、する、だけだもんですからね。

今井通子:
あー・・

相談者:
ええ、ですから・・

スポンサードリンク

(割り込むマド愛)

マドモアゼル愛:
た、ただね、あの・・

相談者:
そんなにあ、会った時は・・

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
そんな、話をしない方がいいです・・

マドモアゼル愛:
あの、今井先生のおっしゃる通りだと思うけれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ただお母さん、は、僕ね、苦しんで来たと思うのよ、本当に。

相談者:
・・はい(泣き)

マドモアゼル愛:
娘・・

今井通子:
うん

マドモアゼル愛:
場合によっては娘以上に。

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
それは・・なん・・あのお・・原点だと思うよ。

相談者:
(泣き)うん

マドモアゼル愛:
うんー・・それが分かった時・・お嬢さん・・は、救われる、と思うよ僕。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
大変でした・・ね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん

今井通子:
・・という事で。

相談者:
はい

今井通子:
よろしいでしょうか。

相談者:
はい。ありがとうございます。

今井通子:
はい

相談者:
すいません。

今井通子:
それじゃ失礼しまーす。

相談者:
はい、ありがとうございました。

スポンサードリンク


「今井vsマド愛。脱毛娘のウィッグが会社でバレて母のあるべき姿勢は理性か共感か」への5件のフィードバック

  1. 40のおばちゃんが精神的にやられちゃったことで
    ハゲてカツラかぶって…それを見て笑う職場
    それを年老いた親に話す40娘
    嘆き悲しむ老夫婦
    すべて想像しがたい環境なんですが…
    私が幸せすぎるのか?
    40娘のキャラクターなのか?

  2. この件ってむしろ、「なぜ誰にも言っていないウィッグのことが
    バレたのか!?」という点が、一番不気味に感じるんじゃないか?
    本人にとっては。

    お母さんもどちらかといえば、ちょっとその点を分かってない
    感じがした。

  3. 髪は!長い!友達!長ーいおつきあいを。京○銀行・・・と閑話休題

    他の方もご指摘の通りに相談者とその周囲が結構難がある。
    相談者:「自分は年三回程度の見舞いで済ませて実際の介護は直孫に丸投げな親族」っぽい目線。娘を励ましているようでどこか他人事・・・実はメンタルが中高生で止まっている娘に辟易している・・・?しかし、相談者自身も娘への視線が「まるで成長していない」
    娘:ウィッグの件なぜバレた!?そして自分をウィッグ状態に追いやってさらに追い打ちかける職場に居続けるメンタルとは・・・?実際メンタル強いのか弱いのか。
    職場:こえーな。相談者娘を逐一監視しとるんか!?

    解決法。相談者はもう「中高生の娘を持つ親」じゃない。娘も「中高生」じゃない。職場もそこは中学や高校じゃない。全員自分の老いを認めることかな。

  4. なぜ不安に思うのか
    何かを隠し、何かをダマし、何かを裏切る
    心の底は不安で満ちているのだが
    化粧の如く隠す術は知っている
    自分以外の不安の種に夢中になれば
    あたかも己に不安はなかったかの様に安心できる
    おかしな相談には相談者の隠した真実がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。