パチンカス両親の下で育った女がとらわれる家庭の理想。被害者は大らかな夫


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちは

相談者:
よろしくお願いし・・

三石由起子:
アハ・・

相談者:
こんにちは、よろしくお願いします。

三石由起子:
はい、はい
なんかね・・聞いててえ・・

相談者:
はい、#$%◆

三石由起子:
欲張りだなあと思った。

相談者:
あ(苦笑)

三石由起子:
あのねえ、親との関係に違和感を持ったりさ、

相談者:
はい

三石由起子:
親の事が大っ嫌いっていう人って・・そんなに珍しくはなくて・・

相談者:
・・はい

三石由起子:
よくいるんだけど。

相談者:
ええ

三石由起子:
そういう時さ、普通はね?

相談者:
はい

三石由起子:
あの親あ、より、マシならいい、みたいに思うのよ。

相談者:
そうなんですか。

三石由起子:
う、うん、うちの親は、こんなだったと・・

相談者:
はい

三石由起子:
あ、これよりはるかにマシだわっていうとこで、みんなね?・・ラッキーと思うんだけど、

相談者:
ええ

三石由起子:
あなたが望んでるのって親と真逆の事が欲しいわけですよ。

相談者:
・・はあ

三石由起子:
うん、それってえ、欲張り過ぎだよ。

相談者:
欲張り過ぎ?

三石由起子:
欲張り過ぎ。

相談者:
はい

三石由起子:
で、あなたが望んでんのは「親と全く逆の反面教師として」?

相談者:
・・はい

三石由起子:
「全く別の家庭を作りたかった」って言ったじゃない。

相談者:
言いました。

三石由起子:
うん、それは無理だしさ。

相談者:
・・はい

三石由起子:
できるわけないんですよ、そんな事が。あのね?

相談者:
・・はい

三石由起子:
「明るい家庭がいい」ってあなた言ったけど、

相談者:
はい

三石由起子:
「明るい家庭がいい」っていうのはさ、あなたの趣味でさ、

相談者:
はい

三石由起子:
何を思って明るいっていうのか?っていうのも、それぞれの感覚で違うんだよ?

相談者:
・・ですよね。

三石由起子:
うん

相談者:
は・・

三石由起子:
だからあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
あなたはね、もう親忘れなきゃダメよ。

相談者:
親を?

三石由起子:
うんー、育った環境が、不幸だったっていう事に・・こんなに、いつまでも引きずられてたら、勿体ないと思うのね。

相談者:
・・はい

三石由起子:
20、うんだって、二十歳で出てえ、来てるわけですよ?

相談者:
はい

三石由起子:
で、もう26年経ってんだよ。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うん。「親を反面教師をして」の理想の家庭なんてあるわけないじゃん。そこにはさ・・ご主人の意思何にもないじゃん・・分かる?

相談者:
・・あ、そうですね。

三石由起子:
うーん、あなたが実家、っていう物をベースにして、

相談者:
うん

三石由起子:
これと反対の家庭がいいんだってあなたが言ってるだけで、

相談者:
・・ああー

三石由起子:
で、家庭っていうのはさ、
あなたとご主人と作るものであって、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたの実家を反面教師にして作るものじゃないわけでしょ?

相談者:
・・そうですね。

三石由起子:
そうでしょ。
・・だからさ、旦那と何が一緒に楽しいかなー?っていう事を思うべき、でしょ?

相談者:
・・主人と、はい

三石由起子:
うん。それ、それとさ・・なんでこのお、ご主人が気が付かないんだろう?って、例えば、ガソリン?

相談者:
あ(苦笑)、はい

三石由起子:
ね。

相談者:
はい

三石由起子:
気が付かない人って気が付かないんだよ、ホントに。

相談者:
・・ん、そうみたいですね、も・・

三石由起子:
そうなのそうなの。だからさ・・

相談者:
ええ

三石由起子:
それ気が付か、あなた自分でさ、き、
「こーんな気が付かない人だから上手くやれてる」って・・分かってるじゃん。

相談者:
・・

三石由起子:
あのね?、つまりね?あなたのご主人はこういう人だ、こういう人だ、こういう人だっていうのを・・

相談者:
うーん

三石由起子:
おーんなじ事でね、惚気(のろけ)るう、ことが出来んだよ。

相談者:
あー

三石由起子:
「うちの主人はまったく気が付かない人で」って、
「ガソリン無くなっても平気なんですよ、ホホホ」・・
「なんて大らかないい主人でしょう」って、そういう事だって出来るわけでしょ?

相談者:
はい

三石由起子:
あのさ・・欠点っていうのはさ、美点と裏腹じゃん、絶対に。

相談者:
・・そうなんです・・

三石由起子:
優雅な人っていうのは動作は緩慢だし。ね?

相談者:
ええ、ええ

三石由起子:
そ、分かるでしょ?

相談者:
分かります。

三石由起子:
うんーうん。だからさ、あの、「好きだ」っていう気持ちい、をね?

相談者:
はい

三石由起子:
伝えないとダメよ。

相談者:
・・うーん

三石由起子:
伝え、伝えないとお・・あの、自分の方でね、失ってしまうのよね。

相談者:
・・

三石由起子:
だから、あ、こんな気が付かなくて・・ステキ!とかさ。
素敵って思わなくても「ステキ!」とか言ってみるとね、

相談者:
・・あー

三石由起子:
あ、ステキだって思ってたよな、昔。っていう事を思い出すしね。

相談者:
ええ

三石由起子:
「ステキ!」って言われた、あの、旦那も・・悪い気はしないしさ。

相談者:
・・うんー

三石由起子:
そうするとまた同じような、あの・・状況っていうか、態度が見えた時に・・

相談者:
はい

三石由起子:
自分は笑えるじゃない?、「あ、まっただあ」って。

相談者:
あー

三石由起子:
だってさ、例えばこれが子どもだったら、そうするでしょう?

相談者:
そうなんですよ。

三石由起子:
「ホントにうちの子はの、のんびりした子でね」・・

相談者:
そう

三石由起子:
「こんな事も気が付かないのよ」っておんなじ事、笑えるじゃん。

相談者:
子どもの事は流せるんですよね。

三石由起子:
そうでしょう?

相談者:
ええ

三石由起子:
だか(苦笑)、旦那の事も流してよ。

相談者:
あ(苦笑)

三石由起子:
うん。だっ、多分ね、

相談者:
はい

三石由起子:
そこが好きで結婚したはずなのよ。

相談者:
・・あー

三石由起子:
あのさ、24年も経つと忘れちゃってんのかもしれないけど、

相談者:
うんー

三石由起子:
なんで忘れちゃったかっていったら、1つには・・

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが実家に捉われ過ぎてると思うんだよね。

相談者:
うーん

三石由起子:
うん。あれと反対の、家庭を作ろうなんて、馬鹿な事ばっかり考えてるから。

相談者:
あー

三石由起子:
こ、この夫とどんな、家庭を作ろうか、だけ考えてたら・・

相談者:
はい

三石由起子:
そういう比較にはならなかったと思うんだよね。

相談者:
なるほど。

三石由起子:
うーん

相談者:
うん

三石由起子:
あのね、胸に手を当ててね・・

相談者:
はい

三石由起子:
ね・・えーと、紙と鉛筆を持って来てさ、

相談者:
はい

三石由起子:
結婚した時に・・

相談者:
ええ

三石由起子:
旦那の、どこが好きだったか?っていうのをね、

相談者:
はい

三石由起子:
無理矢理20個書いてごらん、20個。

相談者:
20個、はい

三石由起子:
うん。それでね、毎日確認するの。

相談者:
はあ

三石由起子:
それでね?、毎日読むの。

相談者:
はい・・

三石由起子:
自分でね。

相談者:
読む?

三石由起子:
うん、で、たまに、それを・・言ってやる。

相談者:
・・フフフ(苦笑)

三石由起子:
「わたしこういうとこが好きだったのよ」って。
あのね、よく見たらね、変わってないんだよ、きっと。

相談者:
ん、そう、かもしれない、うんー・・

三石由起子:
うん「結婚した時はこうだったけどお」・・「今変わっちゃってこうだった」って話じゃないじゃない、あなたの話は。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
そう、だからさ(苦笑)
結婚してる時に、美点だと思ってたものがさ、

相談者:
はい

三石由起子:
段々飽きて来てさ、段々腹立って来たって・・これ、ご主人にしてみればさ、身も蓋もない話じゃん。

相談者:
うん

三石由起子:
だって、ね・・夫を責める事で、あなたの理想の家庭が出来るわけないじゃん。

相談者:
・・そうですよね。

三石由起子:
うん、うん。凄いあなた・・え、気が付いてるかどうか知らないけど・・呑気な惚気、言ってんだよね。

相談者:
あーあー・・

三石由起子:
うん・・そこ気が付いて。
やっぱりね、自分が、どんなに幸せかっていう事を気が付く事もね?

相談者:
うん

三石由起子:
ホントに大事だと思うんだ。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うーん

相談者:
あの、褒めるっていう事を、やってないなと思うので最近。やってみます。

三石由起子:
うん、やってみてー。

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
喜ぶと思うわ。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもしい?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あとね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あの、話聞いてて思ったんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、怒りって癖になる事があるんですね。

相談者:
癖?

ドリアン助川:
あの、怒りが怒りを呼んで、常に怒ってる人っているんですけども、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あの、何か自分の中に怒りの衝動が芽生えた時に、

相談者:
はい

ドリアン助川:
明日まで怒ってたら口にしよう、と思えばいいと思いますよ。

相談者:
・・

ドリアン助川:
これだけで大半の怒り、は消えて行きます。

相談者:
あーあ

ドリアン助川:
ええ、1日置くだけで。

相談者:
・・そうですか。

ドリアン助川:
はい

相談者:
やってみます。

ドリアン助川:
そうするとね、もう口先から出るような怒りって大半がこれで消えます。

相談者:
アハ(苦笑)

ドリアン助川:
で、本当に怒らなけりゃいけない事だけ残って行くので。

相談者:
あーあ

ドリアン助川:
1日我慢するという工夫を身に着けてみて下さい。

相談者:
分かりました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、ありがとうございました。

ドリアン助川:
はい、よろしいですかあ?

相談者:
はい・・あり・・

三石由起子:
頑張ってねー。

ドリアン助川:
はーい、失礼しまーす。

相談者:
はい、ありがとうございました。失礼します。

スポンサードリンク


「パチンカス両親の下で育った女がとらわれる家庭の理想。被害者は大らかな夫」への1件のフィードバック

  1. 強い執着があり
    憎しみ、恨みつらみも是、執着
    気重い声から
    捨てる事の来ない不幸がやってくる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。