夫と別れられるのはあなたの心が健康だから。ただし理由に承認を求めない


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちはあ

マドモアゼル愛:
はい、どうもよろしくどうぞ。

相談者:
よろしくお願いいたします。

マドモアゼル愛:
はい。
えーと、でも結構もう決意・・しているような、ね?ところまで・・あ、来ている問題だよね?、もうね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・あのお、一言で・・彼は甘えたい、わけでしょ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
僕から見ると、旦那さん、甘えたい。自信がないから甘えたいわけじゃない?、それで・・

相談者:
でも、甘え・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
甘えるんなら甘えるでいいんですけど、

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
甘えるんじゃなくって、いじめるんですう。

マドモアゼル愛:
うんん、そうじゃなくて・・甘え・・させてくれないのよ、あなたも。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だってあなたは、立派な男を求めてんだもん。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
自分が・・依存できるって言っちゃ・・いけないかもしれないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
依存できる・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
男は立派な人でなくちゃ困るんだもん。

相談者:
・・あー、そうですか。

マドモアゼル愛:
うん。そう思わない?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だから・・彼は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたに、意外と・・攻撃されていたと思ってんじゃないの?、どっかで。酷い話だけども。

相談者:
あ・・そうかもしれないです。

マドモアゼル愛:
本当は。

相談者:
わたし・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
は(わ)、攻撃、してるつもりはなかったんですが、

マドモアゼル愛:
うん、もちろんそうでしょうけど。

相談者:
あのお・・うんと、やっぱり・・色々言われているものですから、

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
なんか、機嫌悪くなりますよね?

マドモアゼル愛:
そう。

相談者:
したら、そういう風に、思っているのかな?と・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
思った事はありました。

マドモアゼル愛:
うん。だから、根底には・・彼を、旦那を許してあげるという・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
愛情が、やっぱりなかったんだよ。

相談者:
・・あーあ

マドモアゼル愛:
あなたの中にも。だ、元々・・愛情がなかったんだよ。こう言っちゃ悪いけれども。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
そんなに好きじゃなかったのよ。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
なんで・・あのお・・そのお、何ていうかな?・・承認求めて逃げない方がいいような気がするよ。

相談者:
承認?

マドモアゼル愛:
うん、周りからの承認を求めて・・あ、それだったら仕方ない・・えー、逃げちゃった方がいいやって。
誰でもほら、言われたいけどね、こういう時ね?

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
それは・・そこを、切っちゃった方が楽に・・あなたも・・ん、逃げられるっていうか(苦笑)・・と思うよ。

相談者:
はい・・んで・・

マドモアゼル愛:
うん、要するに可哀想な・・夫お・・を、救えなかった、から、も、でもわたしはもう、これだけ、もうごめんです、っていう事で・・
未練が尽きました、でいいんじゃないの?

相談者:
いいんでしょうか?(涙声)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたしは、あのお・・夫を、根本的にはカッコつけ魔なのでえ、

マドモアゼル愛:
そう、だから・・

相談者:
あの・・連れ添いたいな・・

マドモアゼル愛:
あなたの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ん?、ん?、ごめん、何?、カッコつけ・・

相談者:
連れ添いたいなっていう気持ちもあったんですけどお、

マドモアゼル愛:
だから嘘を感じんのよ。悪いけど、僕が。

相談者:
先生、もう、わたし逃げてもよろしいですよね?(泣き)

マドモアゼル愛:
うん、だから逃げていいんだけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これだけ苦労して・・わたしは間違ってないんだけれども、#$%◆して、も、これ以上できないから逃げるっていう、そこに僕は、悪いけども、嘘を感じるのよ。

相談者:
(泣き)

マドモアゼル愛:
だから・・そこは、もう・・
「ただ苦労し・・もう嫌だから・・嫌いだから逃げます」でえ、の方が、なんか・・

相談者:
あー、そうです。

マドモアゼル愛:
は、は、話がスッキリすんだよね、僕としては。

相談者:
そうです、もうね、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
これ以上、あのお、こんな苦労したくないんです。

マドモアゼル愛:
そう、そいで・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
僕が感じた、その、苛立ちは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、あのお・・旦那様はもっと数倍・・そうやって感じてんのよ、実は。
でも僕はもう、

相談者:
・・#$%◆

マドモアゼル愛:
うん、苦労して来たんで・・

相談者:
#$%◆

マドモアゼル愛:
これはいいと思うけれどもね。もちろんね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
要するに・・ま、あの、旦那さんの・・気持ちを・・大人に一段高く・・視点から・・ちょっと見てあげて、
そいで、自分も至らなかったなーという、1つ共有の・・あのお、思いを持ってあげて・・そいで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
決別した方がいいような、気は、します。それを・・周りに
「わたしは・・もう、ここまでやったんでいいですよね?」っていう、形で行くと、本当のあなたの問題が、なんか終えられなくなるような気がすんのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
え、ちょっと加藤先生に僕も伺ってみたいなと思います。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお・・

相談者:
すいません。

加藤諦三:
今、マドモアゼル先生の、

相談者:
はい

加藤諦三:
おっしゃったことね?

相談者:
はい

加藤諦三:
「嫌いだから逃げ出す」って考えた方がいいっていうの、これ物凄い、ポイントなんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、そこでカッコつけて、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分を防衛しない方がいいですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
「これだけやったのにダメだから・・もうしょうがないですよね?」っていうんじゃなくて、むしろね?
今、あなた別れようと思ってるのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
心理的に健、まだ健康な証拠ですよ。心理的に病んで来ると、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたも別れられなくなるの。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは今不幸な・・感情にしがみ付いていないから。

相談者:
もうなんか、いやんなっちゃったんです。

加藤諦三:
うん、だから「いやんなっちゃった」というのを、あんまり否定的に捉えないで、

相談者:
はい

加藤諦三:
「わたしはいやんなった。嫌いだから逃げ出す」

相談者:
はい

加藤諦三:
「これは、わたしが、心が健康な証拠です」という風に思った方がいい。

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
あのお・・今日のあなたのポイントね?

相談者:
はい

加藤諦三:
他人の、

相談者:
はい

加藤諦三:
重荷を背負う必要はない。

相談者:
・・あ、はい。
ありがとうございます。

加藤諦三:
あなたはね、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人の、も、・・ご主人、物凄い重荷背負ってんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人・・

相談者:
はい、はい、

加藤諦三:
辛い人生を歩んで、

相談者:
はい

加藤諦三:
そしてここまで不機嫌な人間になっちゃったんです。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
だからご主人は決して批判できません。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
好き好んでこんな人間にならないでしょ?

相談者:
いやだから、わたしも凄く・・可哀想だなとは思うんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
でも、わたし、そんな力はあるわけもなくう、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、主人の・・重荷を・・背負いません。

加藤諦三:
うん、それでいいんです。

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございます(涙声)。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
親からの自立が、人類普遍の課題です。

スポンサードリンク



「夫と別れられるのはあなたの心が健康だから。ただし理由に承認を求めない」への2件のフィードバック

  1. 比較的自己が確立している欧米ではこういう相談は珍しいのでしょうが、日本では相変わらずよくされてるような気がします😓。
    この相談者さんは 気持ちはある程度決まってたんでしょうが、背中を押してくれる人を探してたんでしょうね。
    無事に離婚できれば良いでしょうが これだけクズ男だと 揉めそうですね(´д`|||)

    それにしても 不幸や不運な相談の種は尽きない(/_;)/~~

  2. どんな相談も、100億もらえたらどうします?
    そんな問に動くようなら
    これ全て己の欲から生じた悩みでありましょう
    生まれた時に親を亡くした子もいれば子を亡くす親もいる
    お金では解決できない、100億を蹴ってでも戻したい過去現在
    前者の悔みなど聞くに及ばず
    後者は解決せずとも生きるに値する人生ではなかろうか
    幸も不幸も外から内に起きるものなのか?
    ともすれば、呼び込むものなのでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。