夫が息子の結婚に猛反対のときの振る舞い方。背景に家族が抱える不幸な事情


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします。

三石由起子:
はい・・あのね?

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱりあの、ご主人のお、考えはもう、これ変わらないわけでしょう?

相談者:
・・変わらないと思います。

三石由起子:
ええ、変わらない、時っていうのは、2つの方法しかなくて、

相談者:
はい

三石由起子
1つはね?、息子と絶縁するっていう方法ね。

相談者:
はい

三石由起子:
もう1つはあ、やっぱりあのお・・気持ち良く受け入れるっていう方法ね。

相談者:
はい

三石由起子:
要するに・・いやあ、覚悟を決めて紹介してるんですよ、25歳の男がね?

相談者:
はい

三石由起子:
こういう状況の、女性を、こう付き合ってるっていうこと、親に言うっていう事は・・やっぱり覚悟があって言ってる事なんですよね?

相談者:
はい

三石由起子:
で、ここを、やっぱり突つくと、

相談者:
はい

三石由起子:
もし、絶縁するんじゃなくて、付き合う気だとお・・

相談者:
うん

三石由起子:
これえ、あのお、傷残すよね?・・将来ね。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うーん、だからね?、わたしだったらどうするか?っていう事を考えるとね、

相談者:
はい

三石由起子:
息子さんなり、この女性なりに会った時にね?

相談者:
はい

三石由起子:
「父親がこういう考え方なので」・・「わたしは妻なので」、

相談者:
はい

三石由起子:
ね?、あの、「お父さんと違う事を言うわけにはいかない」っていう事を、言っちゃえばいいと思うんですよ。

相談者:
・・あーあ

三石由起子:
うん、ただ、ただし、それはあなたが突き放した事じゃなくて、

相談者:
はい

三石由起子:
これはあのなんかズルい、と思うかもしれないけど、
「やっぱりわたしは」・・あの「立場上ね」?・・

相談者:
はい

三石由起子:
「お父さんと違うー・・ことを考えては暮らせない」っていう事をハッキリ言ってね、

相談者:
はい

三石由起子:
「だけどもあなた達の事は認めるから」・・

相談者:
はい

三石由起子:
「そこは分かってちょうだい」っていう・・

相談者:
あー・・

三石由起子:
そういう言い方しかないと思いますよ。

相談者:
あー分かりました。

三石由起子:
うーん。それしかないと思う。
あの・・まあ、夫は説得する時にはね?

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり「(息子と)一生付き合わなくていい・・そういう覚悟ありますか?」っていう説得の仕方だと思うんだけど、

相談者:
はい

三石由起子:
ご主人はきっと「いい」って言うんでしょ?、その場合。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
そうでしょ?・・

相談者:
ええ

三石由起子:
「あの息子はもういないと思えばいい」という・・

相談者:
ええ、言います。

三石由起子:
ね?、そう、そうでしょ?、だから、も、それは変わらないんで。
もうその段階は終わってるわけですから、

相談者:
はい

三石由起子:
その時にね?、あなたがフラフラしてね、

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱりあの、夫の気持ちから離れちゃわない方がいいと思うんだ。

相談者:
・・あ、そおうですね。

三石由起子:
うん、うん。あの、息子さんはね、もう1人じゃないのよ。

相談者:
うん

三石由起子:
相手がいる事なんですよね。

相談者:
はい

三石由起子:
もっと言っちゃえば、も、家族まで持ってる話なんですよね。

相談者:
そういう形ですか・・

三石由起子:
話をする時に。そう。

相談者:
はい

三石由起子:
だからその時に、
「わたしの家族は、その、お父さんだから」・・

相談者:
うん

三石由起子:
「ここからは離れません」と・・ね?

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり結婚って、みんなさあ・・自分勝手な事考えるのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
そのお・・子どもが、いるとかさ、そのバツイチだとかって・・こっちはそう思うよね?

相談者:
はい

三石由起子:
一人息子なのにって。

相談者:
はい

三石由起子:
だけどさ・・嫁に来る方からすればね?

相談者:
はい

三石由起子:
違う事考えるんですよ、長男が亡くなってると。
・・ね?

相談者:
はい

三石由起子:
事件に巻き込まれて、

相談者:
はい

三石由起子:
亡くなってると。

相談者:
はい

三石由起子:
ね?
何もそんな複雑な家(うち)に行かなくていいって。

相談者:
・・そうですね。

三石由起子:
そうですよ。普通のお嬢さん、がね?・・あのお、初婚のお嬢さんが、

相談者:
ええ

三石由起子:
あなたが気に、入るようなお嬢さんがね?

相談者:
ええ

三石由起子:
じゃあ、あのお・・一人息子になってしまった、あなたの、息子と、恋愛をしてね?

相談者:
はい

三石由起子:
結婚をしたいって思った時にはさ、

相談者:
うん

三石由起子:
向こうの親はさ、

相談者:
はい

三石由起子:
「目に見えてるじゃないか、苦労は」って。

相談者:
はい

三石由起子:
「なんでそんなわざわざそんな家(うち)に行くんだ」と・・

相談者:
・・はい

三石由起子:
言うんですよ。

相談者:
・・そうですね。

三石由起子:
うん。だからさ・・

相談者:
確かにそれはあります。

三石由起子:
そ、そうなんですよ。だから、何があ、いいか悪いかっていうのはね・・やっぱり本人しか分からないし。

相談者:
はい

三石由起子:
結婚っていうのはしてみないと分かんないし。

相談者:
はい

三石由起子:
5年経って・・幸せか?とか。

相談者:
うん

三石由起子:
10年経って幸せか?っていうのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
やってみないと分かんないじゃない?

相談者:
・・うん

三石由起子:
これはもう親じゃなくてね?、本人・・たちが作る事だから。

相談者:
はい

三石由起子:
もうあの25歳の男のやる事で・・覚悟を決めて母親に言ったんですから。

相談者:
はい

三石由起子:
ね?、お父さんだってね、

相談者:
ええ

三石由起子:
そうは言ったものの5年経ったら分かんないじゃーん。

相談者:
確かに分かりません。

三石由起子:
うん、それと嬉しくしてればね?、分かんないし。

相談者:
うん

三石由起子:
会ってみたらいい嫁だって事も、あ、あるかもしれないしね。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うん、だからあなたはやっぱり・・お父さんとお、同じ立場を取らざるを得ないという説明を2人にしてやったらいいと思う。

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
うん、うん、自分ん、勝手な、ことばっかり、考えるからしょうがないんだよね。

相談者:
分かりました。

三石由起子:
うん

相談者:
はい

三石由起子:
でもそれはね、あの、頑固な、夫に言っても、分からないですから。

相談者:
ええ、多分無理だと・・(苦笑)。

三石由起子:
あ、うん、うん。だからこれはねあなたが、あなたがもうキャパを広げるしかないのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
あっちとこっちい、と上手くやって下さいよ。

相談者:
分かりまし・・

三石由起子:
もうあなたに掛かってると思う。

相談者:
はい

三石由起子:
うん

相談者:
ありがとうござい・・

三石由起子:
気持ち良く会ってやって下さい。

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
はい、はい

相談者:
ありがとうございます。

三石由起子:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい。お分かりいただけましたか?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい。
今あ・・25歳、男性って中々結婚出来なくて大変みたいじゃないですか。

相談者:
・・はい・・

今井通子:
うん

相談者:
そのようですねえ。

今井通子:
うん、す・・

相談者:
うちも・・全く彼女は、ん、「いない、いない」と言い続けていたので。

今井通子:
うん、ここを、逃したら2度とないかもしれないって考えたら、ちょっとオーバーかもしれないけど。
そういった事も、世間的には有り得(う)るから。

相談者:
あ、それは、あの本人も言ってました。

今井通子:
うん

相談者:
「もしかしたら」・・

今井通子:
うん

相談者:
「これ、で・・出会いがあるかどうか分からない」って本人は言いました。

今井通子:
ですよね。

相談者:
はい

今井通子:
それが今の・・世の中、みたいですからね。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
うん。あとは、お父さん、凄い反対した、まんま、だけど・・あの三石先生もおっしゃったけど、
「5年経ったら分からないじゃん」っていう話なんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
男の人って割と、最初反対なんだけど乗っちゃうと・・すっかりなんか自分が考えた事のように・・

相談者:
あ(笑)

今井通子:
言い出す・・可能性が高いんだ・・

相談者:
あー

今井通子:
ていう・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
性格は持ってると思うんですよ。

相談者:
あ・・はい、あるかもしれません。

今井通子:
うん。だから・・やはり、ホントに先の事は分からないので、

相談者:
はい

今井通子:
これで実際に、実子が出来たりすればあ、

相談者:
うん

今井通子:
どうなるだろう?とかっていう事も・・イメージした上でえ・・

相談者:
はい

今井通子:
あなた自身は・・そんなにい、ストレスを感じずに、大らかに、ま、息子さんも大らからしいんだけど。

相談者:
はい

今井通子:
してらっしゃればいいんじゃないかな。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい。じゃそういう事で。

相談者:
ありがとうございます。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、ありがとうございました・・

三石由起子:
頑張ってねえ。

相談者:
失礼いたし・・あ、はい、ありがとうございます。失礼いたします。

スポンサードリンク



「夫が息子の結婚に猛反対のときの振る舞い方。背景に家族が抱える不幸な事情」への5件のフィードバック

  1. 息子は娘より5歳は精神年齢低いよね
    簡単に言えばバカ
    これは本当らしい
    医学部も試験のみの成績で採ると女ばっかになるらしい(女医ばっかだと結婚妊娠出産で辞める人多く医師の数増えないので忖度されるらしい)
    真面目で勤勉なのは女の特徴だよと男性医師が言っておりました

    25の男なんてまだまだ子供…女子で言えば高校出たぐらい
    私が母だったらまずコブ付きバツイチに会って嬉しい顔して全力で喜ぶ
    で3日後
    「死んだお兄ちゃんが夢に出たんだけどもう少し待てって言ってた〜あの人じゃないって」
    とか言ってしまうかも
    やっぱり子供を育てるしかも種違いってのはキツイよ〜よっぽどの漢じゃないと
    よっぽどの漢ってそうそういない
    ウチの子じゃないと母はわかるのよ

    それかしばらく実子作らない事を提案するとか
    これは息子にしか言えないけどね〜

    マジに考えて食欲無くなったわ

  2. 子持ちと付き合うんだからそれなりに自覚はあるでしょうよ。
    ウチの血が入ってないからウチの子じゃない!なんて言ったら息子が嫌気さして消えるでしょ。
    母親にとってはそれが不幸。
    本当に幸せを願ってるなら好きにさせてやればいいのに。
    てかもっと話しあえよ。時間かけてさ。歩み寄らなきゃ何もわかんないんだからさ…。

  3. 犬でも死んだの?え?長男?・・ごもっともだけど
    電話しきてテンション低いってなくない?
    こいつ結局、せーかく悪りーよ。根本
    お・ま・え ローテンションガール

  4. ナイナイのお見合い番組見てても思うんだけど
    今はバツイチ 子持ちリスクのうちにはいらないよね
    初婚の人たくさんいても対等だもの
    要は人柄だと思うんだけど
    実際自分の息子だとそうもいかないかぁ
    でもこの機会逃してずっと結婚できなかった場合
    ずっと責め続けられること考えると
    ここは静観するのが一番だとおもうけどなぁ
    いつまでも夫婦で健康で仲良くいられる自信があれば
    どんだけつっぱねてもいいだろうけど
    縁を切って辛いのは相談者側だものね

  5. 二つ残酷なことを書く。
    一つは、実子がいても結局家庭内不和で悲惨な状況に陥っている家庭は、このテレフォン人生相談でもザクザク現れていること。
    もう一つは、このまま家族バラバラになったら、長男をあの世へ追いやった人間がほくそ笑むだけだということ。神戸の件なんてそうでしょうが。あの元少年、なんだかんだで大勢の大人の保護の中で生きてきて、遺族が止めてくれというのも聞かずに本まで出版しちゃった。
    絶縁し合ってお互い別々の道を生きていくというのもあるんだろうけどね。長男さんが事件に巻き込まれた年齢はおそらく高校生から大学生くらい?なんとなくイジメのターゲットにされて・・・というのかも?ならば、相談者家族がバラバラになっても、加害者は自責の念に駆られることはないもんだよ。
    相談者一家がどんな形であれ相談者一家なりの「家族の形」を見出して「生きて良かった」と思えることが長男さんへの一番の供養になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。