両親離婚で17で高校辞めて家を飛び出した男を彼女の親は受け入れるか?


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はいどうも・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こんにちは・・

相談者:
こんにちは、よろしくお願いします。

マドモアゼル愛:
よろしく、はい、どうも、はい。
あの・・2人が結婚する場合、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、向こうの両親は、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー・・ま・・ホテルとか、なんかそういう(苦笑)、結婚式場でちゃんと式を挙げて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、披露宴も開いて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう結婚のやっぱりイメージを、抱いているっていう事だよね?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
そいで、それにかい、その価値観に対して・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼女はどういう風に、思ってんのかしら?やっぱり親を・・えー満足させてあげたいという、思いが優先してんのか?

相談者:
あ・・いえ、それはもう、2人で話し合う・・

マドモアゼル愛:

相談者:
ま、あくまでも当人同士なんですけど、

マドモアゼル愛:
うんうん、うん

相談者:
では、「わたし(彼女)は」・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「別にそんな事しなくても」・・

マドモアゼル愛:
あホント。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
じゃ、自立している、人だよね?、物凄く気持ちの上でもね?

相談者:
はい、はい・・はい

マドモアゼル愛:
そしたらホントはなんーの問題もないよね。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
ドリアン先生おっしゃるように、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
駆け落ち、覚悟でも、何でも出来る。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
僕だったらよ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
もう先に籍入れちゃうよね。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
そいで、その事黙ってんのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、あの、これはあんまり言えないですよ、こういうね?、ほんな、あの・・不法を勧めてるようで言いにくいけれども、

相談者:
あ(苦笑)はい、はい

マドモアゼル愛:
でも、ま、そ、えー、1個の例として聞いていただきたいんだけれどもね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そいで・・あのお、ご両親には・・あの、「こうやって、こうやって」・・あの「結婚して、どこに住みます」とか。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
話を進めて行く中で、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
揉めたら・・「いや、もう籍入れちゃってんです」で・・進められるじゃない?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あうんー

マドモアゼル愛:
そのぐらいの・・

相談者:
多少強引さみたいなのが必要・・

マドモアゼル愛:
強引っていうか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
基本の問題は、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱ2人でいいのよ、結婚の問題は。

相談者:
ま、そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
そで、彼女もそれを、わ、言ってくれてんだから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから、早く形を、し、付けちゃった方が、僕はいいと思うんです。

相談者:
先に、ですね?

マドモアゼル愛:
うん、だって彼女が「いい」って言ってんだから。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
彼女が「どうしても、親を説得しないと嫌だ」っていう、ことになれば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたの悩みは・・成立するけれどもさ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼女「いい」って言ってるんだから・・

相談者:
あはい

マドモアゼル愛:
うん、それで、あなたの学歴に関しても・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
確かに学歴を見る、とかいう辺りで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そう、何ていうの?、言って来る、い、今、お給料どんくらい?、それなりに、2人が暮らして行ける分ぐらいは稼いでるわけ?

相談者:
うん、そうですね。はい、はい

マドモアゼル愛:
そっちの方が大事なんだよね、今の時代ってね、ホントはね。

相談者:
はーい

マドモアゼル愛:
いくら・・学歴が優秀でも、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
生活力のない人なんて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
問題外であって。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから、あなたはもう自分に・・自信を・・持っていいんだと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
許可を・・出せばね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
言うべき事はいっぱいあるのよ。

相談者:
そうですね・・

マドモアゼル愛:
うん、だって・・

相談者:
ちょっと背中を押してくれる人も僕・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
いない、ので。

マドモアゼル愛:
・・ん、「背中を押してくれる」っていうの誰?

相談者:
いや、例えば・・例えば両親がいれば・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、そういうこう・・おー、助け船、じゃないですけど・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
なんか背中押してくれたりとか。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま・・兄弟と、兄弟がいれば・・兄弟#$%◆・・

マドモアゼル愛:
うんだから、結婚は2人で決めるんだ、という・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
前提を、しっかり持つ事よ。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
そいで・・自分の生い立ちは・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたの責任でないのよ、これ。

相談者:
は、はい

マドモアゼル愛:
・・「僕は不幸だった」でいいのよ。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
その代わり、僕はその不幸に負けないで、こうやって行きて来たんだと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そして・・2人でこれから生活して行く、力も、あるんだと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自信持って下さいよ。

相談者:
そうですね・・

マドモアゼル愛:
本当に。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
この時、今、一番自信持ってないの、あなたなのよ、実は。

相談者:
そう

マドモアゼル愛:
「自分の家系がどうだ」とか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「学歴がどうだ」って、周り、誰も言っていないにも関わらず、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分から言い出してんのよ。

相談者:
あー、そうかもしれないですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それって・・止めた方がいいと思うの。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・もっと自分がやって来た事を・・大変ですよ、17で、1人になって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こうやって生きて来て、グレもせず、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ここまで来て、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
愛する人を得て、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
一緒に、暮らして行く力もあるんだっていうところを、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・これね?、褒めない人がおかしい。

相談者:
うんうんうん

マドモアゼル愛:
そいで、世間は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それでも、形を見る人がいるのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ハッキリ言って、そんな人、これから何ん、の力もないよ?

相談者:
うんうん

マドモアゼル愛:
だからあなたね?・・力ない人を恐れてるよ。

相談者:
あーそうですか。

マドモアゼル愛:
あなたには力があるんだよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これから今、17で学校を出て?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
17年後の34歳の時に?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたのように生きて行ける人なんて・・きっと少ないよ。

相談者:
あーあ、そうですか。

マドモアゼル愛:
今、会社が・・全部首になって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
放り出されて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
17年後にあなたのように立派に生きてる人、きっと少ないと思うよ。

相談者:
あーそうですかね。

マドモアゼル愛:
うん。もうね・・変な人を恐れる必要ないよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そのために・・あなたは愛する人を失うかもしれないという犠牲の・・天秤にかける事が間違ってるんだよ。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
あなたの・・どっかにある・・確かに・・これまで得られなかった負い目のために、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それと・・彼女の、存在を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
天秤にかける程・・偉大なもんであるわけがないんだよ。

相談者:
あーあ、そうですね。

マドモアゼル愛:
ここは乗り越えて下さいよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自信を持って。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、そいで、しかも、この自信は嘘の自信じゃないよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ホントにあなたがやって来た・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自信じゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
これが大事ですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、豊臣秀吉だってそれに負けてたら・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり天下取れなかったと思うんだよね。

相談者:
あーそうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
確かに、はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・男の一生っていうのは、ま、古い言い方になっちゃうけども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
背景とか何かではなくて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり本人の・・どういう事があっても愛する人を・・守り抜こうとする力に、あるわけ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、そこに、あなた、命を懸けて・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
情熱を掛けて下さいよ。

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
ホントに。

相談者:
確かに大事ですね、それが、行き着くところはそこだな・・

マドモアゼル愛:
行き着くとこなんだよ。

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
行き着くところから物事を考えないと混乱するんですよ。

相談者:
はい。そうですね。

マドモアゼル愛:
うん。だからあなた間違ってたと思う。その、天秤かけた物は間違ってた。

相談者:
あーなるほど、はい

マドモアゼル愛:
はい。そいであなたには何ら落ち度はありません。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、それが分かんないくれ・・人には、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
嘘をついてでも、物事を進めてって僕はいいと思う。

相談者:
あはい

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
え、助川先生にもう一度・・

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
も、もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
今のあの、愛先生おっしゃった通り、あなたはホントに立派な人だと思いますので、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ここで決断をするためにもですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、彼女と、2、3日・・えー旅行に行くのもいいかな?なんていう風に今・・

相談者:
うーん

ドリアン助川:
うん、あの、思いました、聞いていて。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ。あのお、わたし達は、応援しておりますので。

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、せ、あのホントにいいお言葉、色々いただいて、ありがとうございました。

ドリアン助川:
はい、失礼します。

相談者:
失礼します。

スポンサードリンク


「両親離婚で17で高校辞めて家を飛び出した男を彼女の親は受け入れるか?」への3件のフィードバック

    1. 本当にそれ。
      どうか早まらないで欲しいです。
      いくら二人の問題とはいえ、まだ一度も話をしてないのに先に入籍しちゃえなんて乱暴過ぎると思う。
      何歳になってもご両親からみたら可愛い娘ですよ
      そんなことしたら、これだから中卒は、、、なんて言われかねないし。
      まずは、生活力のある真っ当な男だって知ってもらわないと。
      勝手に入籍なんて、10回反対されてからで良いと思います。

  1. 17で家出てすぐデキ婚とかしなかったのがすごい
    中卒で会社員やってるってね〜すごいよ~
    ご立派だと思う
    私にはコブ付きの男性より相談者の方が好ましいと思いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。