無礼な客に余計な一言。喋らない仕事がしたいボッチのタクシー運転手61歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
先程からあなたがおっしゃってる事でえ・・凄く気になったのがね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
「黙ってやる仕事がない、か?という、ことで」え、「考えている」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
それってなんかこう・・逆効果というかね?

相談者:
・・はい

塩谷崇之:
むしろなんか、あのお、あなた自身がどんどん、その殻に閉じこもってっちゃうんじゃないかな?と思うんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
今ね?、あのお・・恐らくその、仕事の上ではあ・・運転手と客という、そういう、う人間関係しかなくて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう人間関係が、も、固定化されていると。

相談者:
はい

塩谷崇之:
お客さんが乗って来ると、運転手として対応する。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、お客さんを下ろしてまた次のお客さん乗って来るとまた運転手として対応する。

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたはいつも、おー、常に運転手として対応しなければいけないというような状態になってる。

相談者:
はい。そうですね。

塩谷崇之:
そういう中で・・コミュニケーションの取り方に行き詰まってるわけですよね?

相談者:
え、そうですね、はい

塩谷崇之:
うん。コミュニケーションの取り方に行き詰ったからといって・・コミュニケーションを、取らないような環境に自分を持ってってしまうというのは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、わたしはこれ、逆効果だと思うんですよね。
むしろ・・多様な人間関係、多様なコミュニケーションを取るよう、な、環境に、自分を持ってった方が・・いいと思うんですよ。

相談者:
あーあ

塩谷崇之:
つまり、運転手と客という人間関係じゃなくて・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
もっと別の人間関係で、コミュニケーションが、を取るような・・そういう、場をね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
持つ事・・

相談者:
(鼻をすする)

塩谷崇之:
によって、何ていうのかな、あなたのコミュニケーションの取り方にこう、幅ができて来るというのかな?・・
お仕事以外で、の人間関係っていうのは、そんなに・・悩んではいないんですか?

相談者:
そ・・ああ、そうですね、あまり外には出ませんので、

塩谷崇之:
うん

相談者:
家に帰ってもですね。

塩谷崇之:
うん

相談者:
人の間違った事ってのが、許せない・・質(たち)っていうか、人間っていうか、気持ちっていうか、なんかそういうのがあって・・

塩谷崇之:
うーん

相談者:
間違った、ことをする人を見ると、なんかあ・・イラっとしたり事があるんですね。

塩谷崇之:
だからそれはね?、あなたがいつもね?・・運転手う、の立場でいるからですよ。

相談者:
・・はあ

塩谷崇之:
あなたがずうっと運転手な・・んだから・・色んなお客さん・・を見て来てるかもしれないけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お客さん・・はね?、その時その時で、違う人が乗って来るわけですから。

相談者:
はい

塩谷崇之:
要は、お客さんがこう入って来ると・・運転手としての立場で・・見ちゃうわけでしょ?

相談者:
・・そうですね、はい

塩谷崇之:
うん。だから、そういうのがずーっと、お、四六時中ね?、毎日毎日が、そういう立場で、のね?、人の接し方っていう事になると、それはね?やっぱ疲れて来、来てしまいますよ。これは・・タクシーの運転手じゃなくてもそうだと思います。

相談者:
はあ

塩谷崇之:
例えば学校の先生だったら学校の先生として、いつも・・子ども達に接している。それはそれでいいんでしょうけれども、
そればっかりだとやっぱりね?・・精神的にやっぱり、こ、偏りが出て来ちゃうんだと思うんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
どんな仕事でも多分そうだと思うんですよ。

相談者:
なんか息抜きの、おー、のが、それが分からないんですね。

塩谷崇之:
まずその、もうちょっと、こ、多様な人間関係を作って・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
その中でね?あ、あ、もう少しこ、楽にね?、か、会話が出来るような・・状態を作ってやると、あなたの・・人間関係の、上での緊張感っていうのが少しずつ解(ほぐ)れて来るんじゃないかな?とは思うんですよね。
仕事以外で何かやってる事ってないんですか?

相談者:
特に、ないです。

塩谷崇之:
ふうーん。何かね?その仕事、とは別の、ことを始めてみませんかね?

相談者:
・・はあ、あ、趣味とか、なんか・・

塩谷崇之:
うーん

相談者:
という事ですかね?

塩谷崇之:
そんなにお金の掛かんないものでもいいと思うんですよ。

相談者:
・・はい

塩谷崇之:
運転手と客という、そういう・・人間関係からちょっとこう離れて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
普通に、あの、自分の好きな事・・について、話が出来るようなね?・・そういう・・環境を見つけえ、た方がいいと思うんですよね。例えば何かこう、楽器を始めてみるとかね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
楽器は、ま、一人でも出来る事ですよ。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
だけど、その楽器を、始めて、何かこうやる事によって・・その楽器を通して何かこう・・別の人間関係がね?・・構築出来る事も、あるわけですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
同じ趣味を持った人同士で繋がったり・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
或いは楽器を、まあ、どっかで、えー演奏した、あ時に・・そこで、演奏する側と、おー、それを聴く人というような人間関係が出来たり。
色々、そっから、人間関係のこう、スタイルっていうのがどんどん広がってくと思うんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、楽器の練習自体は一人で出来ますから。

相談者:
・・あーあ、はい

塩谷崇之:
うん。あのお、それこそね?、何だっていいわけですよ。あ、そんなお金の掛かるような、楽器をやらなくてもね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、ギターでもいいし・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
笛でもいいし。
あの、空いてる時間にね?・・タクシーの中で・・独学で、えギターを弾くなり・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
笛吹くなり・・何なりして、少しずつね?・・上達してって、で・・今度はそういうのが、ある程度できるようになって来ると・・そういう人の、コミュニティを見つけて、一緒にそういうもの楽しむようにしてくと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう何かツールがある事によって・・この人間関係って、結構広がってくと思うんですよね。

相談者:
人間関係ですか(ため息)・・

塩谷崇之:
うーん

相談者:
難しいかな・・

塩谷崇之:
・・まず何かやってみた方がいいと思いますよ。

相談者:
はい、そうですね。

塩谷崇之:
お金が、掛かんなくて、しかも一人でも出来る事で・・でも、みんなでも出来る事。

相談者:
はい・・うん

塩谷崇之:
お客さんと・・運転手という、そういう人間関係に・・固定されないように。あなたの生活がね?

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
それに固定されずに、もう少しこ、別の・・おー、人間関係が出来るような・・あー、状態に・・して行く事によって、

相談者:

塩谷崇之:
あなたが運転手してる時も、肩の力が抜けて来ると思うし、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それ以外の時間でも・・ま・・中々生き甲斐っていうところまで行かないかもしれないですけれども、

相談者:
うーん

塩谷崇之:
うん

相談者:
難しいですね。

塩谷崇之:
他の楽しみが出来ると思いますんで、ま、「難しい」という風におっしゃらずに何か初めてみましょうよ。

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
うん、何でもいいですよ。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


無礼な客に余計な一言。喋らない仕事がしたいボッチのタクシー運転手61歳」への6件のフィードバック

  1. どんな仕事もそれなりに辛いものがありますよね。私は、きちんと成果物を出せば無駄話など要らないと思いながら仕事に打ち込んでいます。タクシー運転手はそういうわけにいかないかな?客を降ろすまでぐっと堪えて、休日に趣味でストレス発散するしかないでしょうね。
    働く皆さん。次の休日を楽しみにしながらお仕事頑張りましょう!

  2. 何か趣味をみつけてそれに打ち込む……っていうアドバイス、相談者も分かっているのでは?
    ありきたりな回答ではなく、相談者にもっと踏み込んだ答えが聞きたかった。そんなん、誰だって知ってるよ。

  3. トラックの運転手か何かなら
    長時間人と関わらずできますよ

    私も人との話が下手で失言が怖いので、あまり人と関わらないでできる運転の仕事に変わり、快適に稼げてる。

    回答者の弁護士先生は、ちょっと次元が違う意見なんだなと。
    60過ぎたら、もうコミュニケーションの成長を期待することは無理かあるでしょ…
    それより人生に疲れた程の人を回避させる策を考えないと

    音楽の趣味の勧めも、例え、一例だとしても
    限られたひとの趣向だし、これを延々押すのはどうかと
    随分と視野が狭い人の意見を聞かされてるようでした。

  4. 何か他人事の回答者よりも管理人さんやコメント欄の方が親身だった。
    相談者もここに気づいて見てくれたら。
    自己破産、借金歴、事実上の天涯孤独、兄弟とは不仲。
    借金歴もあるくらいだから年金とかどうしているのだろう。
    これで、病気を患っていよいよ働けなくなったら、言っちゃ悪いけどホームレスまで赤信号。
    現実が見えてきて、怖くなったのだろう。
    この人にとって幸いなのは、職場が今のところ味方であるところ。
    そして、意外と強運の持ち主でもある。
    クレームが来て参っている、のではなく、今までクレームだけで済んでいたのが正解かもしれない。

  5. 私もPTAで鍛えたよ~
    とてもに辛くて夜蕁麻疹が必ず出ましたよ。
    精神的に辛いと(言いたいこと言えない状態)だと蕁麻疹出るタイプで今だに親戚の法事とかでも出ます。自分の親戚でもね。いい歳してお恥ずかしい限り…

    男で独り者だとなかなかそう言ったチャンスがないよね。女にはチャンスがいっぱいですよね。

    ドリ助と男弁護士じゃこのくらいのアドバイスが精一杯でしょうね。
    訓練するしかないんじゃない?
    こう言われたらこう言うって決めとけば。会社の人と考えてさ。マニュアルどーりにやればいい。
    最近の店どこもそうじゃない?
    とにかく地道にやって行くしかないと思います。

  6. 感嘆する追記コメント
    ザ・人生相談
    という内容回だと感じました
    こういう時のお題こそ
    回答者からの胸のすくような
    返答を期待するのですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。