コミュ障を拗らせ性欲まで失くす。全方位的に愛着のない女のかつての夢はCA

テレフォン人生相談 2020年9月28日 月曜日

拗らせる(こじらせる): めんどうにさせる、もつれさせる。

CA: キャビンアテンダント。旧スッチー、もといスチュワーデス。

次女を出産してから性欲がなくなった相談者に求める夫。
10数年耐えてきたが、5年前にその気がないことを暴言気味に伝える。
以降、二人で出かける機会も減ってしまった。
夫と仲良くしたい。

 

CAになりたかった女の夫が海外赴任。
途中を省略した元CAと思えば・・
って思えないか。

 

セックスレスをどうにかしたいのか?
それとも、それはそのままで夫と親密になりたいのか?
イマイチ。

もっとも2者択一ではない。
前者の対策として後者があり、後者の向こう側に前者がある。

ヤリたい夫と仲良くしたい妻。
いくらでも解決策はありそうだけど難しいもんだ。

一つは、夫も妻に負けず劣らずコミュ障なの。

週5の手作り弁当を週4でお願いした妻に対して、
夫 「お弁当がなくなっちゃったら、ないないづくしになっちゃう」

コミュ障お得意の極論返し。
唖然とするしかしない。

この夫なら10数年もの間、レイプ望まないセックスを求めたのも頷ける。

運もなかった。
せっかく意を決して精神科の門を叩いたのにね。

当たったのが使えない奴。
たった一言のアドバイスで救えたかもしれないのに。
「ご夫婦でいらしてください」

 

実はちょっとだけ夫の肩を持つところがあると言えばある。

暴力的な嗜好は論外だが、夫が妻のセックス嫌いに気が付かないとすれば、それは妻のカラダの反応が一因ではないかということ。

演技は言うに及ばずだが、それではなく。

男性は脳(性的興奮)とカラダ(勃起)が一致しているので、女性もそうだと信じられている。
けど、これが違う。

もちろん、望むセックスのときはそう考えてもらって差し支えないんだが、問題は望まないセックスのとき。

驚かないで欲しいんだけど、
性的興奮がなくても濡れる。

この事実は長らく女性自身でさえその理由が分からなかった。
「ヤダ、なんでアタシ濡れてるの?」

最近の進化論が解き明かしている。

曰く、濡れるために必要とされるのは、性的興奮ではなく挿入の予感。

脳がこれから挿入されるに違いないと意識したとき、その行為が望むと望まないとに関わらずカラダは挿入の準備を始める。

なぜか?
理由は女性器の保護。

石器時代、体力的に圧倒的に男性に劣る女性が力で蹂躙されることは日常だった。

もし、潤滑油なく無理やり挿入されれば女性器が破壊されてしまう。

ヒト科の場合、発情期がないわけで、女性は年中この危険にさらされていたことになる。

そこで驚くべき進化を遂げたのが、挿入を意識したら濡れるという条件反射。

 

女性の防衛本能を歓びと男が勘違いして、さらに興奮を高めてイク。
これが何百回と繰り返された挙げ句
妻「もうウンザリ」

夫 「後悔するからな」
ショックのあまり、自分で何言ってるかすら分からなくなってる。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 女58歳 夫57歳 結婚30年 長女28歳 次女24歳

今日の一言: 人間の唯一の義務、それは自分自身であること。デヴィッド・シーベリー

続きを読む コミュ障を拗らせ性欲まで失くす。全方位的に愛着のない女のかつての夢はCA