待てない母。障害残し10ヶ月ぶり登校2週目の息子の描写に交錯する心配と焦り

テレフォン人生相談 2020年9月14日 月曜日

怪我をして10ヶ月ぶり2週間前に復学した長男14歳。
右の手足に障害が残っていて、送り迎えをしている。
一週間の個別学習を経て教室に移ったここ一週間は満足に登校できていない。
母親の心配と焦りが交錯する。

 

相談者 「右のじょうかしに不自由さが残っております」

検索したわよ。

じょうかし・・上下肢、上肢と下肢
上肢とは肩関節から手先まで。
下肢とは股関節(こかんせつ)から足先まで。

病院じゃないんだし、右の手足で良くない?

てか、相談者だって最近覚えたばかりだろうに。
こういう所に性格は出る。

 

10ヶ月の入院”等”は半端ない。
リハビリ込みとはいえ。

手足そのものの損傷か、
それとも脳や神経回路の損傷か。

交通事故かしら。
症状固定しないと始まらない賠償金交渉はこれから。

人はいつだって今が基準。
過去の記憶より、直近の記憶と比較する。

お遊びみたいな投資をしてるんだけど、1年掛けて増えているにも関わらず、ここ一週間の目減りに悔やむ。

ミスター巨人軍こと長嶋茂雄が言っていたのは、脳梗塞後のリハビリはそれまでのどんな練習より辛かった。

まさか息子クンと相談者の10ヶ月を忘れはしないと思うけど、つい復学してからが基準になってんだねえ。

てか、事故前の自分しか知らないクラスメートの前に姿を晒すときの息子クンのメンタル。
そこからまだわずか一週間。

相談者 「さぼりというか、甘え」

キビシイィィ。

 

相談者 「私の欲」

自覚があるのなら、あとは自己コントロール。

息子クンの手を握った時
息子クンが目を開けた時
息子クンが話した時
息子クンが食べた時
息子クンが立った時

神様に感謝した日を思い出して。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女55歳 夫55歳 長男14歳 次男13歳

今日の一言: 心が幼稚な人ほど欲求が要求に変わります。

続きを読む 待てない母。障害残し10ヶ月ぶり登校2週目の息子の描写に交錯する心配と焦り