契約社員が契約を切られた。 私は必要のない人間で自殺がよぎる


テレフォン人生相談 2015年1月3日 土曜日

相談者: 男47歳独身 父75、6歳と暮らす 母とは十数年前に死別

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 森田浩一郎(医学博士)

今日の一言:
避けて通れないことを避けようとします。 それが憂鬱です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
お父さんは、もう働いてないんですね?

相談者:
です、はい、そうです。

加藤諦三:
で、2人で住んでいて、あなただけが働いているわけですね?

相談者:
あ、あ、そのことについて、相談なんです。

加藤諦三:
ああ、はい。
どういうことですか?

相談者:
1年くらい前に、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、前の職場、契約・・ま、それまで、契約で働いてたんですけど、あの、契約を切られまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
それから、ちょっと、ま、短いバイトは、◆△%&は、してたんですけど、ま、基本、無職になりまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
前の仕事の、契約を切られたときに、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ま、もちろん、自分が至らないってところも有ったとは思うんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、契約を切られたときに、なんだろ、あのお、前の職場10年くらい働いていたんですけども、なんか・・自分、必要とされていない人間なんだなあ、と思って、それから、なんか、やる気・・が起きなくて、

加藤諦三:
自分は必要とされてないんだなあ、と思い出したのは、いつ頃から?

相談者:
あのお、まあ、契約を終わります、って言われてからですかね。

加藤諦三:
あ、契約を終わります、って言われてから、感じ出したと。

相談者:
そおう・・ですね。
あ、そうなんだ、と思ってえ、それから、あのお、なんだろ、こう、なんか、やる気が無くてえ、最悪う・・自殺ってことも、頭の中をよぎったりするんですけどお、

加藤諦三:
うん、うん。

相談者:
でも、まあ、このままじゃ、いけないな、とは思ってるんですけど、ま、あの、まあ、やる気が、いま・・ひとつ、出ないというか、はい。

加藤諦三:
うん。

相談者:
どうしたらいいか、ま、相談したくて、電話したんですが。

加藤諦三:
ああ、そうですか。
で、あのお、

相談者:
はい。

加藤諦三:
しつこいようですけど、やる気が出ない・・やる気が出ないっていうのは、契約がこれで終わると、言われてから・・その、気力が無くなったということですね?
その前は、やる気が有ったっていうことね?

相談者:
なんか、もしかしたら、その、有ったのかも、そういうことがあったのかもしれないですけど、

加藤諦三:
うん。

相談者:
ま、契約を切られるって、いうようになってから、なんか、

加藤諦三:
もう、どうでもいいや、っていうような気になっちゃったっていうことね?

相談者:
はい。
はい。

加藤諦三:
うーん。
で、自殺でも、しようか、って・・自殺ってことが、チラッ、チラッと頭に浮かび出したのは、どれくらい経ってからですか?

相談者:
うーん、ま、前の職場にいて、契約が終わるって言われた、後(あと)くらい、かもしれない、ですねえ。

加藤諦三:
後くらい。

相談者:
あの、そいで、ま、すみません、精神内科に通ってはいるんですけども、

加藤諦三:
あ、今、通ってるんですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、何?、どれくらい通ってるの?
入院するほどじゃなくて、

相談者:
入院ではないですね。
あの・・

加藤諦三:
入院ではないわけですよね?

相談者:
はい、入院・・

加藤諦三:
で、通ってるって・・どれくらい通ってるの?、週。

相談者:
自分の方から、あのお、精神科の方(ほう)に電話をして、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
予約を取って、じゃ、何月何日の何時から、ていう、ことを、お互いに話をして、その時間に行ってるので、

加藤諦三:
そうすると、じゃあ、毎週水曜日とか、そういう風な行き方ではないわけですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
電話をして、予約を取って、それで行くっていうことですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
で、予約をするとき、電話を掛けるときっていうのは、やっぱり、もう、死にたくなったって気持ちのときですか?

相談者:
死にたくなったっていうときもあるんですが、やっぱり、なんだろう、なんていいますか、気分がすぐれないといいますか、

加藤諦三:
うん。

相談者:
そういうときに・・

加藤諦三:
うん。

相談者:
こう、電話・・をして、あの、予約を取って・・

加藤諦三:
で、気分がすぐれないっていうのは、あれですか?、朝起きて、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お父さんと2人ですから、朝ご飯を作るわけですね?、あなたが。

相談者:
ああ、まあ、自分だったり、父親だったり、ま、ほとんど、父親だったりするんですけども、

加藤諦三:
あ、お父さんの方が作ってるんですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、それは、お父さんが作って、二人で一緒に食べてるの?
それとも、別々?

相談者:
そおですね、まあ、合わ、時間が合わない・・ときもあるんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ほとんど、ほぼ・・一緒ですかね。

加藤諦三:
ほぼ一緒ですね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
それは、あれ・・ほとんど毎日朝ごはん食べてる?

相談者:
食事・・は、うう、なん・・とかあ・・食べえ・・れてますね、ま、たまに、なんか、食欲が無いな、というときもあるんですけども。

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
食事はなんとか、食べえ・・ることは出来ます。

加藤諦三:
は(わ)、出来る。
そうすると・・テレビ見ながら食べてるの?

相談者:
そおう・・ですね。

加藤諦三:
会話があんまり無い?

相談者:
ああ、無いですね。

加藤諦三:
ふうん。
で、外から見ると、なんか、引きこもってる人がいる、って感じでは無いんですね?

相談者:
そーだと思います。
あのお、ずっと、自分も、あの、一日中、朝から晩まで、家に、居るということ・・は(わ)、ま、そういう日もありますけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、まあ、外出は・・し・・は、してますので、

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
あの、完全な引きこもりというわけではない・・ていうか。

加藤諦三:
ないですね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると、外出はしていて・・経済的にはどうなってんの?
契約が切れちゃって、

相談者:
はい。
うーん、まあ、ま、一応、蓄えが、ま、それえ・・なりに、ありい・・ますので、

加藤諦三:
ああ。

相談者:
そっからあ・・はい。

加藤諦三:
すると、今、人間関係は、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お父さんだけですか?

相談者:
ま、基本的には・・うん、父親だけ・・ですけど・・ま、たまに・・友人・・と、こう、話したり・・とか・・会ったり・・はしてますけど。

加藤諦三:
ふうん。
その友人に会うっていうのは、あなたの方から、例えば、メールなり、電話なり、なんかして、じゃ、会おうか、っていうことで会うわけですよね?

相談者:
うーん、自分からだったり、友人の方から・・ま、友人も、自分がこういう状態だっていうことは知ってるので、

加藤諦三:
うん。

相談者:
ま、自分のこと、心配してくれて、あのお、どうだい?、みたいな風に声掛けてくれる、友人もいます。

加藤諦三:
あー、そうですか。
そうすると、なんか、人間関係が切れっちゃってるというわけでもないんですね?

相談者:
そうですね。
あのお、はい、お互いに、こう、様子を聞いて、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
話をしたり、会ったり、っていう、こと・・は、してます。

加藤諦三:
は(わ)、してるわけですね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると、今日の相談ていうのは、まあ、やる気がしなくなったと。

相談者:
はい。
そうですね、で、

加藤諦三:
で、この先、考えて、どうしたらいいのかな?、っていう・・そういうことですか?

相談者:
そうですね、とにかく、ま、なんか、やる気・・が出るには、どのようにしたらいいか?、っていうのを、あの、教えて頂ければな、と思って電話したんですが。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。