父77歳の交際をどうにかしたいが・・どうしたい?


(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
いや、僕もマドモアゼル愛先生とおんなじで、話が理解出来ないんですよ。

相談者:
あ・・

加藤諦三:
ちょっと、すごい、きついこと言っていい?

相談者:
はい、いいです。

加藤諦三:
怒らないでよ。
お父さん・・に余計なおせっかいするのも、

相談者:
はい。

加藤諦三:
この70・・何歳かの女性に・・がこんだけ気になるのも、

相談者:
はい。

加藤諦三:
実は、今、夫婦関係うまくいってないんじゃない?

相談者:
ああ、それもあります。

加藤諦三:
うん、そこが原因ですよ。
だから、もう、解決してますよ。

相談者:
そうですか。

加藤諦三:
だって、も、それ認めてんだもん。

相談者:
あ(笑)

加藤諦三:
だから、夫婦関係を解決すれば、

相談者:
ええ、うまくいきますか?

加藤諦三:
気にならなくなるから。

相談者:
ああ。

加藤諦三:
マドモアゼル愛先生が言われたように、元々問題ないんです。

相談者:
フッ。

加藤諦三:
つまり、問題作ったんですよ。

相談者:
ああ。

加藤諦三:
何で問題作ったかっていうと、

相談者:
はい。

加藤諦三:
目を背けたいことがあったんですよ。
このことを考えないで済むようにしたいんです。
本当の問題は夫婦関係の不満なんですよ。

相談者:
はあ。

加藤諦三:
そこから目を逸らせるために、問題を作ったんです。
だから、今日の相談は、

相談者:
はい。

加藤諦三:
どうやったら、夫婦関係うまくいくでしょうねえ?、っていう相談なんですよ。

相談者:
ああ、なるほど。

加藤諦三:
ええ。
それで、僕、うまくいくと思います。

相談者:
え?

加藤諦三:
(笑)え?、って言いましたけど、それを素直に認めたから。
だって、普通ね、認めないよ。

相談者:
ふっ。

加藤諦三:
怒るのが普通なんだもの。
だから、これを怒った人ってのは、もう、問題の解決は出来ません。

相談者:
ああ、そうですか。

加藤諦三:
絶対に真実を認めないから。

相談者:
ああ。

加藤諦三:
だから、問題ないんです。

相談者:
はい。

加藤諦三:
問題作ってたの。

相談者:
はい。

加藤諦三:
ですから、問題作ってんだから、

相談者:
はい。

加藤諦三:
無い物をあると思ってるだけの話ですから。

相談者:
ああ。

加藤諦三:
で、元々の性格がこの女性と合わないんです。

相談者:
ああ。

加藤諦三:
元々合わない女性と、関わり合わない方がいいですよ。

相談者:
ああ、いや、分かりました。

加藤諦三:
よろしいでしょうか。

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
どうもすいません、ありがとうございます。

(内容ここまで)

ちょっとがっかり。
お二方は、わざと、とぼけて、相談者自身に心の内を言葉にさせようとしたのかね?

違うと思うけど。

お二方をもってしても、女の直感を認めない、ていうか、理解しようとしてないの。

お宅らみたいに、心の内をぜんぶ言語化するなんて、普通の人にとっては難しいんだってば。

まさに、モヤモヤ、ザワザワ感。

その中には、例えば、経済的なことだって当然、含むわけさ。

父のお金だから父がいいように使えばいい。
ここに嘘はないの。

だけど、女の所から戻ってきたら一文無しだったという事実。
そら、びっくりするさ。
女との暮らしで使っちゃったのかと。

同居するんだから、生活費も負担してもらわなければ困るし、

「まさかのために、少しは貯金してよ、うちだって厳しいんだから。」

これくらいの苦言は当たり前だ。
真っ当なことしか言ってないと思うよ。

マド愛も、こういう微妙なことが分からないはずないんだけど、なんか、やけに、白黒つけたがるんだよ。

「僕は、お父さんは利用されてないと思うよ。」
と相談者につっかかっておきながら、

「お父さんの愛情をむこうが利用して、っていう危惧を持ってるってことかな?、それだったら、よく分かります。」

なんじゃ?、この真逆の発言。
とても同じ人とは思えん。
支離滅裂。
我に返って、前半の自分の態度を後悔してるように見える。

最後は笑ってごまかしてたけど、みっともない。
相談者にとっては、「何がおかしい?」、だ。

 

相談者は今の対応でいいと思う。

相談者が女によくない感情を持ってるのは父にも伝わってるし、もう、父がお金をすべてつぎ込んでしまうという心配はないんだし。

ただ、出費を完全にコントロールするのはやり過ぎ。
都度、都度、渡すんじゃなく、始めに差し引いて、残りを自由に使ってもらう形が落としどころじゃないか。


コメントはお気軽にどうぞ