基本の相続。上から目線の姉と出張る義兄 vs 子どもの頃から確執を引きずる女61歳


(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい
ま、お母さんは、今、お父さん名義の、実家に住んでいて、

相談者:
そうです、はい

塩谷崇之:
で、そこにま、隣接するような形で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーお姉さん夫婦の、

相談者:
はい

塩谷崇之:
家があって。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのお姉さん夫婦の家も、お父さん名義の土地の上に建っていると。

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
で、えー、あなた方あ、が、住んでいる家も、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お父さんの、名義の、

相談者:
はい

塩谷崇之:
土地の上に建っていて、

相談者:
はい、そうです。

塩谷崇之:
建物は、

相談者:
主人。

塩谷崇之:
ご主人が・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
建てたあ・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
物なんですね?

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
ま、その権利関係の事を、言うとね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、ゆくゆくは、話し合いをしないといけない、とは思うんですね。で、

相談者:
それがあ、

塩谷崇之:
うん

相談者:
姉の婿さんが、

塩谷崇之:
うん

相談者:
話を・・に出て来るんです。

塩谷崇之:
うん

相談者:
「俺は男だから出るよ」と言って、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま、部外者なんですけどお、

塩谷崇之:
うんー

相談者:
そういうことを言って来るんです。

塩谷崇之:
ま「男だから出る」っていうのは、全然理由にならない・・

相談者:
ですよね?

塩谷崇之:
と思いますけどねえ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん

相談者:
それがそういう言い方をして、もホントに、あのお・・ちょっと、もう、どうにもならないような状態で、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
はい

塩谷崇之:
なるほど。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん。ま、あの一つは、んだから、そういう状態であるんだとすればね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お父さんの遺産分割う、の話の・・を進めて行く中でね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、何かこうわだかまりを解消できるような、

相談者:
はい

塩谷崇之:
事が、そういう話し合いになれば一番、ベストなんでしょうけれども、

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
まそれ・・

相談者:
でも、もう、姉も、話にならないので、そういう場合は・・

塩谷崇之:
それはもう、昔から性格が合わない?

相談者:
合わないです。

塩谷崇之:
うん

相談者:
あの姉は、上から目線なので、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
ま、妹のわたしが一言でも何か言ったら、
「なに?」みたいな感じで言われてしまうので、

塩谷崇之:
はあ、あーんなるほど。

相談者:
もうわたしが、萎縮しちゃって、言えないんですね。

塩谷崇之:
あー

相談者:
何も。

塩谷崇之:
あーなるほどね。

相談者:
そういう人なので。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
言えないんですよね。

塩谷崇之:
そうするとね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、そういう対等な立場でね、冷静に話ができないんだとすれば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
一つは、あなたが、ま、弁護士い、にね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、代理人を頼んで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、そのお、代理人として、弁護士さんに、交渉してもらうと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
いうのが一つ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
もう一つは、あえてね、そこは家庭裁判所に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、調停を申し立てて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えー裁判所っていうね、ま、あの、公正中立な、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あー、第三者を・・間に挟んで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
きちんと裁定をしてもらうと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、その・・どちらかを取った方がいいかもしれないですね。
かなり、ま、お姉さんとの間で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
対等な立場で話をすることができないと。

相談者:
はい、できないです。

塩谷崇之:
で、まお母さんとの間でもそれは難しいと。

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
で、ましてやお姉さんは、あー、そのご主人が出てきて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーご主人が、ま、当事者のような顔で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ガンガン言って来るんだと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えー、そうするとあなたは自分自身の、意見をね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、きちんと、言えるようにするためには、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それを言ってくれるような代理人を、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お、きちんと選任をするか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、もしくは、あー家庭裁判所に、話を持って行くか。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、あの、家庭裁判所の手続きに持って行けばね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
今度はその、お義兄さん、お姉さんの、旦那さんですね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お婿さんですね。

相談者:
はいはい

塩谷崇之:
えーその人は、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、裁判所には、当事者として意見を言うことはできないですからあ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう意味では、あなたとね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お姉さん、えーそれからお母さん、から直接話を聞いて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
話を進めてくってことになるんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、もしその、お姉さんの、旦那さんが、

相談者:
はい

塩谷崇之:
出て来ることが・・えー話し合いが、上手く行かない原因、であるんだとすればね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーあえて、そこは裁判所の手続きを取る方が、いいのかもしれないですね。

相談者:
あ、そうですか、はい

塩谷崇之:
はい

相談者:
分かりました。

塩谷崇之:
であとはま、そのお・・家族間のね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
色んな感情的なしこりていうのは、あるんーでしょうけれどもお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・このお母さんの行動っていうのはあ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
まあ、ある意味、よくあるパターンなんですよね。

相談者:
そうですか(吐息)

塩谷崇之:
はい、それはもう・・親子間なんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
喧嘩をすると、まあ、言わなくてもいいようなことも言っちゃうわけですよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
お互いに。

相談者:
はい

塩谷崇之:
んで、もう、あのお、
「お母さんの面倒なんか看ないから」と。
「いいわよ、あなたに面倒看てもらおうなんて思わないわよ」みたいな感じで、
ま、そういう、中でね。えーまたそのほとぼりが冷めればね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーやっぱりそっちに戻ってこうかってことは、ま、あるわけですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
親子間だから、家族間だからこそ、勢いで・・言ってしまうことっていうのはあると思うんで、これ夫婦なんかでもそうですよね?

相談者:
んま、そうですね。喧嘩した時にはね。はい

塩谷崇之:
もう、うん
「もう知らない、勝手にしろ」ってふうに言われたから・・勝手にしろっていう言葉を、文字通りに・・取って、行動してしまうと、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、とんでもないことになってしまうわけで。

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、特にもう87歳のね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、おー、高齢の、お母さんですから、

相談者:
はい

塩谷崇之:
自分で自分の感情のコントロールっていうのも難しくなって来てるのかもしれませんし、

相談者:
はあ(吐息)

塩谷崇之:
そういう意味では、ま、あなたとかお姉さんも・・ある程度の年齢が行って来てその感情のコントロールが、難しくなってる・・状態なのかもしれない。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう中で・・えー発せられた言葉をね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
真面目に捉え過ぎちゃうと、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなた自身が、精神的にまいっちゃうし、そういう・・

相談者:
既に参ってます。

塩谷崇之:
ね、そうですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、あなたが参ってしまうと、周りにいる人も参ってしまいますから。

相談者:
はい

塩谷崇之:
柔軟さっていうのは必要なんじゃないかなと思います。

相談者:
ただ、今、先生がね?

塩谷崇之:
はい

相談者:
わたしに、おっしゃって、くださった・・話を・・姉にも聞かせてやりたいです。

塩谷崇之:
あ(苦笑)そうですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん

相談者:
でも・・あの、聞いて、頂いただけで、気持ちが、少しは楽になりました。

塩谷崇之:
あ、そうですか。

相談者:
はい。ありがとうございました。

(再びパーソナリティ)


基本の相続。上から目線の姉と出張る義兄 vs 子どもの頃から確執を引きずる女61歳」への1件のフィードバック

コメントはお気軽にどうぞ