我慢して上手くいっていた人間関係。姑舅と別れて暮らしたいホントのワケ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、どうも、こんにちはあ

相談者:
こんにちは、どうぞよろしくお願いします

マドモアゼル愛:
はい、こちらこそよろしくどうぞ
んん、なんて言ったらいいのかな・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
同居っていう・・それなりの覚悟が必要な、あの、ケースだったわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ねえ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、あなたにとってもいい面が絶対あったはずなんだよね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そいでえ、子どもはだからお爺ちゃん、お婆ちゃんと離れたくないんじゃないの?本当のところは。

相談者:
や、もお、かなりなついてるのでえ・・

マドモアゼル愛:
うん、だから離れるたくは・・

相談者:
離れるということは、ない、と思います。◆#$%の中では。はい。

マドモアゼル愛:
ないわけだよね?だからね?

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そいで、あなたの中に、そのお、お爺ちゃんと・・や、お婆ちゃんと、(苦笑)子どもたちがストレスなく遊んでる姿にい、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱ、孤独感というか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、なんか、仲間ハズレにされたような・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ことがあるんじゃないの?、気持ちの上で。

相談者:
はい、ありますね・・

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
原因がそれなんじゃないの?意外と。別れたいっていう。

相談者:
・・
んんーーー・・

マドモアゼル愛:
ま、分かんないけれども、

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
おっきな、要素であるような気がすんのよね、なんとなく話を聞いててね?

相談者:
うん・・

マドモアゼル愛:
だから、あのお、自分の、性格の問題を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
感じちゃうんだよね、そのケースを見て。

相談者:
・・ああ・・

マドモアゼル愛:
うん、なんか人とお、んん、なんて言ったらいいのかな、苦手なところに、飛び込めないとか。

相談者:
んん

マドモアゼル愛:
何か、素直になんなきゃいけないところで、なにか意地を張っちゃうとか。

相談者:
はい、はい、はい

マドモアゼル愛:
そこら辺を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたの、えー、僕は別にあなたに問題があるとは言ってんじゃないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ご自身が感じてる、自分の、克服できてない性格を刺激されるんじゃないの?今の生活は。

相談者:
はい、されてますね。

マドモアゼル愛:
そんな気がすんだよね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうなると、話がややこしくなるんだよね。

相談者:
う、そお、ですね・・

マドモアゼル愛:
うん
そこら辺を、どうスッキリさせたいかな?、と思う・・そこら辺が、なんて言うの、皆んなの立場からで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
この、話が、進まないと、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
結局はなんか、つまらない・・結末に至っちゃうような気がすんのよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから・・僕は別れた方がいいと思うんです、実は。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも、それは置いといて。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
エブリバディ・ハッピー。
これだったら納得できるっていうような、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
解決を目指してもらいたいというのが、まず一番最初に感じたことなんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで気になったのは、あなたの、性格的な、一つの、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あの、ん、あの、負い目っていうかね、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それが、きっと苦しめていたんだなっていう・・子どもに、お婆ちゃんやお爺ちゃんに、取られてしまう、なついてしまうっていうことに対して・・なんか、あったような気がしたのでね?

相談者:
うん・・

マドモアゼル愛:
あのお、そこら辺も、ちょっと・・逆に感謝が、出てくれば、あなた自身も救われると思うしね?気持ちの上でね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん
ちょっと、そこら辺踏まえて、ちょっと加藤先生に、僕、も1回、聞いてみたいな思います。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
はい、はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお、

相談者:
はい

加藤諦三:
僕もお、愛先生と同じように、別れた方がいいと思うんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたがその、マドモアゼル愛先生が言われた、その性格的な、弱点、ってのは、自分のこと、どう評価してる?

相談者:
・・そおですね、なんか、素直になれないというか、ここで、感謝すべきだ、とかあ・・素直に受け留めるべきだっていう場面で、どうしても・・素直になれない、というか・・

加藤諦三:
うん・・

相談者:
っていうのが、あ・・ります。

加藤諦三:
なるほどね
ということは、

相談者:
はい

加藤諦三:
結構今まで我慢してるのね?

相談者:
・・すごく我慢はしてる・・してますね。

加藤諦三:
してますよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、先ほどお、そのお、夫婦関係は上手く行っていると。このことを除いてね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、夫婦関係を・・ばかりでなく、

相談者:
はい

加藤諦三:
すべての関係において、我慢してんじゃない?、我慢していたんじゃない?今まで。

相談者:
はい、そおですね

加藤諦三:
そおするねえ

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、人間の気持ち、ここまで来ると、努力でどうこうできるって問題じゃないですよね?気持ちの問題っていうのは。

相談者:
・・っそお、ですね、努力しようと思った時期が過ぎてしまったような気がします。

加藤諦三:
うん
あの、努力は自分の性格に合った方向での努力だったら、

相談者:
はい

加藤諦三:
どんどん頑張れるんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の性格に、根ざさない、方向での努力っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どんどんと、問題を作ってっちゃうんですよね。
心の中に。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その心の中に、作った問題が、外からは見えないんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
人間関係に現れてくるわけですよ。

相談者:
はい・・

加藤諦三:
だから、この生活の形態を、変えるということです。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、そこら辺のところをご主人に、

相談者:
はい

加藤諦三:
説明・・できる?

相談者:
(深呼吸)

加藤諦三:
「実はわたしはね」

相談者:
はい

加藤諦三:
「人間関係でずっと我慢してきたんだ」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、「自分が我慢することは人間関係を上手く、行かす」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
「そういう方向でずっと来た」

相談者:
はい

加藤諦三:
で、「今まではそれが上手くいっていた」

相談者:
はい

加藤諦三:
「だけど、もう、それが限界に来てしまいました」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・
それと、あなたがやっぱり、今までは、この我慢、ということで、人間関係が上手くいってた・・わけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、常に、あなたの、周りの環境っていうのは変わっていくわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
独身だったのが、結婚して、子どもが出来て

相談者:
はい

加藤諦三:
お爺ちゃん、お婆ちゃんが出来てっていう

相談者:
はい

加藤諦三:
肉体的にも、社会的にも、どんどん変わっていくわけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、今まで上手くいっていたことっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
次の時代に必ずしも上手く行くことじゃないんですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
どうでしょうか?

相談者:
分かりました・・

加藤諦三:
今が、

相談者:
はい

加藤諦三:
変える時期じゃないか?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
すべてのことには、時があります。
今まで上手く行っていた方向を再検討する。そういうときもあります。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。