中3の娘「お兄ちゃん(高3)に太もも触られた」3年前はスルー。今回どうしたら?


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、ども、はい、どもこんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい、よろしくどうぞ。

相談者:
お願い致します。

マドモアゼル愛:
今回の話の基本には、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま・・男の子が段々ほら・・体も大きくなって来て、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
男として成長して行く、中で、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お父さんになれないわけだよね?お母さんはやっぱりね?それは・・

相談者:
そうですそうです。それはとても・・

マドモアゼル愛:
当然だよね?

相談者:
とても感じています、はい

マドモアゼル愛:
うーん。そこに凄い不安がある・・ことがね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・問題が、ま、ちょっと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
大きくう、必要以上に思われちゃうかな?と思ってんのね。

相談者:
あーはい

マドモアゼル愛:
例えば・・僕ね、思うんだけど、やっぱり・・父親不在、これは離婚は、これは仕方ない問題として、

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
彼としては、男、自分1人なんだよね?

相談者:
そうですね、はい

マドモアゼル愛:
それで男の見本が、この家にはないわけよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから変な事やったら・・親父に殴られるかもしれない、ぐらいの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ものが、あればね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自然に、そういう、性的なものも含む、秩序っていうのは、僕、生まれて来るような気はするんだけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱりこれは・・ハッキリ、
だから、「お前何やってんだ」っていう態度は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり、基本的に一貫して、お母さんは、父親になったつもりで?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ハッキリやっぱり、それはさせておくと。

相談者:
あ、はい・・

マドモアゼル愛:
はい、はい

相談者:
分かりました、はい

マドモアゼル愛:
その上で、何事もなく・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これまで通りに・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
暮らすっていう事は、ま、一番基本のスタンスかな?って気はするんですよね。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
はい、それでその際に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
妹さんと、お兄ちゃんの関係が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ギクシャク・・その後してんのかしら?、どうなのかしら?、そこが結構、じゅう、ポイントになるんだけれども。

相談者:
あ、特にないです。

マドモアゼル愛:
じゃ、割と・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
妹さんも、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
不自然な・・出来事の中でも、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、一応、自然に対応しているって事だよね?

相談者:
あ・・そうですね、結構楽天的な・・

マドモアゼル愛:
ね。

相談者:
とこがあるので・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい、そうです。はい

マドモアゼル愛:
やっぱり、そこで・・その、その重要性がね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
この問題の重要性が、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
見えるような気がするんですよ。
普通はね、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いくら性的、に・・その強く感じる年代で?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それで発散するものがないと言ったって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
普通はね、妹にね・・そういうものが向けられるって事はまずないのよね。

相談者:
ないですよね、はい

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
しかし、現代ってのは、ちょっと変な時代で、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
わたくしも読んだ事ないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう、えー何だ?アニメとか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それからあのお・・物語とか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、ま、そういうような、ざ、雑誌とかね?

相談者:
はい・・はい

マドモアゼル愛:
そういう物がある、らしいんですよ、やっぱ。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
うん、うん。そういう物を見て、これが・・もしかしたら一般的にあってもおかしくないぐらいの、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
錯覚に陥ってる事もあるのよね。

相談者:
・・ああ

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
高校3年生、でも、有り得ます?・・

マドモアゼル愛:
いやあ、まあ、ま、ないとは思うけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その延長にある可能性はあるよね。

相談者:
あー、じゃ・・

マドモアゼル愛:
だから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
近親相姦とかいう、おっきな事ではなくて、

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
そこの垣根が結構・・意識の上で、この、ん、なくなってる可能性はあるのよね。

相談者:
あー・・なるほど・・

マドモアゼル愛:
その時・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり誰かがハッキリ「何やってんの?お前」と。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いう・・結構、何ていうの?、ハッキリした態度。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ていうのは、1回、どっか、バーンとぶつけといた方がいいよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そしたら・・ハッと目が覚めるから、やっぱり。

相談者:
あ、そうですか。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、ま、お母さんはお母さんで、ちょっと・・用心して見て、いなくちゃいけないんだけども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
物理的には今、離れてる部屋にいるわけよね?まず。

相談者:
狭い、アパートなので、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そんなに距離はないです。

マドモアゼル愛:
あ、ホント。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも、妹は、もし・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
万が一なんか・・そういう、これ以上の事があったら、大きい声出すとか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、「何やってんだ」ぐらいの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ことを言う・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
感じはあるよね?

相談者:
もちろんあります。

マドモアゼル愛:
あるよね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
だから・・それはもう、そういう風に任せて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それお母さんからも「お前何やってんだ」と、「冗談じゃないよ」と。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「普通、妹になんかそんな事やらないんだよ」と。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いうー・・ことをやっぱ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
1回、お、お父さんになったつもりで?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・ガンと、教えんのがいいと思いますよ、僕。

相談者:
はい、分かりました。

マドモアゼル愛:
それで、あ、母親もそう思ってんだと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いう、ことで、明るくそうやって、思い切ってえ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
男性的に対処しちゃった方が、僕はいいような・・気がしますね。

相談者:
あ、もう父親になり切ったような・・

マドモアゼル愛:
うん、なり切って下さい、ここは。

相談者:
はい・・はい、分かりました。

マドモアゼル愛:
ね?、その負い目がお母さんにはあったと思うの。やっぱり。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うーん、だから・・ん、その、長男に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どう、対応していいか分からないっていう、なんか、一種の一つの負い目だよね、やっぱりね。

相談者:
ありますね、はい

マドモアゼル愛:
が、お母さんを苦しめてたような気がする・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その・・あれがあるから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
意外と・・大した問題でない可能性も・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
実はあ、あの、あると思うね。

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ありがとうございます・・

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ただ、ハッキリ言わなくちゃいけないよね?やっぱりこれは。

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
お母さんには、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、離婚した事で、男がこの家に居ないっていう負い目がまずあったわけよね?

相談者:
はい、あります。

マドモアゼル愛:
そいで・・え、どこかで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
長男に対して・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その役割を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どこかで、あの、期待してた面が、僕、あるような気がすんですよね?やっぱりね。

相談者:
あ、はい、はい

マドモアゼル愛:
そいで・・それが、長男を・・敏感にやっぱり、キャッチしますから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
長男が間違った男を助長した面が、お母さんの弱さにあったような気がすんのね、やっぱりね。

相談者:
あーなるほど、はい

マドモアゼル愛:
それを指摘できんのはお母さんだけなんです。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「お前は男として、それじゃ間違っている」っていう視点で、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
叱ってもらいたいの。

相談者:
・・あ、は、分かりま、はい

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうすっと、効きますよ。これは。

相談者:
あ、分かりました、はい

マドモアゼル愛:
ていうか
「妹にはこんな事するもんじゃないんだよ」と。それ・・

相談者:
ああ、分か、はい

マドモアゼル愛:
それで、妹がいる時にも・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「お兄ちゃんが変な事やったら、お母さんにすぐ言うんだよ」というような事・・ぐらいの認識を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
3人で共有しておくっていう事が大事だって気がします。僕。

相談者:
あーなるほど、はい

マドモアゼル愛:
うん、そいで・・

相談者:
3人でですね、はい

マドモアゼル愛:
そうです、いる前で。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・1つの、心理的仕切りを作っておけば・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あとは・・またいつも、か、ま、元のように・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
みんなで仲良く暮らすと。

相談者:
・・あ・・

マドモアゼル愛:
いうこと。そいで・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なあ、なんていうのかね・・やっぱ、そういう、漫画とか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
アニメとか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
で、誤解してるから教えなくちゃいけない、ときが、あんのかもしれないね、今の子ってね。そういう・・

相談者:
そうですね、はい

マドモアゼル愛:
うん、ことをね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい、あのお、それで僕はあ・・特に心配ないっていう風に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、思うんですけれどもね。

相談者:
あーありがとうございます。

マドモアゼル愛:
うん、そのぐらいの・・

相談者:
ちょと、ちょっと軽くなりました。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい、ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
そのぐらいの事が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
1回、2回・・ぐらいあって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その後その・・以上に発展が、なんか、ないとか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
も、妹が恐怖感持つとか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
しきりに、きゃ、壁をお兄ちゃんと作ろうとするとかっていう事でなければね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・んー、ま・・そんなに・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん。ただお母さんが負い目を持ってたんで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、あと2人のために、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま・・これまでと違った意味でね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
みんなで、3人でご飯食べに行くとか。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
何か、あのお、そういう、時間を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
え、持つようにして、ま、子ども達が来てくれるかどうか(苦笑)・・まだ分かんないけれどもね。

相談者:
あ、はい(苦笑)

マドモアゼル愛:
なんかそんな事で、心理的なわだかまりを・・解消すると・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いう事で・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
問題ないんじゃないかな?と僕は気がすんだけどね。

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
ただ、ま、心理的に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
色んなケースがあるでしょうから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
加藤先生にもう1回、あの、尋ねてみたいなと思います。

相談者:
はい、#$%◆

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
え、あの今、マドモアゼル、愛先生の、指摘された事、すっごく大切で、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに・・離婚は全然問題がないんですよ。離婚・・したのがどうのこうのって事じゃなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
ただ、この家庭の中で、男の役割を、

相談者:
はい

加藤諦三:
教える人がいない・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたが、父親の役割も、

相談者:
はい

加藤諦三:
それは、あのお、難しいところはありますけれどもね。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・負い目を持つ必要なく、

相談者:
はい

加藤諦三:
役割を・・果たすと。

相談者:
はい

加藤諦三:
それから、最も大切なのは、この男の子に・・好きな事を見つけさせる事ですよね。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
やりがい・・とか、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、生きている意味とか、

相談者:
はい

加藤諦三:
生活の張りとか、そういう事がないと・・性的衝動っていうのは、肥大化しちゃうんですよ。

相談者:
あーそうなんですか。

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい

加藤諦三:
ですから、そういうものがあると、非常に、し、自然なノーマルな形の、性的衝動なんですけどね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ところがなんかホントに自分がしたい事がなくて、生活に・・意味を見失ってる時なんていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
元々性的衝動が強い高校3年・・高校3年の頃っていうのは強いですから。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・その時期に、なんかこう、生き甲斐を見つけてない・・人っていうのは、どうしても性的衝動は肥大化しちゃってるんですよね。

相談者:
あー、衝動?

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい

加藤諦三:
ですからあんまり・・期待しないで・・好きな事を・・

相談者:
はい、やらせ・・

加藤諦三:
させてあげるってのは、いいと思いますね。
じゃ、くれっぐれも・・

相談者:
はい

加藤諦三:
負い目は、持たないで下さいね。

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
負い目持っていい事、ないですから。

相談者:
ありがとうございます、はい

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
実存的欲求不満のもとで、衝動は肥大化します。

スポンサードリンク



「中3の娘「お兄ちゃん(高3)に太もも触られた」3年前はスルー。今回どうしたら?」への2件のフィードバック

  1. 管理人さんのツイートへ、当然下着にもいってるでしょうね、家族が気付いてないだけで、寝てて気付いてないだけで日常的に触ってるのかもしれないし。

    高3男子の妄想は無限大ですw

    ここはお母さん、父親役は難しいだろうから、柴田理恵になったつもりで一発ガツンといっときましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。