嫁ぐ女が身上書を出せと言われて。変なカレ母が育てた息子たちのマトモな反応


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、どうも、はい、こんにちは

相談者:
あ、こんにちは

マドモアゼル愛:
(咳払い)はい、よろしくどうぞ。
まずね・・その、お母さんがなんでそうなったのか?、っていうのよく分からない、けれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お兄さんは、平気で出て行っちゃってるわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
まず最初にやっぱり長男に行くよね?だって、普通は。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
子、子、子離れしないような気持ちは、長男に向かうじゃない?まず。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
でも長男は・・特にマザコンであったかどうか分からないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、平気で、その、網の目を潜ってえ・・抜けちゃってる、そいでお嫁さんも・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお・・ま、「こういう難しいお母さんだから」ちゅって気を使って、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今・・適正な距離を・・持っていられるわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから・・今あなたが付き合っている彼自身も・・変な事されたら激怒して・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自然な反応じゃない?

相談者:
はい。そうですね。

マドモアゼル愛:
ね?・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
要するに、母と・・子の関係において・・母がおかしい割には、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
子は自然な対応取れてんのよ、2人とも。

相談者:
あーなるほど。

マドモアゼル愛:
ね?、だから、このお母さんっていうのは、も、それだけで・・変な人だけどもそんなに悪い人じゃないなって気がすんのよ。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ふうーん

マドモアゼル愛:
うん。ま、何か社会に起こってるとか・・何か自分が上手く行かないとかっていう事はあるんだとは思うけれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分の子ども犠牲にして、自分が生き延びようとかっていうタイプとはちょっと違うんじゃないの?やっぱり。

相談者:
・・うん

マドモアゼル愛:
1人でなんかあ、孤高の人で・・生きて行く、覚悟も、もしかしたら、あるんじゃないの?、お金も、あるんじゃない?だからきっと。

相談者:
お金は「ある」って言ってま・・

マドモアゼル愛:
ね、それで・・それを信用してんだから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あとは、もう・・変に仲良くされて?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
変に、近づかれて?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ていう方が・・複雑になっちゃうんじゃないの?気持ちが。

相談者:
あーあーそしたらもう・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
距離を置くっていう方向で・・いいんですか?

マドモアゼル愛:
うん、距離を置くっていうよりも、自然な距離を置くっていう事だと思う。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
そいで、そこの距離の置き方ですが、こういう事なんです。
息子さんは、一緒に住んでるわけじゃない?・・今。

相談者:
あ、はい今は、はい

マドモアゼル愛:
ね?物理的に距離、近いじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいでいて・・あなたと、恋愛をして・・結婚まで自分の力で決めたわけだから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本当のマザコンではないよね?絶対ね?

相談者:
あーそうですね。

マドモアゼル愛:
うん違うね。
そいで、母との距離。母は変な人だからっていう、もう・・暗黙の・・自分の・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
いー、えー・・母親像を・・これで悲しいとかなんか言わなくて、正直に持ってるわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・変な事された時は、えーなんだっけね?、その「身上書を出せ」って言ったの?身の上書っていうの?

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
を「出せ」って言われた時・・激怒したわけじゃない?

柴田理恵:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、し、極めて・・自然な反応じゃない?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
ね?、だから・・これが、距離なのよ。

相談者:
うんー

マドモアゼル愛:
普通に・・別に何もない時は・・居ても・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
変な事されたら距離をちょっと空ける。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
物凄く変な事されたら、更に怒って空ける。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
これが出来てるから・・あなたもそれでいいんじゃないの?

相談者:
あー、なるほど。

マドモアゼル愛:
うん。
だから・・

相談者:
#$%◆

マドモアゼル愛:
孫が産まれたら当然お知らせする。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
孫の顔を見せる、当たり前だよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
で、お母さんが「来たい」って言うんだったら、「どうぞ」と呼ぶ。
でもその中で、ちょっと異様な事とか、あまりにも変な事が起きたら、距離を空けて行く。

相談者:
あーなるほ・・

マドモアゼル愛:
という事で、このお母さんも・・そんーなに、何ていうの?・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
逃げる者を追うような、そういうタイプのもの、人の・・あのお、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
自分の幸せのために・・ひ、人を必要とする人じゃない気がすんのよ。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
も、むしろ・・自分が狙われる事を恐れてるから「身上書を出せ」って言ってんのよ、この人。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
うん。その・・致命的に変な人では(苦笑)ないような気が、する。

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
ただ自分を守る事で精一杯だっていう面はあるかもしれないね。

相談者:
あーあ、なるほど。

マドモアゼル愛:
うーん、うーん

相談者:
これ、結婚ん、まで、辿り着くう、のに・・ま、身上書出すんですけど、

マドモアゼル愛:
うん・・うん

相談者:
そしたら、会ってくれるん、ですかねえ?

マドモアゼル愛:
いやあ、会ってくれる、くれないは向こうの判断でえ、これ良くて。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼が分かってくれてるから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あの、お母さん会ってくれなければ会ってくれないで、彼が何か文句言うでしょうし。

相談者:
あーなるほど。

マドモアゼル愛:
うーん、それでしん・・

相談者:
それでこちらは、あくまでも自然な対応をして行く・・

マドモアゼル愛:
うん、然な対応を通すべきだと思う。

相談者:
ていう事ですね?

マドモアゼル愛:
それで、多少はもう・・あの、面白いじゃない、身上書に・・あの、石油王ですとかってデタラメ書いて・・そういうわけにいけないけれども。

相談者:
(笑)

柴田理恵:
アハハ(笑)

マドモアゼル愛:
あのお、ま、いい事だけ書いときゃいいじゃないの?

相談者:
あー、なるほど。

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
うん、ね、65歳、まあ、まだ若いからまだ大変だよね?でもね、これからね。

相談者:
そうですね(苦笑)・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
これから、まだまだ・・

マドモアゼル愛:
だか、長い付き合いに、ね?、なると思うから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どういう人か?っていう事を、その、あなたが言う「距離」っていうのはやっぱり確かに、大事だと思う。そこを上手く、自然に取って行くっていう事だけを心掛けて・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こういうのがいい関係だなんて決めないで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
常に今の距離はこれだけ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
出来るんじゃないの?

相談者:
・・分かりました。

マドモアゼル愛:
ね?あの、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分に自信持って・・いいんじゃないかな?、色んなとこに気い使って・・それぞれの・・彼との距離、自分の・・ご両親との距離。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お兄さんの、お嫁さんとの話の中でも・・それなりに、常にあなた考えてるから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお・・もうちょっと自信持って・・大した問題じゃないって思うぐらいで・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
対処したらどうかな?

相談者:
・・分かりました。

マドモアゼル愛:
ね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その大した事じゃない問題で・・つまらなく大きくして、結婚に支障が出るとか・・ていう事を避けていただきたいなと思います。

相談者:
あー、そうですね。

マドモアゼル愛:
うん。ね、柴田先生にもう一回伺ってみます。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
はい。や、わたしもそう思いますよ。

相談者:
はい

柴田理恵:
あのね、もし、お母さんが、

相談者:
はい

柴田理恵:
また変な事で、怒って来て、たりしたら・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの・・気楽に、「あーあ、そうでしたか、ごめんなさいね」って言ってもうそれで、距離取ればいいだけの話で、気楽に考えても、ホントに。

相談者:
はい、そうですね。

柴田理恵:
うん、もうちょっと言うなら・・

相談者:
うん、気楽に、あまり、考え過ぎない・・

柴田理恵:
そ。

相談者:
はい

柴田理恵:
考え過ぎちゃダメですよ。

相談者:
自然な、対応で、はい

柴田理恵:
それとあと、結婚すると大体旦那さんは・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、奥さんの・・ご両親のところにねーえ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
行きたがるからねーえ・・

相談者:
あ・・

柴田理恵:
だから・・

相談者:
ホントですか?

柴田理恵:
ホントに・・そういうもんですよ。だから・・

相談者:
あは(苦笑)、そう、でも、うちの両親の事大好きなので、彼は。

柴田理恵:
でしょう?

相談者:
んふふ(苦笑)はい

柴田理恵:
ハハハ(笑)

相談者:
ンフ(笑)

柴田理恵:
良かったねえ(笑)

相談者:
はい。ンフフ(笑)

柴田理恵:
そうなんですよ、そうすっと向こうのお母さん1人っきりになって寂しいから・・

相談者:
あーあー

柴田理恵:
可哀想だなあって思った時には、「お母さん」って、言ってあげると・・

相談者:
はい

柴田理恵:
「結構です」って言われりゃ、もうそれで、「あらーあ、そうですか」だしい・・

相談者:
はい。ンフフ(笑)

柴田理恵:
「あらじゃあ、いいわよ」って言ったら・・あ、ちょっと寂しくなったのかなーって・・

相談者:
うん、うん、うん、うん

柴田理恵:
そういう風に・・思ってあげればいいので。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
分かりました。

柴田理恵:
はい

相談者:
ンフフ(笑)

柴田理恵:
気楽に考えて下さい。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん。旦那さんをちゃんと育ててくれたお母さんなんだから。

相談者:
そうですよね。

柴田理恵:
フフフ(笑)

相談者:
ンフ(笑)

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
分かりました、ありがとうございます。

柴田理恵:
はい、はーい

相談者:
はい

柴田理恵:
失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼します。

柴田理恵:
はい、はい


スポンサードリンク



「嫁ぐ女が身上書を出せと言われて。変なカレ母が育てた息子たちのマトモな反応」への6件のフィードバック

  1. 身上書出せって言っちゃいけないのですか?
    20年前夫側が持ってきたのでうちもって出したけど、そういうものなんだなぁって
    最初に出せって言われたらムカつくのか?
    別にいいじゃない身上書ぐらい出しておやりよ〜〜
    どうせいつかわかることばかり書くわけだし
    別に激怒することかね?息子さんよ?
    結婚するのは決まった上での紹介状じゃない?

    もしかして私随分と年重ねちゃった?

    私も子供に言って激怒されんの?

  2. 自由恋愛からの結婚が普通になったり、同和教育があるから、身上書イコールタブーとイメージされるのかな。

  3. 小室親子と真逆で割としっかりしたところかとは思ったが・・・「結婚する前は両目を開き、結婚したあとは片目を潰れ」とも言うので、身上書云々でモヤるなら一度考えなおした方が良いかも?

  4. 身上書
    内容に違和感あるなら、親反対するのですか?

    私ならわざと、反対されるように書いて、
    その親の本心をみたいですね。

    また
    あなたたちも身上書だして、反対されたら 
    嫌な気持ちになりません?(反対される様な家ではないとか・・・)

    親が結婚相手を紹介したらいいですよ。

  5. 自分は相談者に賛同します
    身上書?くださいというのはアウトかなぁ
    あからさまに疑ってまっせって
    言ったら最後、その問題はなくても別の問題になるけれど
    他人に請求するなら
    御自身も提示しないとね
    ともなれば如何に身上書の類が不愉快なことか
    子供ができればいかようにも仕返し・・
    だから皆、慎重に言葉を選んで探り探り距離を詰めていくわけですが
    思ったことを口に出してしまう例の人種なんでしょうね
    それよりも、貴女のご亭主の方にひっかかります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。