「私達が立派すぎるから」パチンコに負けて酔った息子に頬をぶたれた母


スポンサードリンク

(回答者に交代)

田中ウルヴェ京:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは

田中ウルヴェ京:
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

田中ウルヴェ京:
えーっとお・・息子さんは何故振るうと思いますか?

相談者:
だから・・それがわたくしに全く分からないんです。普段とっても優しい子だし、お酒飲まないとね?
何でもわたしに、協力してくれるし。

田中ウルヴェ京:
じゃ、ちょっと質問変えますね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
息子さんにとってのストレスは何だと思いますか?

相談者:
・・わたくしと、主人の、存在だと思います。

田中ウルヴェ京:
なるほど、それは何故でしょう?

相談者:
あの、わたし達が、あまりにも・・彼から見て立派過ぎるからだと思います。

田中ウルヴェ京:
・・彼から、息子さんから見て、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
お父さまお母さまが立派過ぎる?

相談者:
はい。彼にとって、わたした、わたしと・・主人が・・凄く、重圧を・・感じてると思います。

田中ウルヴェ京:
あ、なるほど。

相談者:
わたし達が立派で・・

田中ウルヴェ京:
えっと、誰が重圧を掛けてるんですか?

相談者:
掛けてるつもりは全くないんですが、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
彼が、そういう風に取ってると思います。

田中ウルヴェ京:
んなるほど。では、えっと、お父さまお母さまはもちろん重圧を掛けてるつもりはないのだが・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
息子さんは、重圧を・・感じてるのではないか?と・・あなたは・・母として思うと。

相談者:
思います。

田中ウルヴェ京:
はい。えー・・そうしますと・・あなた自身は・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
こうすれば良かったかな?とか、こう・・しなければ良かったかな?とかいう事はあるんですか?

相談者:
いいえ、全くないです。わたくしは必死になって息子のためにと思って、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
あの・・色んな事を、いろん、あのお・・息子のためにやりましたから、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
後悔は、ま・・ったくありません。

田中ウルヴェ京:
後悔は全くないと?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
必死でしたから、はい。

田中ウルヴェ京:
そうしますと・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ちょっと伺いたいのは・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
今の、こ、ご発言の・・中に、こ・・ま、内在している、感情について伺いたいんですけれど。

相談者:
感情ですか?はい

田中ウルヴェ京:
はい。
何について、怒ってらっしゃいますか?今。

相談者:
あの、ほとんどないんですけれども・・あの打(ぶ)たれた事が、生まれて初めて息子に手を上げられて頬っぺたを打たれたので、
あの、ビックリ、しまして。やだな、っていう風に思いましたけど、翌日になったらもうそれを許してます、わたくし。

田中ウルヴェ京:
・・うん

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの・・ぜひ、今日から息子さんのために・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あなた自身に、ちょっとやってもらいたい事があります。

相談者:
はい、ありがとうございます。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
やります、何でもやります。

田中ウルヴェ京:
はい、あの・・ちゃんと、怒ること。

相談者:
はあー

田中ウルヴェ京:
ちゃんと、落ち込むこと。

相談者:
へえー

田中ウルヴェ京:
そして、ちゃんと、嫌悪感を感じること。この、悪い感情3つを・・あの、出さなくていいんですよ?、人に出さなくていいです。

相談者:
自分が感じる。

田中ウルヴェ京:
はい、何故これをやって欲しいかというと、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
あの・・もちろん、息子さんの暴力は良くない事ですよ、良くないんですけれど、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
息子さんが、暴力を振るうまでになってしまう、その、経過を少し感じられるようになると思うんです。

相談者:
うーんー

田中ウルヴェ京:
あの・・何、何ていうのかな?、暴力はダメなんですけど。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
でも、ああ、人間って、そうならざるを得ない時あるよねとか。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
人間って弱い時あるよね、わたしだってこんだけ必死に頑張ってたけど、こういう時、あーいう時って・・そういえばあったわとか。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
あなた自身の・・ホントの素晴らしい能力の中に、ちゃんと悪い感情を上手くコントロールしていた・・経験ってお有りだと思うんですけど、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
コントロールし過ぎちゃうと、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
どれだけ怒ってた事があるとか、どれだけ寂しかった事があるっての・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
忘れちゃうんですよね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なので、あの、ちゃんとその、わ、人間の悪い感情っていうのも・・そりゃ、あるけど何とかするみたいな、ご経験があったと思うので、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
まずご自身でその、人間の弱い部分っていう事、感じてみる、そんな、体感してみる。

相談者:
んーまーま・・

田中ウルヴェ京:
ちょっとその・・そんな風にご自身の、探求をしてみていただけますか?

相談者:
はあー

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
分かりました。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
はい、ありがとうございます。

田中ウルヴェ京:
はい。先生に1回お返ししますね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
すいません。

田中ウルヴェ京:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
もしもしい?

相談者:
はい、すいません。

今井通子:
お分かりいただけましたかあ?

相談者:
はい、ありがとうございます。

今井通子:
はい。あの、先程、息子さんが・・お酒を飲んでえ・・パチンコが入らない時に、

相談者:
はい

今井通子:
その、暴力?

相談者:
はい

今井通子:
お話、ありましたよね?

相談者:
はい

今井通子:
これと、あなたの感情とは、全くちょっと、別問題があると思いますので、

相談者:
はい、違いますね。

今井通子:
うん・・

相談者:
はい

今井通子:
息子さんが・・アルコール依存症なのか?

相談者:
たぶんそれだと思います。

今井通子:
もしくは・・

相談者:
はい

今井通子:
ギャンブル依存症なのか?

相談者:
あ、それでも、それもそうです・・もう何、20の◆#$・・

今井通子:
「そうです」ってあなたが・・診断出来ると思えないんですけど。

相談者:
#$%◆、はい

今井通子:
あの、息子さん、を・・一応ちゃんと専門医に診てもらう。

相談者:
・・はい

今井通子:
これだけはちゃんとやって下さい。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい。よろしくお願いしまーす。

相談者:
はい、色々と、いろ、ありがとうございました。

今井通子:
はい、どうもー、失礼しまーす。

相談者:
すいません。ありがとうございます。


スポンサードリンク



「「私達が立派すぎるから」パチンコに負けて酔った息子に頬をぶたれた母」への6件のフィードバック

  1. 娘無くして…残ったパチンコとアルコール依存症の息子
    80過ぎた夫婦辛すぎる
    もうヨロヨロしてるであろう母殴るなんて…涙出てくる
    病気ってすごいね
    早く依存症の治療しなきゃ

    依存症は精神論じゃ無く治療をすすめるとテレ相でもしっかりと方針を示してほしい

    今井先生言ってくれてよかった
    それにしても田中さーん
    読んでて虚しくなったのは私だけかな

  2. 息子さんよりお母さんに問題があるように感じました。

    お母さんの望むように生きられない40過ぎの息子さんの苦しみが伝わって来ました。

    相談者の話し方を聞くと、80代のおばあさんとは思えない威圧感を感じます。

    息子さんが通院して、母親の問題点に気が付き、現状から逃げることができれば変われそうな気がします。

  3. 田中ウェルベ京さん、いつも思うけど普通の人が分かるような回答できんのかな

  4. 回答者が田中のウルヴェてなった時点で、あー相談者かわいそうって思ってしまう。
    今井先生のときに彼女とは珍しい気がしますね
    田中メンタルトレーナーが教科書理論を展開していたところに、今井先生が現実的なエッセンスをいれてくれてよかった。

  5. 暫く、出演して無かったのに最近またウルヴェさんが出て来てる。
    放送聞く前の予告でウルヴェさんの名前見るだけで聞く気が失せちゃう。
    ネットや動画のコメントでもウルヴェさんが不評なのに局も何時まで使うのかなー。

  6. ↑さんの”教科書理論”に共感です
    ウル論はレポートテストは満点
    けれど皆???が正直じゃないでしょうか?
    お巡りさんの誘導尋問受けてるみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。