働かない息子に出て行けと言ったら妻が三行半。自分本位な男が最後に見せた涙


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちはあ、中川です。

相談者:
あ、こんにちは、よろしくお願いします。

中川潤:
息子さん、これ、お1人だけなんですね?

相談者:
・・そうです。

中川潤:
はい。42歳になられてて、

相談者:
ええ

中川潤:
ずっとそれまでフリーター、で。

相談者:
え、ええ

中川潤:
んで・・特段小学校、中学校、高校の時には・・問題、もなくて。

相談者:
はい

中川潤:
ほいで・・あなたが、そのお・・
「早いとこ」・・「きちんと働け」、「独り立ちしろ」って言って怒鳴りはじめ・・たのが・・

相談者:
うん

中川潤:
ここ3、4年前からの話で。

相談者:
ええ、そうです。

中川潤:
・・なんか物凄く・・不思議な親子関係だね?

相談者:
ああー

中川潤:
で今、ハッキリ言わしてもらうけどね。

相談者:
ええ

中川潤:
子どもって親のお・・鏡だよ?

相談者:
あ、はいはい、はい、はい、はい

中川潤:
うん。ま、あなたね?、さっき・・

相談者:
ええ

中川潤:
「仕事が忙しいから、子どもの事に関知しなかった」、「妻に任せっきりにしてた」と、

相談者:
ああ、ああ

中川潤:
おっしゃったけど。

相談者:
だと思います。ああ

中川潤:
で、それ以上に、あなたね・・子どもさんに全然関心無かったんじゃない?

相談者:
・・

中川潤:
ぶっちゃけ・・

相談者:
あーああ

中川潤:
あんたが作ったんですよ。

相談者:
ああ

中川潤:
今の息子さんを。

相談者:
・・ああ

中川潤:
で今の奥さんの、おそらくお気持ちとしては・・ハッキリ言ってあなたに愛想尽かしたんですよ。

相談者:
あーあ・・

中川潤:
ね?、ここまで子どもお、に・・関心を持たないで。あたし任せ・・にしといて。
ほいで、それで・・42になってこういう状態になってて・・

相談者:
ええ

中川潤:
それを突然3、4年前から怒鳴り始めて。

相談者:
あーあ

中川潤:
「出て行け」の、なんのって喚き始める。こんーな父親があるかよと・・

相談者:
・・あ

中川潤:
思って、あなたと袂(たもと)を分かとうとしてるんです。

相談者:
あーはい、はい、はい

中川潤:
はい。それで・・それを踏まえた上で、今度は奥さんの・・こっから、ま、純粋な法律論、ですけどね?

相談者:
ええ、ええ

中川潤:
奥さんが・・あの、別れたい。

相談者:
はい

中川潤:
で、ついては・・あー「家屋敷売って半分よこせ」っていう話ね?

相談者:
はい・・はい

中川潤:
・・これはね・・離婚に、伴って・・財産分与・・

相談者:
はい

中川潤:
というー・・決まりがありましてね?

相談者:
ええー

中川潤:
うん、で、ご夫婦共同で、あの、あなたがお仕事に、そんだけ没頭出来たのは、

相談者:
はい

中川潤:
家事・・それからこそ・・

相談者:
それは分かってます。

中川潤:
子育て含めて、

相談者:
ええ

中川潤:
奥さんの支え・・古風に言えば内助の功・・

相談者:
そうなんですよね。

中川潤:
があったればこそなんでありまして。

相談者:
ええ、そうです。

中川潤:
ええ。で、それは・・結婚してから築いた・・家屋敷であれば・・

相談者:
ええ

中川潤:
ご主人名義の物であってもですね?

相談者:
ええ

中川潤:
基本的には、半分は奥さんのもんやと・・

相談者:
あー

中川潤:
いうのが、今の、法律上の考え方です。

相談者:
あー

中川潤:
あの、運用・・ですけどね?、あの・・法律に半分の1とはうたってませんけども。
実際のあのお、財産分与の運用の実状は、基本もう2分の1で・・

相談者:
ああー

中川潤:
ルールっていう言葉があります。

相談者:
あー

中川潤:
余程、まあ、特殊な場合は別ですよ?

相談者:
あい、はいはい

中川潤:
その寄与の度合いが。

相談者:
ええ

中川潤:
だけど原則2分の1ルールっていうのがあるから。
奥さんが言ってる・・うー、ご主張っていうのは・・割と真っ当な話なんですよ。

相談者:
とわたしが・・「別れない」って・・言っても、あー、ダメなんですか?

中川潤:
いや、「別れない」つっても「別れる」って言いますわ。

相談者:
・・

中川潤:
財産分与っていうのは離婚に伴う財産清算ですから。

相談者:
ええ、ええ

中川潤:
ほいであなたが「別れない」って言って・・

相談者:
ええ

中川潤:
頑張れば・・

相談者:
ええ

中川潤:
あー、奥さん、子どもさん連れて出て行くでしょうから。
今度は婚姻費用の分担っていって、

相談者:
あー

中川潤:
ね?、そういう状態、になった、以上は・・

相談者:
ああー

中川潤:
奥さんの生活・・

相談者:
はい

中川潤:
についての、お、費用について分担義務・・

相談者:
ああ

中川潤:
婚姻費用を分担する・・

相談者:
分担?

中川潤:
婚姻費用の分担。

相談者:
・・死ぬまで?

中川潤:
え?

相談者:
#$%◆

中川潤:
いや別れ、別れるまで。

相談者:
・・あ、別れるまでですか?

中川潤:
はいな・・

相談者:
ああ

中川潤:
ほで、別れる時には財産分与で清算するっつう事です。

相談者:
あーあー

中川潤:
うーん・・という事なんですよお。

相談者:
「別れない」って言っても・・ダメなんですか?

中川潤:
いやだから・・

相談者:
こっちが。

中川潤:
わ、「別れない」とおっしゃれば、

相談者:
ええ

中川潤:
別れないかんは、別居でしょ?、奥さんどうせせて行くから。

相談者:
ああ、あ・・あ、は、は、は

中川潤:
はあ。で、別居すれば・・

相談者:
はい

中川潤:
奥さんの生活を支えて行くだけの、あなたの稼ぎに応じた・・

相談者:
あーあー

中川潤:
費用を、奥さんに、お支払いにならなきゃいけないと。

相談者:
あ、生活費を?

中川潤:
はいな

相談者:
あーあー

中川潤:
そういう事になりまーす。

相談者:
あーあー

中川潤:
分かります?

相談者:
あー、「出てくんなら勝手に出てけ」、「はい」みたい、ってそういうよ・・わけにゃ・・

中川潤:
あ・・当ったり前じゃない?、当ったり前じゃない、あなたあ・・

相談者:
ハ(苦笑)

中川潤:
今、ね?・・あのお、こうやってお話してて思うんだけどねえ?

相談者:
ああ

中川潤:
とってもねえ?・・

相談者:
はい

中川潤:
あの・・ごめんね?

相談者:
ええ

中川潤:
あのお、お話ぶり聞いてると、それから・・子どもさんとのお、ご対応とか。

相談者:
あーあー

中川潤:
奥様に対するお考え方聞いてると、

相談者:
あー

中川潤:
あなたってとっても自分本位な人ね?

相談者:
あーあー

中川潤:
そこまでハッキリおっしゃるっていうのも・・

相談者:
あっ

中川潤:
珍、珍しいと思うけど。

相談者:
あーあ

中川潤:
うーん

相談者:
・・ま、し・・もう、心配はし、してるんですけどね、子どもの事も・・カミさんの事もね。

中川潤:
なんでもっと早くに心配しないのよ?

相談者:
ん?・・(ため息)

中川潤:
ね、こっからはちょっとね、加藤先生に代わりますねえー。

相談者:
はい、はい

中川潤:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
正直なところ・・イライラしてるでしょ?

相談者:
・・してます。毎日。

加藤諦三:
さっき中川先生がね?・・息子さんの事を・・「原因はあなたですよ」って、おっしゃって、下さいました。

相談者:
あーあー

加藤諦三:
これは、まさに・・素晴らしい洞察で・・原因はすべてあなたですよ。

相談者:
あーや・・いや・・い、やっぱり、そ・・やっぱり、そうかなと・・思う点があります。

加藤諦三:
うん

相談者:
しやー(苦笑)・・言、言わないのに・・分かったんですね?・・言、言えない事が。

加藤諦三:
うん

相談者:
そうだ・・
(泣)

加藤諦三:
すっごい根は素直なんですよ。

相談者:
・・あー

加藤諦三:
優しいんだよあなた、根が。

相談者:
(泣)

加藤諦三:
色んな事を我慢してね?・・だけど我慢すれば我慢するほど心の中に怒りが溜まってたんです。

相談者:
ちょっとあ・・心を、入れ替えて・・

加藤諦三:
そう

相談者:
やってみます。

加藤諦三:
心を入れ替えるっていう事はね?・・自分に対する、自分の態度を変えるという事なんです。

相談者:
(鼻をすする)分かりました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい・・どうもありがとうございました。

加藤諦三:
自分に対する自分の態度を変えれば・・イライラ、怯えは無くなります。


スポンサードリンク



「働かない息子に出て行けと言ったら妻が三行半。自分本位な男が最後に見せた涙」への2件のフィードバック

  1. 久々にわかりやすいクソジジイでしたね

    それにしても引きこもり多いなぁ
    親より本人が不憫とおもう
    不労所得とかあればいいけど、普通の家庭で引きこもり本人の老後ってキツイ(生活保護もらえるのか)
    親は全然幸せ
    めんどくさい嫁やその親戚とかいないし、自分の孤独死無いし葬式の心配はなし
    そう思って諦めたらいい

  2. 酒癖が、ないはずがない。この父さん
    聞かずもがな、聞けば聞くほど非常識な過去がありそうです
    デリカシー、思いやりなど欠片もなく
    健康の不安も大きいのでは?
    ご近所からは、あそこんちの息子
    引きこもり?
    そりゃそうだ。でありましょうから
    身近な人に相談したらどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。