口では別れてもいいと言いながら実はストーカー66歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい、こんにちは。

相談者:
あ、恐れ入ります・・

塩谷崇之:
はい

相談者:
よろしくお願いしますう。

塩谷崇之:
はい・・ちょっとなんかよく分からないのはね?、う、最初に・・あの「内妻」という風におっしゃいましたよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
はい、その女性の事をね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、でも、え、じょ、その女性と一緒には、暮らしてないんですか?

相談者:
いや、あの、一緒にっていうか・・うーと、う、家(うち)が近くにあるもんで、

塩谷崇之:
・・うん

相談者:
行ったり来たりで、あのお、1ヵ月のうち、20日くらいはあ・・ま、泊まってますけどもね?

塩谷崇之:
あーあー泊まってる?

相談者:
はい

塩谷崇之:
でも感覚としては泊まってるっていう感覚なんですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん。それで?、彼女のところで、仕事をしてた?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ん、何の仕事をしてたんですか?

相談者:
農業です。

塩谷崇之:
農業?

相談者:
はい、リンゴとか、

塩谷崇之:
はい

相談者:
畑とか。

塩谷崇之:
ほ、ほう、ほう

相談者:
はい

塩谷崇之:
なるほど。それは彼女が持っている農園、なんですね?

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
で、特にお給料はもらわずに、

相談者:
はい

塩谷崇之:
手伝ってた?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ふうん、その間(かん)あなたは他の仕事っていうのはしてなかったんですか?

相談者:
やってました。

塩谷崇之:
あーあーなるほど。彼女はその、農業が・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
うー・・主たる仕事になるわけですね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうするとね?、えーと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたは自分の収入があって、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で彼女はその、農園、んで、えーま、採れた物を・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
売ったりして、えー・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
収入を得ていた。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えーと、それぞれの収入はそれぞれが管理して、

相談者:
お金は別々ですね。

塩谷崇之:
別々?

相談者:
はい

塩谷崇之:
家計は、な、一応じゃ、別々になってるって事でしょうかね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
周りの人たちはね、ご近所の人たちは・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのお・・

相談者:
みんな知ってます。

塩谷崇之:
結婚して・・いるという風に回りの人から思われてるわけじゃないんですね?

相談者:
ま、籍は入ってないっていうのはみんな知ってると思います。

塩谷崇之:
うん、ま、違う名字名乗ってるわけですもんね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ふうん。お子さんとの関係では?

相談者:
男の子3人です。

塩谷崇之:
その子ども達は、あなたの事をね?、お父さんだと、思ってるんですかね?

相談者:
いや、それは思ってないとは思う(苦笑)思います。

塩谷崇之:
じゃお隣りの・・

相談者:
あ、ただ・・

塩谷崇之:
親切なおじさんぐらいって感じですか?

相談者:
あのお・・手伝ってもらってるん、ていうぐらいしか思ってないと思います。

塩谷崇之:
あーあ、なるほど。
そうするとね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
何かお話伺ってる限りではねえ?

相談者:
はい

塩谷崇之:
これ、「内縁」という風に言えるのかどうか?、ちょっと、微妙な・・感じがするんですよね。

相談者:
ああ

塩谷崇之:
うん、まして、そのお・・ま、「結婚をしたい」というのに対して、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなたの方で、えー、ま、それは、断ったわけですよね?

相談者:
・・うん、ま、断ったっていうか、ま、お互いに・・ま、「まだ」、「籍入れなくてもいいんじゃないの」っていうくらいに、あの、ふ、2人で話、したような感じですからね、やっぱりね。

塩谷崇之:
うん、そ、そこお、なんですけども、まだ、「籍を入れなくてもいいなじゃないの」っていうのは、
「ゆくゆくは入籍しよう」という・・うーそういう、う、お付き合いだったんでしょうかね?

相談者:
はいあの、い、いつっては約束はしてなかったんですけども、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま、そういう、感じ、で、今まで来たような形なんですよね。

塩谷崇之:
ふうーん、なるほどね・・うん、まあの、内縁と言えるかどうかっていうのがね?ちょっと、んあー・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
微妙なのかな?っていうのが1つあるんですけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
仮にこれ「内縁」と言えたとしてもね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーと、あなたの、お財産と・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
彼女の財産ってこう分かれてるわけですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
これがね?、例えば普通の・・あ、夫婦のように、ま、籍が入ってなかったとしても・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
普通の夫婦とおんなじように、家計が一緒になっているとね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
これ別れる時に財産分与って話が出て来るう、と思うんですよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
だけども、今、伺ってる限りだと、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたはあなたの方の仕事があって、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それはあなたの、おー、収入として蓄えをしていて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
彼女は彼女の方の仕事があって・・え、彼女はそれを、ま、自分のしゅ、あ、自分の資産にしてると。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、あなたは彼女の仕事を手伝いに行っていると。

相談者:
年間200日はあの、計算すると働いてます。

塩谷崇之:
ふうーん、その彼女の指揮・・指揮命令のもとに働いてるっていう感じですか?

相談者:
ええ、あ、それはあの本人も納得してます。

塩谷崇之:
ふうーん

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこでなんかこう、いくらか、お給料、おー・・

相談者:
いやいやいや、それは全然もらってないです。

塩谷崇之:
うんいや、あ、その、「くれ」とかね?、そういう話は出なかったんですか?

相談者:
いや、あの、わたしは・・
「自分は自分で」あのお、「小遣いある、取れるから」・・「それは俺はいらないから」っていう・・別に今、あ、今、わたしは・・あの、本人から、金を取りたい・・とは思ってないんですけども、

塩谷崇之:
うん

相談者:
なんでこういう風にあの、あー、何ていうの?・・意味不明な事、ただ一方的に言われて、警察が来てどうのこう・・って、やつが、ちょっとわたしがもう、自分自身で、分かんなくなっちゃってるもんで・・

塩谷崇之:
気持ちの上で納得がいかないという事ですか?

相談者:
はい、2回だか、会ってるんですけども。

塩谷崇之:
うん

相談者:
その後に。

塩谷崇之:
うん

相談者:
「警察の方に」、ま、あのお、「全部お話してますから」、「警察の方にお話してますから」って一方的なんですよ。

塩谷崇之:
うーーーん、ま、警察にね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
相談に行くっていうのは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、よっぽどの事だと思うんですよね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー、家にいると・・暴力を振るわれて、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
危ないからとか。

相談者:
うん

塩谷崇之:
ま、暴力まで行かなくてもね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
お酒を飲んで・・言葉の暴力ですか?、かなり酷い事を言われて、も精神的に耐えられないというような事で・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
警察に相談を・・行ってるという・・うー可能性が1つ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
もう1つは・・彼女としてはもう別れたいというシグナルを何回も送っていて、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
「もう家に来ないで欲しい」と言ってるにも関わらず・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなたが、家に押しかけて来ると。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、一種のストーカーだと。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
そのストーカーの被害という事でね?、警察に相談に行ってるっていう可能性がもう1つ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
この2つぐらいしか考えられないんですよね?

相談者:
ま、多分、うーん2番目の方だと思いますよね。

塩谷崇之:
ね?、そっちなんでしょうね。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
2ヵ月前に突然「別れたい」と、警察からそういう風に・・
「本人がそう言ってる」という風に話されたという風に言うけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その前からね?、彼女の方は「もう、お付き合いは止めたい」と、「家に来ないで欲しい」っていう事を言、言ってたんじゃないですか?

相談者:
・・いや、それはないしろ、あの・・逆にわたしの方から、あの「別れたかったらどうぞ」わか・・「もう、あなた」あ、「のやってる、こと、仕事に対してはわたしはもう納得できないから、も」・・「もう手引かせて下さい」ってわたしの方から何回もそれは申し入れしてます。

塩谷崇之:
ん、だったらあなたは行かなければ済む事ですよね?

相談者:
・・・・いやあの、一応ほら、あの・・と、あのお、「どういう事なんだ?」っていう、も・・本人の口から、直接、ん聞きたかったもんで、

塩谷崇之:
うん

相談者:
あのお、本人の家(うち)にはあ、の、足運んでます。

塩谷崇之:
・・うん。結論から言うとね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
も、彼女は別れたいと思っていて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたも別れてもいいと思ってると。

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、そうだとすればね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
もう、あとはこれ、あのスッパリ別れて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それぞれの、人生を歩み始めれば、いいんじゃないですか?

相談者:
あーそうですか。

塩谷崇之:
・・うん。なんか、あの、わたしから見るとそういう風に見えるんですよね。

相談者:
あーそうですか。

塩谷崇之:
なんであなたがここで、なんか、こう、しがみ付いてるのか?・・愛情が・・

相談者:
あの、自分としてはやっぱりほらあ、あの、納得するような返事、本人からもらいたかったもんでね?

塩谷崇之:
うん。それで男女が別れるのにね?、納得の行く理由っていうのは、ん・・見つからないですよ。

相談者:
あーそうですか。

塩谷崇之:
もうやっぱり、「嫌んなった」と・・

相談者:
・・

塩谷崇之:
言うしかないですよね。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、15年間って長いですけれども。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、15年間のお付き合い・・

相談者:
・・

塩谷崇之:
が、終わったと。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
・・なんか申し訳ないですけれども・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それだけの事なんじゃないかなと・・

相談者:
あーそうですか。

塩谷崇之:
いう気がします。うん

相談者:
分かりました、じゃ・・

塩谷崇之:
はい

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
よろしいですか?あの、今、塩谷先生がね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
切々と、お話下さった通りで、

相談者:
ええ

加藤諦三:
あなた要するに「別れてもいいけど」って言いましたけど、別れてもいいけど別れたくないっていうのが本音でしょ?

相談者:
ああ

加藤諦三:
自分の気持ちが矛盾してるって事分かります?

相談者:
・・ま、それは分かりますね。

加藤諦三:
うん、だから納得する返事っていうのはあり得ないです。

相談者:
ああ

加藤諦三:
だから・・もうあり得ない事を要求してんです、納得する返事は・・

相談者:
ああ

加藤諦三:
ないです。

相談者:
・・ああ・・

加藤諦三:
・・つまりあなた、相手に喜んでもらおうとしてやってた事だけの話です。

相談者:
ああ・・はい

加藤諦三:
相手から見れば、好意でやってくれてると思ってるわけですよ。

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
だ、事実は1つなんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどあなたは、「タダ働きだ」って言ってるわけ。

相談者:
はい

加藤諦三:
恐らく・・彼女の方からすれば、好意でやってくれてるという事ですよ。

相談者:
ああ

加藤諦三:
塩谷先生が、「きっぱり別れた方がいい」って・・おっしゃいましたけど・・

相談者:
はい

加藤諦三:
僕もそう思います。

相談者:
はい

加藤諦三:
これで決心して下さい。

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、お世話様でした。ありがとうございます。

加藤諦三:
事実は1つです。しかし、事実の解釈はその人の数だけあります。


スポンサードリンク



「口では別れてもいいと言いながら実はストーカー66歳」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。