末期癌をセルフ診断。そして荒唐無稽な告訴に怯える女の返事と電話の切り方w


(回答者に交代)

大迫恵美子:
こんにちは

相談者:
こんにちは

大迫恵美子:
どうしてそんなに、ゴタゴタしちゃってるんでしょうね?

相談者:
ねえ、凄く仲が、もお悪くなっちゃって、もお・・

大迫恵美子:
あのお、その仲が悪くなってる理由がね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
もう一つよく分からないんですけどね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
えー、結局その、あなたが、まあ、今まで、娘さんから生活費として入れさせてたお金とかをね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、娘さん、の、ま、後々はそれ、入れさせてたけど、娘さんのために使おうと思って、

相談者:
うん

大迫恵美子:
別枠で取っといたってことでしょ?

相談者:
うんうんうん、うん

大迫恵美子:
で、ま、自分の、寿命がもう、もしかしたらと思ったので、

相談者:
うんうんうん

大迫恵美子:
えー、その、お金をちゃんと、本人に返して、

相談者:
うん、うん

大迫恵美子:
ま、返すときに、自分の、ま、ものも少し足して、

相談者:
うんうん

大迫恵美子:
大きくして、

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、「お母さん、もうちょっとダメかもしれないけど、あなたにね」って、

相談者:
うん

大迫恵美子:
言って渡したってことなんでしょ?

相談者:
うんうんうん

大迫恵美子:
ただそれだけですよね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
で、本当はね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
そこ・・あなたの、おー、膵臓がんじゃないんだっていうことが分かったときには、

相談者:
うん

大迫恵美子:
「あー、なんだ、そうだったのか、じゃ、返してね」っていうことでね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
普通は、その、親子なんだから(苦笑)、

相談者:
うん

大迫恵美子:
えー、済みそうな気がするんですけど、

相談者:
うん、それで

大迫恵美子:
ええ

相談者:
あ、あの、主人が言って、返してもらったんですけども、

大迫恵美子:
ええ

相談者:
その、やっぱり、気持ちの、問題で、たぶん、その、ゴミ箱の、ゴミ、になった、あ、破片を集めて、

大迫恵美子:
うん

相談者:
たぶん告訴するんじゃないかな?と思ってるんですけどね。
あの、迷惑、あ、慰謝料として。

大迫恵美子:
いや、あのね、その話はごちゃごちゃしてるのでね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
少し整理しなくちゃいけないんですけど。
ま、信書開披罪。

相談者:
うん

大迫恵美子:
それはあ、その信書は誰宛ての信書なんですか?
(◆#ちゃって)(笑)

相談者:
娘です

大迫恵美子:
娘さん宛てだったんですね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、それを、あなたが封を開けちゃったと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
いうことが怒られているわけでしょ?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それをね、どうして、あの、お婿さんの方が「告訴する」って言うの?

相談者:
・・

大迫恵美子:
あの、もし仮に、告訴するとしたら、それ出来るのは娘さんでしょ?

相談者:
ああ、はあ、はあ、はあ
じゃ、娘の名前で告訴してる、かもしれないです。

大迫恵美子:
・・
うん、あの、告訴はしてないと思いますけどね。

相談者:
あ、そうですかね

大迫恵美子:
ええ
告訴なんてそんな簡単には出来ないんですよ?

相談者:
あ、そうですか

大迫恵美子:
ええ
あのね、親告罪なんですよ。
ですから、告訴がないとね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
犯罪にはならないんですけどお、

相談者:
うん

大迫恵美子:
告訴ってね、あの、皆さんどう思ってるか?分かりませんけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
警察に「これ告訴状です」なんて持って行ったからね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
「はいはい」なんてことにならないんですよ?

相談者:
あ、そうですか?

大迫恵美子:
ええ

相談者:
それと、信書隠蔽(しんしょいんぺい)、いんしょう罪っていうか・・

大迫恵美子:
隠匿罪(いんとくざい)でしょ?

相談者:
うん

大迫恵美子:
だからそれはね、あの、みんなその、6ヶ月以下とかね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
10万円以下の罰金とかね

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、犯罪の中では軽い、犯罪に当たるわけなんですよ。

相談者:
うん

大迫恵美子:
で、これだけで告訴受けるってことは普通なくて、

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、このことが、あー、絡んでいるもっと大きな事件の入り口になるとかね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
むしろそういうときには、あの、受け付けてもらえますけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
そんな、

相談者:
これは、罰金、払わなきゃいけないんですか?

大迫恵美子:
(苦笑)だから、わたしの話、聞いてくださってる?
受け付けられてないと思いますよ?

相談者:
あ、そうですか?

大迫恵美子:
と思いますよ。

相談者:
ふうん、ふんふん

大迫恵美子:
そんな簡単なことじゃないんです。
告訴するってことはね?

相談者:
うんふんふん

大迫恵美子:
弁護士が一生懸命、告訴状書いて、持って行ってもね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
「先生、これ、証拠があるんですか?」
「こういうの足してくださいよ」みたいなこと言って、突き返されちゃうっていうことの方が圧倒的に多いんですから。

相談者:
ふうん
「これは成り立つ」とかって言ってたんですけどね。
うん・・

大迫恵美子:
いや、ま、成り立つかもしれないけど、成り立つことが全部ね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
警察沙汰になるというわけではないっていうことですよ。

相談者:
ふうん、ふんふんふん

大迫恵美子:
ね?

相談者:
うんふんふんふん

大迫恵美子:
で、どうしてそんなことになるか?の方が、むしろすごく気になって、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あの、お婿さんとはあんまり上手くいってないんですか?

相談者:
そお・・そう、そんな話、しないもんですからね。
あの、

大迫恵美子:
うん、なんとなくね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あの、あなたの、その、お婿さんを指す言葉づかいとかも、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あんまり仲が(苦笑)よくなさそうだなっていう、あの、言い方だなと思うんですけどね。

相談者:
うんうん

大迫恵美子:
で、そういうその、お、その、信書開披罪になるかどうか?が問題なんじゃなくて、

相談者:
うん

大迫恵美子:
いちいち、そういう、トラブルがあったときに

相談者:
うん

大迫恵美子:
告訴するとかね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
警察沙汰にするみたいなところまで話がいってしまう方に問題がありませんか?

相談者:
だからね、あたしが高齢で弱いから、う・・

大迫恵美子:
あ、とても気になったのはね?、

相談者:
うん

大迫恵美子:
その、さっきの、お金を渡したものについてね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
自分が寿命がないと思ったから

相談者:
うん

大迫恵美子:
慌てて娘さんに渡す、したわけですよね?

相談者:
うんうん

大迫恵美子:
それを、やっぱり、あなたとしては自分が急に亡くなった後、娘が何かあったときのためにね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
あの、残してあげたいっていう、母親としての気持ちなんだろうなって思ったのに、

相談者:
うん

大迫恵美子:
今度はその後、そのお金のことが気になって気になってしょうがなくなりましたよね?

相談者:
そうですそうです。
そう、そう、そう、そう。

大迫恵美子:
それも、なんか寝ても覚めても心配してね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
こっそり家に忍び込んで封筒開けてみたいなね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
そんな、ことをどうしてするのか?が、不思議なんですよ。

相談者:
うん

大迫恵美子:
で、わたしはね?、ま、あの、そういうあなたの、態度とか、その、娘さんとの親子関係にとても問題を感じますけどお、

相談者:
うん

大迫恵美子:
もう一つその(苦笑)思うのはね?
そういうあなたの態度を、見て、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あなたの性格とかを見てね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
あなたのこの、点が弱いと思われてるから、

相談者:
うん

大迫恵美子:
刑法の話なんかが出てきちゃうんですよね。

相談者:
ふうん、うんうんうん

大迫恵美子:
そこを突くとあなたすごくオロオロするって分かってるから

相談者:
うんうん

大迫恵美子:
ある種、(苦笑)苛められてるんですよ。

相談者:
うん

大迫恵美子:
ね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
で、確かにあなたビックリしちゃって、

相談者:
うん

大迫恵美子:
その、さっきの、あなたの言い方からするとね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
おそらく法律の条文かなんかを突きつけられたか?

相談者:
うん

大迫恵美子:
自分で調べたか?なさったでしょ?

相談者:
うん
そうです

大迫恵美子:
で、そういうところを突かれるとあなたがものすごく弱いってことが、

相談者:
うん

大迫恵美子:
もお、バレてるのでね(苦笑)

相談者:
うん

大迫恵美子:
そこをいじめられてると思うんですよ?

相談者:
うんうん

大迫恵美子:
そんなね、刑法のことを心配して電話してくるような、場面じゃないと思うんですよ?

相談者:
うんうん

大迫恵美子:
で、あなたの話は家庭内でね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
その、娘さんの名前の封筒を開けたっていう話でしょ?

相談者:
うん

大迫恵美子:
形式的には信書開披罪かもしれないですけど、

相談者:
うんふん

大迫恵美子:
信書開披罪で捕まって、刑罰があるなんていうふうに考えるのは・・あなたの方も少しおかしくないですか?

相談者:
ああそうですか
それならいいですけど。

大迫恵美子:
まあ、わたしの回答としてはね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そんなことを心配する必要はないと思いますよというのが回答です。

相談者:
ああ、はあ、はあ、はあ、はあ

大迫恵美子:
はい
ああ、そうですか

大迫恵美子:
大丈夫ですか?

相談者:
うーん
・・
あ、そうですか

大迫恵美子:
はい

相談者:
うん・・

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
病院に行かないのに膵臓がんだっていう

相談者:
はいはい
思い込んじゃって。

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
これが今回初めてじゃないですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、病気を武器にして生きるんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると色んなことが全部通るから。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、訴えるなんていうこと、弱さを突かれると、うろたえるっていう、もお、実に見事なご指摘を、されたように、

相談者:
うん

加藤諦三:
まさにあなたの武器そのものを、が、裏目に出たんですよね。

相談者:
うんうん

加藤諦三:
だからここ解決しなきゃ。

相談者:
・・

加藤諦三:
信書開封罪、どうのこうのって言うよりも、あなたのこの性格ですね・・
ここに、

相談者:
分かりました、先・・

加藤諦三:
ここに

相談者:
先生

加藤諦三:
はい?

相談者:
あ、主人が来ましたので

加藤諦三:
あ、そうですか

相談者:
うん
分か

加藤諦三:
ですから、分かっ

相談者:
はいはい、ありがとう。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します

相談者:
ありがとうございました。はい

加藤諦三:
病気でないのに病気の症状を表す人がいます。
ソマタイザーと英語で言います。




「末期癌をセルフ診断。そして荒唐無稽な告訴に怯える女の返事と電話の切り方w」への20件のフィードバック

  1. 人間性の悪さを全て網羅してる人だね
    自分で自分が恥ずかしくないのかな
    ラジオ聞いてみたら良いのに。
    言いたい事、したい事全て垂れ流して生きてる感じ
    声を聞いてるだけで心が荒んで行く気がしました。

  2. 自分にずっと冷たいと思っていた母
    なくなった後しぶしぶ始めた自宅の遺品整理
    そこに残されていた自分名義のはんこと通帳
    それを握りしめ「かあさん」と号泣する
    ってドラマを随分と昔に見たような気がする。
    こういう展開を期待してたのかなぁ 相談者。
    でも これ一人暮らしの母限定。
    ご主人残されるのに自分一人の判断で大金を動かすなんて
    思い切りがいいというか自分の事しか考えてないというか。
    これからの余生生きづらいだろうな。

  3. 生前贈与なんて、税金すごくかかっちゃったんじゃないの?
    どうせ死んだら夫と娘にいくのに。
    こういう人、振り込め詐欺の被害にあいそうで心配だわぁ。

  4. 主人が来ましたので。
    新しいタイプのガチャ切りおばさんだと思った。

    それにしてもこの相談者は
    人を軽く見すぎる傾向がありますね。
    娘のこともそうだし
    相談相手の大先生二人を前にしてもぶれてない。

    それにしても自分で癌診断したり
    生前贈与したり
    家族は振り回されて大変だ。
    ずーっとこの調子できたんだろうな。

  5. この期に及んでもまだ食卓は同じ?
    それとも、トラブルが日常茶飯事なので
    婿含め慣れきってるのか?
    自分なら絶対食卓を同じにしたくない

  6. うまく逃げたなと思った。今までありそうで無かった切り方。都合が悪くなるとこうやって逃げながら、かわしてきたんだろうなぁ。忍び込んだ行為や返事、話し方に、性格がそのままあらわれてるように感じた。

  7. 自分で勝手にお金を与えて、がんじゃなかったから返せって?
    使ったか気になるから勝手に部屋に入って銀行からの明細を見る。勝手に破いて捨てる。
    恐ろしく自己中ババアだな…。
    旦那も「返してもらえ!」ってマジ?
    娘家族、家出たらいいのに。お金入ったんだし。

  8. 相談に対して「うんうん」って言う返しがすごく気になった。周りの成長・変化について行けないまま年取った退行無知おばあさん。家族、親戚からもかかりつけの医者からも疎まれた結果ひとりよがりの行動。その程度の金額なら相続税の枠内で済む話。婿はババの金持ってるぞアピールがあざとすぎたんで懲らしめてるのかな?返してくれって何?
    自分が病気ならどうするか参考になりました。

  9. 相談者と回答者のやり取りを速記録にしているが、ご苦労様です。
    生々しいがそこまでする必要があるだろうか、要点をかいつまんでもらった方が作成者も読む方も楽じゃないですか。

    それから、今井通子氏は相談者と10分近くやり取りした挙句、「ところで今日のご相談は?」はないでしょう!横着しないで自分でまとめなさいよ。

    1. 今井先生は横着じゃなく
      5分聴こうが10分聴こうが毎回こんな言い方。
      年齢や仕事を詳細に聞いてだいたい
      相談者に相談内容をまとめさせてる
      横着じゃない事、聞いてたらわかる

    2. 横着ではないですよ。
      相談者の口から相談の要点を言わせるのは、必要なことなんです。
      でないと、アドバイス聞いても、納得出来なくなるから。
      相談者から回答者にコミットさせてるんですよ。

    3. かいつまんだ方がいいと思うなら
      自分でやれば?
      相づちのうちかた返事のしかた
      そういうところから伺える人格とか関係性を読み取るのも
      この人生相談のみどころじゃん
      管理人さんがそういう考えで作ってるまとめなのだから
      読むのタルいとか大筋にしか興味ないからって
      人様にここまで書き起こしてもらったものにケチをつけるとか何様なの貴方

  10. こういう自分の理解を超えた人間は恐怖でしかない。返事の仕方だとか、電話の切り方だとか、金をめぐる一連の行動だとか、一般的な常識であれこれ語れる位置にはこの人はいないんだろうと思います。興味深くはあるけれど近寄りたくないですね。

  11. 管理人さんの文字起こしは本当に大変だと思いますが、リアルタイムでラジオを聴いていて、その後文章を詠むと一字一句でその人の話しかたが浮かんでくるので助かります。
    「うんうん」っていう言い返し、私も気になりました。
    70歳過ぎても、こんな返事をする人がいるのかと。
    返事にこの人の全てが現れているように思いましたね~

  12. ラジオで家の中のことベラベラ喋った事が家族にバレたら、また怒られるんでしょ。
    「余計なことばっかりして」って。

  13. この相談者には高橋先生がよかったんじゃないでしょうか。言動がすべてクエスチョン❓

  14. このババアの態度と口調から毒親だと分かります
    自分勝手な思い込みと金への執着心の激しさ
    長年にわたり娘は振り回されたのでしょう
    嫌気がさして当然です

  15. 言葉や言い回しの端々から、この相談者の人間性が読み取れますね。
    相当アタマ〇カシイ。

コメントはお気軽にどうぞ