嫌なことはとことん思い出せ。イジメっ子に今の自分をぶつけてやっつける

テレフォン人生相談 2021年9月30日 木曜日

「どうしてあんとき休ませてくれなかったの?」

10年前かあ・・
無理して行く必要ないっていう考えが定着してきたのここ最近のことだからねえ。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女20歳 3年前に両親が離婚 父48歳 母48歳 妹19歳 弟17歳

続きを読む 嫌なことはとことん思い出せ。イジメっ子に今の自分をぶつけてやっつける

フィルターを外しただけなのに~知的障害娘の信用ゼロ婿との戦い

テレフォン人生相談 2021年9月29日 水曜日

~スマホを落としただけなのに~
のもじり。

 

そう言いたくなるようなわずか3ヶ月の激変。

「名前も名乗らずにベラベラ、ベラベラ」

自ら名乗らなかったのか?、訊いても言わないのか?

前者なら単なる礼儀知らず。
確認しない妙憂に文句言おうと思ったけど、話を聞くうちにどうでも良くなった。

怪しすぎる。

たとえば菓子折り持ってネクタイを締めた男を追い返したりはしまい。

でもなぜに警察が顔を突っ込むのかがさっぱり。
だって民事介入もいいとこ。
ま、そうすべきことがあったと考えるのが普通。

先に相談者が捜索願を出してたんじゃなくて?
退職届まで男に出されちゃ拉致の可能性すらある。

手紙を書きなさいだの、居場所を訪ねたら、駆け落ちするしかなかったと言われてしまった警察の振る舞いとして合点がいく。

 

だからって、3ヶ月で出会って同棲して入籍までいきつく電光石火。

先天性の知的障害者には、ひと目でそれと分かる外見の人と、そうでない人がいる。

家に上げることさえしなかったわけは、健常者が一目惚れするような恋愛なんてあるわけがないという親だからこその悲しい確信があるからなの。

利用しようとしている以外には考えられない。

 

今さらだが、二十歳になったときに母親が保佐人に就いておけばなんとかなったのにと悔やまれる。
こうなってからでは成年後見人制度は無力。

成年後見人等(後見人、保佐人、補助人の総称)のうち、後見人以外の保佐人、補助人では、後見を開始するか否か、あるいは誰を就けるかで最大限に尊重されるのが本人の意向だからだ。

成年後見人制度は、契約行為や私有財産の処分に関する権利に制限を加える人権侵害にもなりかねない制度。

話の理解と意思の表明が可能な限りにおいて、無駄遣いも、男に騙されるのも本人の権利であるというのが裁判所の立ち位置だ。

かわいそうだが長女と同じ轍を踏む。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女58歳 夫59歳 長男34歳 次男33歳 長女31歳 三男26歳 次女21歳 長女と長女の子ども3人との6人暮らし

続きを読む フィルターを外しただけなのに~知的障害娘の信用ゼロ婿との戦い

結婚34年。夜中に夫が2時間ぶちまけたうっ憤と夫が謝った妻のある告白

テレフォン人生相談 2021年9月28日 火曜日

酔っぱらいの戯言に2時間もつき合っちゃダメ。

酒乱ならむしろ良し。
ただの酔っ払いだから。

でも様子を聞くとたぶんそうじゃない。

アル中の症状なの。
いい気分になったのも束の間、酔い覚めにかけて不安感やイライラ感が増幅する。
アルコールは薬物っていう意識が必要。

発言の内容は二の次。
シラフにレスを謝ったのは飲酒後ウツ。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女54歳 夫54歳会社員 結婚34年 長男22歳(学生) 次男19歳(学生) 4人暮らし

続きを読む 結婚34年。夜中に夫が2時間ぶちまけたうっ憤と夫が謝った妻のある告白

相談という名の会話ネタに愛想尽かし始めた母にしょんぼり27歳アルバイター

テレフォン人生相談 2021年9月27日 月曜日

相談者
「はっきりは言わないんですけど父親は遠回しに
『この年になってまだお前ら2人は何をやってるんだ』っていうようなことは言われます」

遠回しかしら?

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女27歳 両親共に52歳 姉31歳 実家暮らし

今日の一言: 人が幸せになるための条件の1つ。適正な目的を持つこと。

続きを読む 相談という名の会話ネタに愛想尽かし始めた母にしょんぼり27歳アルバイター

弁護士も驚く女の無防備と小利口。母に実印を預け、犯行の自白を公正証書化

テレフォン人生相談 2021年9月25日 土曜日

事情からして、実印だけでなく印鑑登録証も預けていたということになる。
もうどうなってもいいってこと。

記事タイトルにある犯行とは私文書偽造。
冗談じゃないと思ったんだったら母親から聞いたそのときに登記を元に戻さないと。
弟夫婦とこれ以上揉めたくなかった?

で、自白を公正証書にするっていう斜め上を行く発想。
アンタでないことは明らか。
いったい誰の入れ知恵やら。
無料相談弁護士?

 

中川潤 「今すぐ弁護士のとこへ行ってください」

急ぐには理由がある。

母親が亡くなった今、弟が不動産を処分するのに何の障害もない。
第三者に登記が移ってから遺産分割の無効が認められても遅い。

不正を知らずに買った人を善意の第三者と呼び、不動産取引ではその人の利益(所有権)は守られるからだ。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女58歳 夫58歳 子どもは3人で1人は家庭持ち 姑との5人暮らし 実母は今月87歳で他界 弟がいる

今日の一言: なし

続きを読む 弁護士も驚く女の無防備と小利口。母に実印を預け、犯行の自白を公正証書化

息子は復讐の道具。夫や母から指摘されても頑なだった教育方針を反転させた友人

テレフォン人生相談 2021年9月24日 金曜日

塩谷  「離婚をするつもりなんですか?」
相談者 「つもりです。はい」

息子が成人してから?(笑)

その間、旦那は婚費を払い続けることになる。
なかなかの巧者。

だが、すでに5年。
認められるハズもなかった夫からの離婚の訴えも微妙な時期に差し掛かってきた。
これが、終わろうした塩谷弁護士を引き止めてまで追加した2つ目の相談の一丁目一番地。

さすがに主張にムリがあることを自覚しているのか、ウダウダになって塩谷弁護士には伝わらなかったのが以下。
説明の長さはやましさ。

相談者
「不利益を子どもにできるだけ感じさせたくないっていうが故に、そういうふうに仕事をセーブしてるって、ずっと、思うようにして来たんですけども、それはやっぱり言い訳なのかな?って、ずうっとそこの葛藤が、もう4年以上、もう、5年ぐらいかな?続いてるんですけども・・」

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女51歳 5年前から別居中の夫50歳 息子15歳

今日の一言: 不安の感情というのは本来のその人の感情が育成されることを阻害します。

続きを読む 息子は復讐の道具。夫や母から指摘されても頑なだった教育方針を反転させた友人