妻が勝手に離婚届を出し、5歳の息子を置いて家出した


テレフォン人生相談 2015年2月18日 水曜日

相談者: 男40歳 長男5歳

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

今日の一言:
子どもに、「出て行け!」、と言う母よりも、
「お母さん、家出て行きます」、という母の方が心の痛手になります。

スポンサードリンク

(年齢のやりとりは省略)

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
して・・はいたんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
2週間前に離婚する形になりまして、

加藤諦三:
あ、2週間前ですか?

相談者:
それも、ちょっと、あのお、離婚届けを勝手に相手から出されたっていう形なんで、

加藤諦三:
今は、そうすると、お一人で暮らしてるんですか?

相談者:
実家の方で、子どもと・・一緒に、暮らしてる形になってるんですけどお。

加藤諦三:
お子さんは何歳?

相談者:
5歳です。

加藤諦三:
5歳。
男の子、女の子?

相談者:
男の子です。

加藤諦三:
男の子。

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい、分りました。
そいで、どんな相談ですか?

相談者:
あのお、ですね。
妻・・の、ちょっと突然に、ほんとに・・給料、全額持って家を出たんです。

加藤諦三:
給料ってのは、自分の給料じゃなくって、あなたの給料?

相談者:
はい、そうです。
でえ、あのお、

加藤諦三:
突然ていうことは、あなたに・・離婚したいとか、なんか言わないで、

相談者:
ええ、一切言わなかったです。
自分が仕事、帰って、家に入る寸前に、メールが来てえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
手紙が置いてあるからあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、ちょっと見て欲しい、っていうことを、言われたんです。
でえ、

加藤諦三:
ああ。

相談者:
うちの母と姉宛とお、

加藤諦三:
うん。

相談者:
あと自分宛に、その、紙が置いてありまして、自分との生活が嫌になってえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お給料のお金はあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
少しずつ、返していきますんでえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
どうか、すいません、ごめんなさい、みたいな、内容の、手紙でした。

加藤諦三:
息子のことについては、何も書いてなかった?

相談者:
子どもの方は、母と、姉の方の手紙にも書いてあってえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
素直でいい子なんで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
すいません、お願いします、って。
もし、育てられないのであるのならば、

加藤諦三:
はい。

相談者:
こちらの方の、生活が落ち着いたら引き取りに来ます、っていう内容の・・ことは、書いてありました。

加藤諦三:
ああ、そうですか。
はい、はい。

相談者:
はい。

加藤諦三:
それで?

相談者:
でまあ、彼女の方も電話は出なかったんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
何日かしてえ・・少し話せるようにはなってきたんで、その離婚を破棄してえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
家に帰って来ないか?

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
っていうことを言ったんですね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
ちょっと頑なに、彼女・・ちょっと拒否してたんで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もしかして男でもいるんじゃないのか?って言ってたんですけどお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
それは絶対あり得ない、とは言ってはいたんですけどもお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、ちょっと、あることで、あのお、調べてみたんです。

加藤諦三:
はい。

相談者:
カミさんがなんか、メールとかでも寄こしてたんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
「すぐには、行けない、でも、近くにはいる」
とは言ってはいたんですけどもお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
うちの姉とかにも、なんか、お金を借りてたんでえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
それだけでも返してくれよ、みたいな感じで言ったらあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
振込先のところを自分なりに、調べてみたらあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
距離的にも全然、遠いんで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
どういうことだ?って問い詰めたらあ・・実は、男も今いるんだって。
そこで、ちょっと、もう、自分も、逆上しちゃってえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
彼女の、携帯電話も、全部消しちゃったんで、今はもう、ほんとに、ほとんど、音信不通になっちゃったんですけどもお。

加藤諦三:
はい。
そいで、あなたの、今日の相談ていうのは、そいで、どういう・・ことですか?

相談者:
あのですね、5歳の子どもがあ・・あのお、母親・・のことを、しきりに言うんですよねえ。
お母さんいつ帰ってくんの?、とか。

加藤諦三:
はい、はい、はい、はい。

相談者:
自分たち・・からは、母親のことは言わなかったんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
子どもも、あのお、最近ちょっと、言い始めたんですけど、
古いママはどこに行ったんだろう?、って。
新しいお母さんいつ来るんだろう?、とか。
そんなこと言い始めてきたんで。

加藤諦三:
ああーん。

相談者:
父親として、どう、今の現実を、伝えたらいいのか、悩んでんるんです。

加藤諦三:
かなり、お子さんは、状態、深刻でしょう?

相談者:
はい。

加藤諦三:
なんか、こう、体の症状に、なんか、表れてるとか、

相談者:
そうですね、ちょっと最近、お腹が緩くなってるっていう体調とかも、

加藤諦三:
頭痛がするとか、変な行動を起こすとか、そういうことではないんですね?

相談者:
そうですね、今んところ、まだ出てないです。

加藤諦三:
んで、お爺ちゃん、お婆ちゃんっていうか、あなたの、お父さん、お母さんとは、うまくいってんですか?

相談者:
ちょっと父親の方は、もう、10何年前に他界してるんで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
母親の方だけなんですけどお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
うちの、姉とお、母親とが、自分のいない間は、面倒看てくれてるんで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
すごく助けられてます。

加藤諦三:
うん。
助け・・られてるし、お母さんが非常に優しく接してるんでしょうねえ。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
あの、子どもからするとね、

相談者:
はい。

加藤諦三:
そんな悪い子なら出て行きなさあい!、って怒鳴るよりもね、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お母さんが家出てちゃうっていう方が、遥かに、大きな、心理的な影響あるんですよね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
どこにいるか分んないだから。

相談者:
そうですね、はい。

加藤諦三:
うーん。
出てけ、って言えば自分が追い出されたって、そこにお母さん、いるわけだからね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そいで、今は、お腹が少し緩いという程度だっていうことですね?

相談者:
そうですね、

加藤諦三:
はい、分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。