兄が事故死。相続放棄した後に損保会社を欺いて保険金を搾取した元嫁


テレフォン人生相談 2016年6月4日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女41歳 夫41歳 3歳の息子 10ヶ月前に43歳で事故で亡くなった兄 現在の兄嫁 兄の元嫁と6歳の兄の実子

今日の一言: 貯蓄タイプの人にとって大切なのは、とにかく秩序です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えて下さい。

相談者:
えー、41才です。

加藤諦三:
41才

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何才ですか?

相談者:
え、41です。

加藤諦三:
41才。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お子さんは?

相談者:
えー、1人、3才です。
男の子。

加藤諦三:
3・・はい、男の子。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
えー、わたしの兄の、相続う、についてなんですけども、

加藤諦三:
お兄さん、はい。

相談者:
はい

加藤諦三:
お兄さん、何才?

相談者:
えー、43才です。

加藤諦三:
43才、はい。

相談者:
はい。
えーっとですね、10ヵ月前にい、

加藤諦三:
はい

相談者:
その兄が、亡くなりまして、

加藤諦三:
あ、お兄さんが亡くなられたのね?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで?

相談者:
で、兄が再婚してまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
再婚相手と、前妻との間に実子が一人、

加藤諦三:
はい

相談者:
おりまして、で、本来であれば、今の奥さんと、そのお、実子で、え、50%ずつ相続という事になると思うんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
実は、実子の方が、

加藤諦三:
はい

相談者:
前妻い・・の手によって、財産放棄がなされてまして、

加藤諦三:
はあはあはあ

相談者:
それをですね・・

加藤諦三:
財産放棄って、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、相続を、放棄という事?

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
相続放棄をしてまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
それをですね、どこにも通知せずに、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの兄が、事故で亡くなったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、事故の損害保険の、

加藤諦三:
はい

相談者:
半金をですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、受け取った、のちに、「相続放棄をしてましたよ」と。
・・いう通知を、

加藤諦三:
損害保険を、

相談者:
はい

加藤諦三:
受け取ったのは、誰ですか?

相談者:
名目上はその実子・・ですね。

加藤諦三:
名目上は実子なの?
はい。

相談者:
あのお、親権者は、まだ6才なので、

加藤諦三:
あ、この子は、ろ、今、6才という事ですね?

相談者:
そ・・そうなんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、その親権者である、その母親・・ですよね、

加藤諦三:
はい

相談者:
が、ま、受け取ったという形にはなると思うんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、母親が受け取ったけど、それをだからもう、放棄してるという事?お母さんは。

相談者:
・・ですね。

加藤諦三:
要するに、実子のが放・・

相談者:
放棄をはい、

加藤諦三:
その6才の子は、親権はお母さんですねえ。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あのお、ところが、その、半金をですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
受け取った後に、「実は、財産放棄を、その相続放棄をしてました」と、

加藤諦三:
はい

相談者:
いう書類を送って来て、

加藤諦三:
送って、誰に送って来たんですか?

相談者:
えーと、今の兄の、奥さんですね。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
はい(笑)
で、返金請求というのを、しようと思ったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
「全く、電話に出てくれない」と、いう事なので、

加藤諦三:
ああ、この前の奥さんがね?電話に出てくれないっていう事ね?

相談者:
え、そうです、はい、で、えーと、その、何度も掛けえ、る前に、その、すぐに、電話を掛けた時は、あのお、「相続放棄はしたけども、このお金だけは欲しい」と・・

加藤諦三:
ああ、

相談者:
言う・・

加藤諦三:
この・・あの、保険金を除いて、ほ、相続放棄するという、ふうに、言ったという事ですか?

相談者:
う、そういう事ですね、えへへ(笑)

加藤諦三:
ああ・・これは、あの、どれぐらいの額なんですか?

相談者:
えーとー、総額1500万なのでえ、

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
半金で、750万ですねえ。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
うん、大きいですねえ。

相談者:
そうですね、えへへ(笑)
それで、どうすればあ、そのお・・返金に応じてもらえるものなのかあ?

加藤諦三:
うんうん・・
分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、今、険悪な・・っていうか、あんまり連絡を、取れないような、もう、悪い関係だという事ですね?

相談者:
兄が、離婚したあ、原因というのも、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、前妻のお金への執着う、というのが、原因だったのでえ、

加藤諦三:
あー・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・じゃあ、

相談者:
だから、お金を得るためえ、の、努力というのは、もう一切惜しまないっていう、そういうタイプです。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、あなたは、このお、前の奥さんが持ってる750万を、

相談者:
はい

加藤諦三:
返金してもらうためには、どういう手続きが、必要か?という事ですか?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日は、あのお、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。