毎朝、庭から見えるモノに苛まれる。スレ違いで自分から離婚した男の執着と後悔


テレフォン人生相談 2017年4月3日 月曜日

1年半前に離婚したが、妻が離婚前から不倫していることをフェイスブックで知った。怒りが抑えられない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男43歳 1年半前に離婚 長男19歳を引き取る 次男18歳は妻が引き取る

今日の一言: 人生のある時期に価値観の修正、これは非常に大切なことです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はい。最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
えっと、43歳です。

加藤諦三:
43歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
以前はしていました。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
えーっと、離婚してから何年ぐらい経つんですか?

相談者:
えっと、1年半・・ぐらいです。

加藤諦三:
いち、1年半ぐらい

相談者:
はい

加藤諦三:
・・でお子さんは?

相談者:
えっとですね、二人おりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと今、上が19、下が18

加藤諦三:
・・はい

相談者:
はい、で、19の・・長男が、えっとわたしが引き取って、18歳の次男んー、を、妻が、引き取りました。

加藤諦三:
あーそうですか、

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。それで、どんな相談でしょうか。

相談者:
えーっとですね、離婚して1年・・経ったぐらいにですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
仲のいい友達が、
「どうして離婚したの?」ってことを漸(ようや)く振って来たんですよ、わたしに。

加藤諦三:
はい

相談者:
でその・・ことを、いきさ、つを説明したらですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、女の・・女性なんですけど、その友達は。

加藤諦三:
はい

相談者:
「それは、大金を手にしたか、男が出来たから、別れたんだよ」って冗談で言われまして。

加藤諦三:
て・・はい

相談者:
で・・妻が・・フェイスブックやってたんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとそれを・・覗いてみたいんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら実は・・婚姻関係が続いている時から・・どうも・・男が、いたらしかったです(苦笑)

加藤諦三:
その、男お、がいたらしい、っていう男性ってのはどういう・・

相談者:
えっとね、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、妻がパート二つ掛け持ちしてるんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
してたんですけど当時。

加藤諦三:
はい

相談者:
その一つの方の、仕事の・・上司っていうかその・・

加藤諦三:
あ・・職・・

相談者:
経営者です、はい

加藤諦三:
それでえ、そのお・・ま、上司という・・のは、もちろん、結婚してるわけですね?

相談者:
いや、してない、してないんです。

加藤諦三:
あ・・結婚してなかったんですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ということは・・あなたの・・前の奥さんというのは・・この上司と結婚、してん、ですか。

相談者:
それが、まだしてないらしいんですよね。影の噂で。割と近くにいるんですけど。

加藤諦三:
だけど、つきあいは、付き合っている?

相談者:
確定ではないんですけど、でもその・・フェイスブックのですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
その・・彼のページに、うちの妻の写真があったり(苦笑)

加藤諦三:
はい

相談者:
それはまだわたしが・・婚姻関係中・・ですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん

加藤諦三:
ということ、あ・・

相談者:
で、二人・・

加藤諦三:
そのあなたの奥さんはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してる間に、この・・ん上司の方ですねえ

相談者:
はい

加藤諦三:
・・との、関係を・・隠してはいなかったということ?

相談者:
そう、隠していなかったってことは、わたしがだから・・興味がなかったんで、そういうことに。絶対大丈夫だと思ってたんですかね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
(苦笑)

加藤諦三:
それで?・・どちらが、から、その「離婚しよう」っていう話は出たんですか?

相談者:
えっとですね・・わたしです。

加藤諦三:
で、別にあなた好きな人がいるわけでもない。

相談者:
あ、ないです。あのお、もう、生活が、嫌でした。
・・もう、すれ違いすれ違いでわたしが会社員で、彼女がサービス業・・のパートを・・ん、短い時間の二つ掛け持ちしてまして、

加藤諦三:
あ、二つってのは、これは、サービス業ということ・・はい

相談者:
会う時間もなければあ・・あ、で、わたしも仕事が忙しかったりして、ホントにもうぐちゃぐちゃに、なっちゃったんですよね、ふ、夫婦間が。

加藤諦三:
も、とにかく嫌だったんですか?、この生活そのものが。

相談者:
えっとですね、ちょうどだから、その、り、わたしが離婚ん、の話を、切りい、出す、前、3ヵ月が、

加藤諦三:
はい

相談者:
とにかくわたし、仕事が忙しくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、その3ヵ月の間にですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
一度も「夕ご飯何食べたい?」とか聞かれなかったんですよ(苦笑)、つまらないことなんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、用意はしてってくれるんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、もうね・・イヤだと思っちゃった。

加藤諦三:
要するにこのお・・妻が嫌いだった?

相談者:
嫌いでは・・ない、けどお・・なんちゅうんだろ・・自分だけ・・って思っちゃったんですよね、多分。

加藤諦三:
孤独感?

相談者:
あー、あ、あったかもしれないです。

加藤諦三:
孤独感っていうか、孤立感かなあ

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
で、今ひとつ僕には分かんないのは、その孤立感を、も、持ってると普通なんか・・孤立感から目を背けるっていう人が多いんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
むしろあなたはその孤立感・・を、きちんと意識して、

相談者:
はい

加藤諦三:
こんな人生駄目だと思ったわけですよね?

相談者:
・・そうかもしれません。

加藤諦三:
うーん・・まあ、もし、そうだとすれば、ってのは凄く・・失礼な言い方だけど・・立派だねえ。
でその、空虚な・・生活を、変えなければいけないと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いうふうに思ってるわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・うん、そこら辺の・・こう、決断・・の・・心理的な、プロセスっていうのかなあ・・それはちょ・・つう、ま(妻)が嫌いじゃないけど、いや、嫌だっ、た・・

相談者:
いや分からないです・・あのお

加藤諦三:
妻じゃなくて・・

相談者:
あまりにすれ違いが多いんでえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
1週間に一度しか休みがなかったんですよ、夜の仕事が。

加藤諦三:
はい

相談者:
だからそれをね、何とかもう少し・・減らしてくれってことをお願いしたんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
でも「それはできない」って妻から言われて。

加藤諦三:
ええ

相談者:
ああ、もうそうなんだって。

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の中で、うん、思っちゃいました。

加藤諦三:
その時に、奥さんに、その男性がいるっていうことは・・感じなかった?

相談者:
夢にも思わなかったです、そういうことは、そういうふうには。

加藤諦三:
うーん・・なるほどね、分かりました、そして今日のあなたの・・相談っていうのはそうすとどういうことになるんですか?

相談者:
えっとだから・・離婚して、

加藤諦三:
うん

相談者:
1年経ってから

加藤諦三:
うん

相談者:
実は・・婚姻継続中の時に妻が、

加藤諦三:
うん

相談者:
多分、浮気をま(苦笑)してただろうっていうことが・・

加藤諦三:
うん

相談者:
分かったわけですよ。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
で、それが分かって、ちょっと・・自分で精神的に、おかしくなりまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
その・・怒りで。

加藤諦三:
「精神的に、おかしくなって」ってのは、

相談者:
い・・い、飲酒が・・お、増え過ぎてしまいまして・・お酒を飲むのが。
で、その・・相手の家が、

加藤諦三:
うん

相談者:
朝起きると、目の前に、かる、家から見えるんですよ。

加藤諦三:
相手というのは、この上司の話ですね?

相談者:
上司、え、が、家が見えるんですよ、わたしの家から。

加藤諦三:
あはい、はい

相談者:
庭から(苦笑)

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、どうしても朝からイライラしちゃって、その辺の心の持ち方とか、そういうか、いったことを、

加藤諦三:
うーん

相談者:
アドバイスいただければ、#$%◆

加藤諦三:
あ、なるほどね、はい分かりました。
今日はあのお、スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はいよろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。