何を犠牲にするか?、家計、気持ち、身障の息子・・弁護士が出した結論


テレフォン人生相談 2017年5月1日 月曜日

夫の両親が亡くなり実家がある田舎に帰ることになったが、同居の車イスの長男は都会暮らしを希望。わたしはどっちと暮らすべきか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女58歳 夫59歳 現在は二人暮らし ケアハウスに住む息子30歳

今日の一言: 自分の宿命にどう対処するか?ということが、態度価値で人間の最高の価値です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お世話になりますう。

加藤諦三:
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
と、58歳です。

加藤諦三:
58歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
と、59です。

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
えっと、一人です。

加藤諦三:
一人。えー、

相談者:
男お、です。

加藤諦三:

相談者:
30歳

加藤諦三:
30歳

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今3人で暮らしてんですか?

相談者:
じゃなくてえ、えー・・

加藤諦三:
今2人。

相談者:
2人なんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
この子どもが、車椅子う、の子で、

加藤諦三:
はい

相談者:
えと、えー・・障害持ってまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたし達が、田舎に、帰る・・話が、出たので、

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
息子は、どちらに行くか?と。田舎に一緒に来るか?、

加藤諦三:
はい

相談者:
都会に残るか?・・っていう選択肢をさせたら、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「都会に残りたい」と。

加藤諦三:
ん、「させたら」ってのはその・・30歳のお子さんに、聞いたら「都会に残る」と。

相談者:
「残りたい」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、あのお、「その手はずを」、あのおー、「しましょう」ということで、ケアハウスみたいなところお、を、探し、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと2ヵ月ぐらい前に出たんですね。

加藤諦三:
ん、「2ヵ月ぐらい前に出た」ということはどういうことですか?

相談者:
あのお・・そのケアハウスに、息子を出したんです。

加藤諦三:
あー、はいはい

相談者:
うん

加藤諦三:
あ「出た」ていうのは家を出たということね。

相談者:
あ、そうです、そうです、はい

加藤諦三:
はいはい、はい。そして?

相談者:
むす、息子を独立させたんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
えっとお、やっぱり、そのケアハウスに入れたとしても、
「何かあったら、両親を呼びますよ」と、

加藤諦三:
はい

相談者:
いう条件なんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと、ここから1時間ぐらいのところに、

加藤諦三:
はい

相談者:
息子を出したんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしい、の気持ちが揺らいでて、

加藤諦三:
はい

相談者:
主人は「田舎に帰ります」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
・・わたしも最初、「帰ります」と言ったんですけれども(苦笑)

加藤諦三:
はい

相談者:
やっぱり・・息子お、の側へ、に、居たいと、

加藤諦三:
はい

相談者:
いう気持ちが出て来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
今のうち、家は社宅なん、社宅っていうか・・借りてるお家なんですけどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
バリアフ、フリーの・・家なので、

加藤諦三:
はい

相談者:
息子が、いつ帰って来ても、

加藤諦三:
はい

相談者:
ふたい、わたしと二人い、だったら、くら、あの、世話ができる、

加藤諦三:
はい

相談者:
状況な家え、なんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、主人は・・長男で、

加藤諦三:
はい

相談者:
えと、向こーうの、もう両親が亡くなって、家を継ぐことになったので、このお話が出て来たんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
も「定年後」

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお・・「田舎に」

加藤諦三:
はい

相談者:
「引っ越したい」と。

加藤諦三:
で、定年後って今はまだ、定年でないん、ですね?

相談者:
じゃないんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
母が先に亡くなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、父があ、3年前に亡くなったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その時に・・最初お、呼び戻されて、介護が必要だろうということで、

加藤諦三:
はい

相談者:
これは一人暮らしではできないからってことで、もうその時点で仕事を辞めたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、えっとお・・帰るつ、手はずをしてたら、もうすぐ、しゅ、えーと、父が亡くなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
空き家状態になったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で・・しばらくす、はそれで、あのお・・あのお、家をちょっと見てたんですけどお、空き家法案ができてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
家を放ったらかしにできないと。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、これから先、自分たちがあ・・の年金で暮らして行くのに、

加藤諦三:
はい

相談者:
都会では、む、あの・・よりも、田舎の家をま、守らなくちゃいけないと。

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、主人は、「田舎に帰る」と。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
いう話が出て来たんですね。

加藤諦三:
つまりご主人のお、仕事がもう・・仕事の、が終わって、

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、これから年金生活に入るんで、まあ田舎の方が、お金も、経済的にもいいという、

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
ということですね?

相談者:
そうです

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それで、障害を持ってる、車椅子の・・子どもお、を、

加藤諦三:
はい

相談者:
連れて帰るか?・・どうか?ということで、

加藤諦三:
ふん

相談者:
揉めたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお「選ばしてくれるんだったら、僕は都会にいたいです」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あのお、「わたし達が・・先に亡くなって、僕が一人田舎に残っても」

加藤諦三:
うん

相談者:
み、「親戚みんなに迷惑かけるでしょ」と。

加藤諦三:
ええ

相談者:
「だから僕は都会に残ります」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
いう話なんですけどお。

加藤諦三:
はい。
要するに、今日お、の相談っていうのは、この・・あな、たがは・・ん、どちらかというと、このまま・・その、さっき「社宅」って言いましたけど・・

相談者:
あ、賃貸で借りてるお家なん・・

加藤諦三:
あ、借りてん・・

相談者:
借りてる

加藤諦三:
いやだから、このまま、借り続けることはできるわけですね?

相談者:
これえ、があ、条件として・・主人の今、名義で借り、てえ・・いまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの主人を、が・・えーと住所変更で、

加藤諦三:
はい

相談者:
田舎の住所に移した時に、

加藤諦三:
はい

相談者:
この、家を借りるには、わたしの名義にしなくちゃいけないんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その名義にするには、離婚か死別しかないんですね。

加藤諦三:
・・あーあー・・
で、あなたとしては、もちろん、離婚はしたくないわけですね?

相談者:
できれば・・やっぱり家族を崩したくないっていうのあるんですけど、わたしがここに残りたいっていうのは、あと、ホントにわたしの我儘でえ・・(声を震わせ)

加藤諦三:
・・うん「わたしの我儘だ」って言うけども・・その30歳のお・・息子さんが・・が言ってる・・ことに・・そうだなと思って・・自分が、側にいた方がいいだろうなと思って、「残りたい」って言ってるわけですよねえ?

相談者:
そうです、そうです。はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
できれば・・そのお、ホントに息子が、困・・って、ちょっとでも困った時に、わたしがまだ動けるあい・・んだったら、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしが手助けをしたいと。

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、田舎に帰っても何もすることがないのに、二人で、にこにこ笑って暮らすことが、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしの精神状態に・・

加藤諦三:
あー

相談者:
できないので(苦笑)

加藤諦三:
うん・・で・・あなたとしてはそうすると、今、もうホントに迷ってるということですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ご主人と・・別居・・

相談者:
暮らすべきか?

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
いや、暮らす、べきかというより・・ま、べきか?べきでないか?っていう、そのお、道徳論は別としてね、

相談者:
はい、そうですね。

加藤諦三:
気持ちとして、一緒に暮したいのかあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・もう・・この子を置いてえ・・行く、ほど、ではないという・・

相談者:
そう・・ですね・・ま、極論、主人を取るか?、子どもを取るか?と言えばあ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
・・子ども取りますよね(苦笑)

加藤諦三:
うーん、あそ、そこまで気持ちがハッキリ、してるわけですねえ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
うーん・・で、今日の相談というのは、別にそういう・・あのケアハウスう・・との契約がどうのこうのという、うー法律・・の相談っていうよりも、

相談者:
ん、気持ちの問題です。

加藤諦三:
あなたの・・決断の、

相談者:
そう

加藤諦三:
気持ちの問題ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい。非常にその・・大変難しい相談・・の内容だと思うんですけれども・・今日はあの・・弁護士の中川潤先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あーお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。