父子家庭は関係ない娘13の反抗期。聞いちゃマズイ「お母さんのとこに行きたい?」


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい。
こんにちは

相談者:
こんにちは

三石由起子:
はい。
あの、お話伺いました。

相談者:
はい

三石由起子:
いや、大変だと思いますよ。

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、13歳の女の子っちゅうのはホントにあのお、実力ないくせにね・・

相談者:
はい

三石由起子:
物凄くあのお、色んな事考えてねえ、

相談者:
はい

三石由起子:
それでねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
あの、わたしが思うにはね?

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが1つ意識しなきゃいけないのは、

相談者:
はい

三石由起子:
離婚して・・

相談者:
はい

三石由起子:
母親のない父子家庭だっていう意識をね?

相談者:
はい

三石由起子:
持たない方がいいです。

相談者:
・・はい

三石由起子:
あのお、夫婦でね?、離婚しないで2人でいたって・・

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、13になるとこんなもんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
まず、そこは・・

相談者:
はい

三石由起子:
あのあんまり・・過剰に考えない方がいいですね。

相談者:
あー・・

三石由起子:
うん

相談者:
父子家庭だからこうなったみたいにですね?

三石由起子:
そうそうそう・・

相談者:
はい、はい、はい

三石由起子:
うん、それはもう思わなくていい。

相談者:
はい

三石由起子:
それからあのお・・え、ママの方に、行きたいのかな?っていう・・

相談者:
はい

三石由起子:
そういう質問ですけど、

相談者:
はい

三石由起子:
これ絶対言っちゃダメだよ、あなたが。

相談者:
・・あーわたしがですね?

三石由起子:
言っちゃダメですこれ。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
言う、言うとねえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの、この女の子ね・・

相談者:
はい

三石由起子:
あなたに捨てられた気になります。

相談者:
・・え?

三石由起子:
うん

相談者:
あ、逆なんですね?

三石由起子:
はい

相談者:
あーあ

三石由起子:
それ覚えといて下さい。
それとね?

相談者:
はい

三石由起子:
この親に、これくらいの悪態をつく子っていうのはですね、

相談者:
はい

三石由起子:
ホントにママと暮らしたいんだったらあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
もう「自分はママと暮らしたい」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「お母さんと暮らさしてくれ」っていう事を言うんですよ、自分で。

相談者:
ああー・・

三石由起子:
自分で言うんです、これだけの悪態をつく子なんですから。
それをね?

相談者:
あー、ああ

三石由起子:
それをね?言わないっていうのはね・・行けない理由があるんですよ。
・・それを、彼女は分かってるんだな。

相談者:
(泣き)

三石由起子:
ここに来て、ママと一緒に暮すことは・・このママの生活にとっても、邪魔なんじゃないか?っていう事は分かってんですよ。

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
可哀想だけど。

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
ええ、だからね?・・言える状況なら言ってますって。

相談者:
(泣き)そうです・・

三石由起子:
それ言わないで我慢してんですよ、だからそこにあなたがね?

相談者:
(泣き)はい、はい

三石由起子:
そんな事言ったらパパからも捨てられたって思っちゃいますよ。

相談者:
(泣き)そうです・・

三石由起子:
だからこれはもう絶対聞いちゃダメね。

相談者:
(泣き)分かりました。

三石由起子:
うんそれはもう覚えといて下さい、ホントに。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
これ大変な事になります。

相談者:
はい

三石由起子:
それとね?

相談者:
はい

三石由起子:
もう1つ、あの、わたし言いたいのは、

相談者:
はい

三石由起子:
離婚して、父子家庭になった。

相談者:
はい

三石由起子:
ね?、その子には、父親しかいない。

相談者:
はい

三石由起子:
その時にね?、ママの役目もやろうと思っちゃダメなの、あなたが。

相談者:
はい

三石由起子:
それ、ママになっちゃダメなのよ。つまりね?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
「お風呂に入れ」とかね?

相談者:
はい(涙声)

三石由起子:
「歯を磨け」とかね?

相談者:
はい

三石由起子:
「ちょっとだらしないんじゃないの」ってこれママのセリフですよ。

相談者:
んそうですね(涙声)

三石由起子:
うんだからね。

相談者:
はい

三石由起子:
ママになんなくていいの、パパは。あの13・・

相談者:
(泣き)

三石由起子:
13の女の子なんてねえ・・

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
そのうちね、あ、いいなっていう好きな子でもできればね、

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
あの子がいいなっていう事・・そういう気持ちにもなりますから、すぐに。

相談者:
(号泣)

三石由起子:
そうすればねえ、歯なんかねえ、1日3回も磨くようになるよ。ね?

相談者:
(号泣)でしょう、わたし・・

三石由起子:
で、うん

相談者:
(号泣)#$%◆

三石由起子:
お風呂だってね、うーん・・お風呂だってね、朝も夜も入るようになるんですよ。

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
だからね、こんなつまんない事を・・

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
父親言わなくていいの。でね?

相談者:
(泣き)はい

三石由起子:
混乱しちゃダメなのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
それはそれなんだけども、

相談者:
はい

三石由起子:
叱るところは叱らなきゃダメなんですよ。例えばね?

相談者:
はい

三石由起子:
「父親面するな」とかね?

相談者:
はい

三石由起子:
「あなたはただの同居人だ」なんて言ったらね?

相談者:
はい

三石由起子:
だって経済を負ってるのは、あなたでえ、

相談者:
はい

三石由起子:
それこそね?、誰の建てた家(うち)に住んでね?・・ん、誰のおかげでご飯が食べられるって話じゃないですか。

相談者:
はい

三石由起子:
13歳の女の子にこれ言わせちゃダメなのよ。

相談者:
・・

三石由起子:
あなた泣いてちゃダメなんですよ、怒んなきゃ。

相談者:
はい

三石由起子:
「ふざけるな」と。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、「冗談じゃない」っていう事をもう毅然として、

相談者:
はい

三石由起子:
だから毅然として叱らなきゃいけないところも間違えちゃダメなのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。子どもにとってえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
大事なのってね、安心感なんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。多分あなたを父親にしてえ、

相談者:
はい

三石由起子:
このお嬢さんね、安心感がないんだと思う。

相談者:
・・ああ

三石由起子:
母親みたいな事は言われるしい、

相談者:
うーん

三石由起子:
なんかいつもオロオロしてるしい、

相談者:
うーん

三石由起子:
なんかひょっとしたら「ママの家(うち)に・・行け」くらいの事、言いかねないぞ、この人は、って思ってる思うわ。

相談者:
あーあ

三石由起子:
うーん

相談者:
うん

三石由起子:
だってわたしその・・13歳の、女の子の立場・・になって、あなたの話を聞いてたんだけどお、

相談者:
うーん

三石由起子:
わたしまで不安になったもーん。

相談者:
うん

三石由起子:
このお父さんいつまでわたし看てくれるんだろう?って。

相談者:
・・ああー

三石由起子:
言ういう気になりましたもーん。

相談者:
はい

三石由起子:
大事なのは安心感ですよ、やっぱ父親だもん。

相談者:
あそうですね。

三石由起子:
父親といれば安心だっていう気持ちをさ、

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱりい、こう、どっかで持たせてほしい。

相談者:
うん

三石由起子:
うんー。泣いてる場合じゃないんだから。ね?

相談者:
分かりました、はい

三石由起子:
うん

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい、ありがとございます。

今井通子:
はい。三石センセもおっしゃってるけど。

相談者:
はい

今井通子:
13歳のお子さん、さっきからずーっと聞きながら思ってたけど、

相談者:
はい

今井通子:
両親がいようがいまいが、

相談者:
はい

今井通子:
みんなあんなもん。

三石由起子:
そうそう

相談者:
はい

今井通子:
うん。あの、悪態をたれます。
でえ、わたしはちょっと、三石さんとは違うんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
今の13歳、すっごい、したたかだから、

相談者:
はい

今井通子:
烈火のごとく怒ったって・・

相談者:
はい

今井通子:
全然ダメ・・多分。

相談者:
はい

今井通子:
それよりも、

相談者:
うん

今井通子:
「ちょっと話があるんだ」って言って、

相談者:
はい

今井通子:
静かーに、淡々と叱るんです。

三石由起子:
それ、とにかく怒ってるって事は見せなきゃダメよ。

今井通子:
そう

三石由起子:
うん

今井通子:
それも、

相談者:
はい

今井通子:
自分がこれだけやってあげてるのにっていう事が分かるように。
さっき言わ、言われたでしょ?
「誰の家に・・住んでるんだ?」(笑)

三石由起子:
(笑)

相談者:
はい

今井通子:
「誰のご、作ったご飯食べてるんだ?」

相談者:
はい

今井通子:
うん。そういう事を、

相談者:
はい

今井通子:
もう、分からせておかないと、大人になった時に困るから。

三石由起子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
ですよね?

三石由起子:
はい、そうです。

今井通子:
うん。そこは考えて下さい。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
うん、しっかりやって行ければ・・大丈夫だと思いますよ。

相談者:
分かりました。

今井通子:
うん。じゃそういう事で。

相談者:
#$%◆、はい。
どうもありがとござした。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、どうも恐れ入ります。

スポンサードリンク



「父子家庭は関係ない娘13の反抗期。聞いちゃマズイ「お母さんのとこに行きたい?」」への5件のフィードバック

  1. 回答者達の言うとおり、反抗期の子どもはそんなもん。反抗期の子どもに、勝とうと思って戦ったら、ダメ。
     相談者の娘が、『父親面するな。ただの同居人』と言ったのだって、売り言葉に買い言葉に違いない。
     風呂だの、歯磨きだの細かいことは目をつぶる。ようするに、不適切な行動には注目しない。現在できているところに注目する。といっても、何か特別なことではない。当たり前のことに、ちゃんと注目する。ご飯を食べること、学校へ行くこと、などなど、意識して探して、そこに『ありがとう。頑張ってるね』と感謝し、注目する。娘さんと、楽しく雑談できる関係を築く。反抗期が過ぎれば、相談者の苦労も分かってくれる時がくるだろう。
    反抗期がきたのは、ある意味、安心していい。
    母親のところにやろう、なんて甘い考えは捨てて、自分が娘を育てるんだ!そんな覚悟をもてば、きっと娘も分かってくれるようになると思う。相談者、反抗期が過ぎまで、なんとか頑張れ!
    娘さん、いい子だよ!
    娘さんを信じて!

  2. 誰のお陰でご飯食べられるんだ、この家に住めるのも誰のお陰だと思ってるんだ、なんて言っては駄目だよ。そのくらいの歳の子どもなんて心の奥底ではちゃんとわかってる。
    あと、ルールを話し合って決めたような事を親は言うけど、だいたいは親の一方的な押し付けなのに、ちゃんと話し合っただろなんて言っている事が多い。
    うたた寝もするよ。中学生の女の子なんて友達関係から何から何まで心身共に大変なんだから。
    娘をだらしないって言うが、父親も自分が風俗へ行って離婚に至った弱い自分や、自分自身中学生の頃にどれだけ完璧に生活してたのかって事を思い出した方がいい。
    大人になると子供の頃に感じた事や子供の頃の自分自身の行動や態度も忘れてしまう。
    反抗されると、それならお母さんのところに行けって気持ちはわからなくもないが、表面上には出さなくても、娘さんは色んな事考えてるはずだから。
    それから父親に悪態つきながらも一緒にいるのだって、わたしがお母さんの所に行ってしまえばお父さんは一人になってしまう。そんなあたしの気持ちも知らないくせに、ルールだとかうるさく言ってばかりいるって思ってるかもしれない。
    娘がいてくれるから働けるんだよ。

  3. 私には離婚理由と10歳の娘を置いて連れ子だけいった母親に⁇です
    その理由が知りたい〜なんで?

    もしかしてただ相談者が親権とるのを見てるだけ
    どうでもよかったってか?

    父子家庭って見てるこっちを物悲しい気持ちにさせるよね
    市川海老蔵だけだな~そんな気持ちにせないのは
    さすがですね〜
    彼の将来的が明るいせいかな

  4. 「出ていってもいいんだぞ」が伝家の宝刀だった母親と絶賛絶縁した者です。住民票もロック済み。親類には良い顔したがる両親はいつまで私が健在という嘘が突き通せるかしら。そろそろ税金や住宅の件で役所からつつかれる時期。自分がしたことの亡霊に苦しんで孤独に人生を終えてほしい。あの、目黒区の五歳の子に、私もなっていたかもしれない。
    本件の相談者も、孤独な老後になりたくなかったら、海老蔵の爪のアカ煎じて呑みな。ただの男に戻りたいんだろうけど、最初から独身なのと、子供手放して一人になるのは似て非なるもの。ただの同居人から冷徹男に成り下がるだけだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。