出張先の子持ちホステスと3年目。レスの妻との間で揺れる自分語り


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
(笑)こんにちは

相談者:
よろしく、お願いします。

大原敬子:
あのね?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
えー、今聞いてましてね?

相談者:
はい

大原敬子:
この女性も好きじゃないですよ、あなたは。

相談者:
・・うん

大原敬子:
でね?、次にあなたの性格言いますね。

相談者:
はい

大原敬子:
結構キツいですけどね。

相談者:
はい

大原敬子:
なんとあなた、自分で自己中心的な人はね、もっと明確なんです。
あなたの場合にはね?

相談者:
はい

大原敬子:
「妻と」・・「スキンシップではない関係」って・・「それで20年間来て」?、「分かり合えなくなっちゃった」って言ってるんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
な、な、何?スキンシップっていうのは。

相談者:
・・えーと・・

大原敬子:
わたし分からない、どういう事ですか?スキンシップって。

相談者:
あー要するにセックスレスう、ですね。

大原敬子:
何故それ言わないの?それがあなたなんです。分かりますか?

相談者:
はい

大原敬子:
「不倫」っていう言葉が喋ってるけれども。

相談者:
うんー

大原敬子:
それがあなたの価値観なんです。

相談者:
ええ

大原敬子:
そうすとね?、この女性とは結婚しないですよ。ハッキリ言ってしまう(苦笑)、何故かっていうと・・

相談者:
うーん

大原敬子:
あなた自身も、

相談者:
うん

大原敬子:
ほんとに彼女を好きだ・・かどうかではなくって、

相談者:
うーん

大原敬子:
彼女ではなくって、彼女と関係を持つその自分が好きなんだと思うんですね、きっと。

相談者:
あーあー

大原敬子:
・・その自分が。

相談者:
そうですね・・

大原敬子:
一途ではなくって・・ある程度計算尽くでしょ?

相談者:
・・

大原敬子:
一途っていうのはもうのめり込んじゃうわけですから。

相談者:
・・うん・・

大原敬子:
そうではないんです、あなたは。

相談者:
あー&%・・

大原敬子:
原点に戻って。
まずあなたは・・

相談者:
ええ

大原敬子:
妻と別れるならば・・

相談者:
うん

大原敬子:
別れる準備をしてるかどうかって事です。

相談者:
ああー

大原敬子:
彼女と、結婚するって約束をする前に、妻・・

相談者:
はい

大原敬子:
要するにあなたの立ってる位置は今、妻の方なんですよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
今日は、

相談者:
うん

大原敬子:
奥さまと別れるならどうしたらいいのか?

相談者:
はい

大原敬子:
この女性と一緒になるならどうしたらいいか?って。

相談者:
はい

大原敬子:
両方とも何も手をつけてなくって・・僕は右往左往、迷っていますってのが相談じゃないですか?

相談者:
・・ああ・・そ、そうですね、ま・・重要な決断が出来ないと・・いうところだと思います・・

大原敬子:
これまだ重要じゃないですよ?

相談者:
・・

大原敬子:
これはちゃらんぽらんっていうんですよね。

相談者:
ああ

大原敬子:
キツいかな?・・でも・・

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
この年になってあなたね?

相談者:
ええ

大原敬子:
ほんとに人生を迷、あの、相手の女性、不倫をした女性にも・・

相談者:
はい

大原敬子:
彼女今まで1人で生きて来たんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
だ、中途半端な愛は一番被・・被害を被るのね?

相談者:
はい

大原敬子:
今の奥さまにとっても。

相談者:
はい

大原敬子:
もしかしたら両方から捨てられる可能性があるんですよ、あなた。

相談者:
はい

大原敬子:
それがあたし怖いんです。分かりますか?

相談者:
ああ、はい

大原敬子:
「僕はどっちにしようかな?」、「あっちにしよう」ったら、「はい、分かりました」って。
女性は・・

相談者:
はい

大原敬子:
生きる力は強いんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
こんーなに弱い男と思ったら、捨てますよ。

相談者:
うん・・うん

大原敬子:
捨てられたらあなたどこに行きますか?・・どっち縋(すが)ってけば生活出来る?

相談者:
・・

大原敬子:
ほんっとに捨てられた時に。

相談者:
・・ああ

大原敬子:
どっちですか?、裸一貫の時に、どちらに・・ドア叩きますか?

相談者:
・・悩んでる時点で多分おかしいと思うんですけど。

大原敬子:
分かりました?(笑)

相談者:
ええ、ええ、うん

大原敬子:
僕が・・2人に捨てられて、どん底になって・・

相談者:
一人・・

大原敬子:
行き場が無くなった時に、もうお腹も空いて何もどうしてもない。ね?

相談者:
はい

大原敬子:
その時に、どちらの女性、の、ドアを叩きますか?ってのが、答えです、あなたの今の、今のね?

相談者:
・・はい

大原敬子:
遠慮もしないで、こんな風采で・・えー?と驚くような風采でも・・一応受け入れてくれるんじゃないか?、ほんとは受け入れてくれないかもしれないんですよ、女性は。
でも・・

相談者:
うん

大原敬子:
あなたの今の位置で、どちらの方が・・僕を受け入れてくれる可能性があるかな?ってのが、今日の迷いのあなたには答えになるんじゃ、ないでしょうかね?

相談者:
うん・・うーん(ため息)

大原敬子:
どちらですか?

相談者:
・・不倫相手の方、になります。

大原敬子:
何を言ってるの、あなた。こんな、不倫と一緒になりたいっていうあなたがね?、いいですか?

相談者:
はい

大原敬子:
この不倫・・をしたいって女性だったら普通は「不倫です」って行くじゃない?それが、「うーん」って考えてるって事は(苦笑)・・

相談者:
うん

大原敬子:
今、あなた言ってるのは、「不倫相手と結婚したい」って言ってるんですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
その女性をこれだけあなたは・・悩んでるんですよ?

相談者:
うん

大原敬子:
それが答えだと思っていただきたいの。
今のあなたの気持ちですよ?

相談者:
あはい

大原敬子:
今、どれがいいか悪いかは、もうわたしは言えないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
ただ・・このまま行くと・・あなた自身の人生が、

相談者:
はい

大原敬子:
凄くわたしは気になるって事です。

相談者:
そうですね。

大原敬子:
怒りましたけどね?

相談者:
はい

大原敬子:
ちゃんと・・聞いてくれてありがとね。

相談者:
あ、いえいえ

大原敬子:
先生いかがでしょうか?

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
あ、もしもし?

相談者:
あ、はい、ありがとうございます。

ドリアン助川:
あなたあのお、ま・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、男お、の目から見ますと、もう一つ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あるんですけども。
一つ・・二つ、三つ四つぐらい他にスナック回られてみたらいかがでしょうかね?

相談者:
・・フフ(苦笑)

大原敬子:
ハハ(笑)

ドリアン助川:
あの、女性経験、あまりあなた無いでしょ?・・

大原敬子:
うん

ドリアン助川:
実は。

相談者:
あ、ほとんど無い、と思いますけども。はい

ドリアン助川:
ですよね?、だからほんっとにもう・・「俺はどうしたらいいんだぁ」っていうんで立ち往生しちゃってるようなとこにいらっしゃるので。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
うん

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ええ

ドリアン助川:
いずれにしろ、これはいつかは決断しなきゃいけない事なんですが、

相談者:
そうですね・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あまり時間はもう掛けられないと・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
自分は、思っ・・

ドリアン助川:
いや・・

相談者:
てはいるんですけどね。

ドリアン助川:
うん。それでもね?

相談者:
うん

ドリアン助川:
今日例えばあの、大原先生にね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー色々・・言っていただいたように、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの女性の・・意見、女性の声ってのも・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、他にも・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
何人か聞いてみたらいいかな?という風に思います。

相談者:
分かりました。

ドリアン助川:
はい、よろしいですか?

相談者:
はい・・はい。
ありがとうございますう。

ドリアン助川:
はいどうもー

大原敬子:
頑張ってね。

ドリアン助川:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい


スポンサードリンク



「出張先の子持ちホステスと3年目。レスの妻との間で揺れる自分語り」への8件のフィードバック

  1. 相談者の自己弁護みたいな言い訳を延々と聞かされてイラっとしたね。久々の大原砲炸裂にスカッとしたね。

  2. 相談者が自己分析、という名のオ◯ニーにふける一方で、相談者妻は着々と離婚の準備を進めているのでは。

  3. 48歳の相談か?
    ただ単にしたいだけなんだと思ったけど。

    それにしても若いうちにおみずのお姉ちゃんに接しておくべきなんだな。
    水商売系にも全く免疫がないから45歳で運命的な出会いと思うってさー友達もいないでしょ。私が相談されたら笑ってあげるのに。

    今年も欠かさず書き起こしありがとうございました。たくさん笑わせて頂きました。相続系の相談では勉強させていただきました。感謝しております。

  4. 私も。管理人さん、今年もお疲れ様でした。謎解き系での相談では管理人さんの推理に何度も唸りました。多くの相談は「焚き火で暖を取りたいけど煙は嫌」から原因が生じている、という学びもありました。来年もよろしくお願いいたします。

  5. 出張先のスナックバツイチ女
    一緒になると仮定して、女性は夜の世界辞めさせれるの?
      夜は子供(大きいから4~5年で独立)と留守番?
      別の男に口説かれてるの耐えられる?

    出張でたまに会うからいいんだよ。
    親子で自由な生活してきたのに
    出張から戻ってきた男(結婚)に、お互い耐えられるかしら(^o^)

      

  6. ドリ助の一言が最高。経験不足を見抜かれて、悔しまぎれに「あまり時間はかけられない」とかまた悲劇のヒーローぶるところとか、聞いてて笑っちゃった。
    真面目って言われて喜ぶ男って、皮肉に気づけないつまんない男だよね〜と前々から思ってたんだけど、管理人さんも同じ考えで嬉しかった笑
    不倫?相手の女性に本音を聞いてみたい。

  7. まるで20代の男性が歳上の子持ちの女性に騙されているような内容でした。女性経験が少ないと幼いとは思いたくないけれど、お子様の悩みだわ。スナックの女性も、「離婚しました、同居します、転職もしました。」なんて男性に言われたら慌てるかもね。
    管理人さん、今年もお世話になりました。来年も書き起こし、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。