退職金で家買ってすっかんぴんの熟年離婚。年金分割できますやろか?

テレフォン人生相談 2019年6月29日 土曜日

経済的理由から、だいぶ前(10年以上?)から離婚は考えていたが、今の気持ちはほぼ固まっていて、夫も同じ気持ちであることを確認した。
夫は10年前に(定年?)退職して、退職金を得たが、家の購入費用とパチンコで残っていない。
離婚後の収入として夫の年金分割に期待しているが、今ですら余裕がない状態で分割は可能か?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 関西なまりの女64歳 夫69歳 別居中 離婚して子どもと暮らす長男39歳 次男37歳

今日の一言: なし

続きを読む 退職金で家買ってすっかんぴんの熟年離婚。年金分割できますやろか?

そして誰もいなくなった。敵意で覆われた同情への渇望。女の激情は遺産に向く

テレフォン人生相談 2019年6月28日 金曜日

4人兄弟の長女。
母の死を1年経ってから知った。
妹が管理していた母の口座を調べたところ、残高はほとんどなし。
遺産をもらうことはできるか?

一本のたくあんを7人家族で食べるような家庭で一人バカにされるも、中学を出て働いて家計を助けた相談者。
幼い頃から苦労してきたのは分かるのだが、今の現実は何を物語る。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女69歳 別居中の夫75歳 一人暮らし 子どもは3人 1年前に母は他界 4人兄弟の長女

今日の一言: 意識領域の拡大。これが不安への積極的な解決です。

続きを読む そして誰もいなくなった。敵意で覆われた同情への渇望。女の激情は遺産に向く

義兄が逝って帰ってきた失踪20年の兄嫁。そのまま居座るも迫力負けの相談者夫婦

テレフォン人生相談 2019年6月27日 木曜日

妻の母は入院中で、妻はときどき実家に通っている。
実家の敷地には妻の兄の家も建っていて、兄嫁は20年前に出て行ったきりだが、離婚はしていない。
一年半前に妻の兄が急死し、妻が兄の息子に連絡したところ、葬儀に兄嫁が出てきた。
一ヶ月半前から、兄の家に兄嫁が住み始めた。
どういうつもりなのか?
法的にどうにかできないか?

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男72歳 妻68歳 長女39歳 次女36歳 三女33歳 入院中の義母97歳 義兄は1年半前に他界

続きを読む 義兄が逝って帰ってきた失踪20年の兄嫁。そのまま居座るも迫力負けの相談者夫婦

女「過干渉な親だったけど仲はいい」マドモアゼル愛「違う。あなた殺されたの」

テレフォン人生相談 2019年6月26日 水曜日

※ コメント欄に相談者ご本人からレスがつきました。

仕事、周囲との人間関係、親との仲・・生活のどこにも問題が見当たらないにも関わらず、絶望感にさいなまれる。
内面には他者への依存性、あるいは弱い者への攻撃性を自覚する。
女の欺瞞にマドモアゼル愛が切り込む。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女31歳独身 一人暮らし 両親は別に暮らしている

続きを読む 女「過干渉な親だったけど仲はいい」マドモアゼル愛「違う。あなた殺されたの」

オカズは現物下着。虚しい自慰歴10年。レスもやむ得ない妻の立場

テレフォン人生相談 2019年6月25日 火曜日

相談者が仕事で疲れてセックスを受けつけなかった時期があって、それを機に妻も求めないようになった。
その後、相談者は興味が復活するも、今度は妻の方が「その気持ちはない」。
インターネットで下着を買ってマスターベーションをしている。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 男49歳 妻51歳 結婚19年 子どもはいない

続きを読む オカズは現物下着。虚しい自慰歴10年。レスもやむ得ない妻の立場

特別支援学級だった二十歳の息子はバイトすら不採用。職業訓練校「就職は難しい」

テレフォン人生相談 2019年6月24日 月曜日

コミュニケーションが上手く取れない息子が通っている職業訓練校から「就職は難しい」と言われてしまった。
発達障害、自閉症の診断を受けたことがあって、小学校、中学校は特別支援学級。
バイトをしようとしたが面接で不採用。
家の中では特に問題はないが、話すことが幼く、話の辻褄が合っていない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女56歳 夫65歳 長男20歳 17歳 義母と5人暮らし

今日の一言: この子を自分が上手く成長させようというコントロール感覚がある場合には、難局は切り抜けられます。

続きを読む 特別支援学級だった二十歳の息子はバイトすら不採用。職業訓練校「就職は難しい」

怒られることの恐怖から人の顔色を伺うクセが強く転職を繰り返す男のトラウマ

テレフォン人生相談 2019年6月22日 土曜日

人の意に反することをしたときに否定されたりする(仕事のことのようで、早い話、ミスや行き違い等を叱責されることだと思われる)と、心が動揺する。
それを避けるために人の顔色伺うクセが強い。
転職を繰り返し、今はアルバイと在宅ワーク。
叱責される恐怖心の原因を紐解いていく。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 男38歳独身 別居中の父82歳 同居の母75歳 二人暮らし 一人暮らしの兄41歳

続きを読む 怒られることの恐怖から人の顔色を伺うクセが強く転職を繰り返す男のトラウマ