家事ハラに耐えるも離婚を告げられ幼子を奪われ相談したら引導渡される


(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川です。

相談者:
こんにちは

中川潤:
・・あのお、いや今、一番最後にね?、あのお・・

相談者:
はい

中川潤:
・・あなたあ、そのお、この調停については、どうなんですか?っていう・・質問の、ご返事がね?

相談者:
はい

中川潤:
職場も変えてえ・・

相談者:
はい

中川潤:
でえ・・子どもの事を考えて、移住までしたと。

相談者:
はい

中川潤:
職も変えたと。

相談者:
はい

中川潤:
なのに、その子ども、ま、連れてかれて、取られて、「離婚するような事はしたくない」っておっしゃったんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
あの、お話聞いてんのはあなたの方からだけなので、

相談者:
はい

中川潤:
例えば、ま、調停になればあ、調停員の立場だったら・・両方からのお話聞くわけで、

相談者:
はい

中川潤:
奥さんは奥さんで、な・・どういう事をおっしゃるか?っていうのはまた別の問題なんだけども。

相談者:
はい

中川潤:
あの、あなたのお話聞いてても・・あなたも割りと論理的な人で?

相談者:
そうですね。

中川潤:
ねえ?

相談者:
と思います。はい

中川潤:
なんていうんだろ?、お、奥さんも、すごーく、なんていうんだろ?・・さっき・・いみじくも責任感が強・・くて・・

相談者:
はい

中川潤:
目一杯、あのお、自分が納得の行くまで、なさろうとされる・・それ自体・・悪い事ではないんだけども・・

相談者:
はい

中川潤:
やり過ぎやないか?と・・

相談者:
そうですね・・

中川潤:
あなたから見れば思えるわけでしょ?

相談者:
はい、はい

中川潤:
だからあなたのおっしゃる事を前提に・・あのお、言えば、やっぱり中々波長が合わないんだね?

相談者:
・・うん

中川潤:
で、そうすっとね?

相談者:
はい

中川潤:
あの・・どっかで・・あの、掛け違い・・ね?、美しく言えば掛け違いですよ?

相談者:
うん、はい

中川潤:
が、気持ちの・・

相談者:
はい

中川潤:
起きていて、

相談者:
はい

中川潤:
それが・・お互いになのかどうなのか?は分からないのだけども・・

相談者:
はい

中川潤:
そこに、気がつかないままに・・それが、大きな溝になってクレバスになってしまって・・

相談者:
はい

中川潤:
飛び越えるに飛び越えられない、状況に来てしま・・った、と・・思っておられるのが奥さんなんだろうと思うんですよ。

相談者:
はあ、はい

中川潤:
うん・・

相談者:
うん・・

中川潤:
で、でなかったら、奥さんだってね?

相談者:
はい

中川潤:
やっぱり母親としてえ・・ね?

相談者:
はい

中川潤:
あの、父親の存在・・を、どうなのか?って事は、それなりにやっぱり考えますから。

相談者:
はい

中川潤:
で、考えた上での・・決断ですからね?

相談者:
うーん、はい

中川潤:
そうすっと・・あのお・・ま、男性もそうだけども、少なくてもま・・通常女性なんだけど、女性がここまで思い切った事をやるっていうのはもう腹決まってんですよ。

相談者:
はい

中川潤:
はっきり言って。

相談者:
はい

中川潤:
で・・あの引き返す気持ちは全くないんです。

相談者:
はい

中川潤:
これはあなたにはちょっと酷な言い方なんだけど。

相談者:
はい

中川潤:
で、そういう状況・・を、前提にして、あなたあ、として・・最も好ましい、行動の取り方は何だろうか?・・ていう、考え方を取らないと・・

相談者:
はい

中川潤:
あなた自身も・・堂々巡りをするし・・

相談者:
はい

中川潤:
かつ精神的にも参ってしまう。

相談者:
はい

中川潤:
と、わたしは思うんですよね。どう思いますかあ?

相談者:
・・うーん・・そうですね、それは・・うん

中川潤:
で、あなたの中にね、もう一つあるのは、「ここまで」ね、「譲歩して、目一杯やってやったのに」・・「なんじゃこの仕打ちは!」と。「これで離婚?」・・「とんでもねえ!」、ま、「まして子ども連れて行く?」・・「許せん」
という気持ちも恐らくお有りになると思うのね?

相談者:
はい・・はい

中川潤:
ただ・・あなたが思い描いておられるような・・その、家庭?

相談者:
はい

中川潤:
ていうのは・・それを提供する事は今の奥さんとの間では無理なんです。
も、そこをまず認識しないとダメだって。あなた自身の考え方の出発点として。

相談者:
んん・・

中川潤:
現状は。

相談者:
はい

中川潤:
ただね?・・ご夫婦が別れても・・

相談者:
はい

中川潤:
父親である事には変わりがなくて。

相談者:
はい

中川潤:
ほで、子どもさんが、それなりの年齢になって来た時に・・

相談者:
はい

中川潤:
お父さんに会いに行って・・或いは、子どもさんが、あー、ご自身で・・何がしかのサポートをしてほしいって時に・・あなたが父親である事には変わりないんだから・・

相談者:
はい

中川潤:
サポートしてあげられる・・立場にいらっしゃる事は・・これは揺るぎはない事なんですよ?

相談者:
はい

中川潤:
そうするとね?、今の状況の中で・・

相談者:
はい

中川潤:
一番、子どもお、が・・穏やかに・・

相談者:
はい

中川潤:
生活できる・・場を作る・・ていう事を・・

相談者:
はい

中川潤:
お2人の夫婦別れの問題は夫婦別れの問題として・・

相談者:
はい

中川潤:
ね?子どもさんの事をもし考えるのであれば・・

相談者:
はい

中川潤:
そういう・・ところから考えて行かないと・・

相談者:
はい

中川潤:
物事は・・進まないんじゃないかな?

相談者:
はい

中川潤:
ないものねだりしてもしょうがいないでしょ。

相談者:
はい

中川潤:
分かります?

相談者:
分かります。

中川潤:
ねえ?・・あの・・心の交流はもう、どっかで途絶えてんです、完全に。

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)


家事ハラに耐えるも離婚を告げられ幼子を奪われ相談したら引導渡される」への4件のフィードバック

  1. 数日前の産後夫を嫌いになった妻の相談もですが、実家も嫁に出した娘との関わり方を考えないと離婚されても今度は両親も大変でしょうし、でも以外と歓迎されるのかな?転居転職までしたご主人が最後途方に暮れた声が気の毒でした。良い人と出会えます様に。

  2. 新年の新しい試みだったのですね!なんだろうこの写真とずっと思ってました笑
    今年も鋭く的確な分析楽しみにしています。

  3. ご主人が妻の実家の近くに引っ越した件、子育てを妻の実家の親に手伝ってもらいたかったからでしょう?
    ちょこちょこ来てもらったり、ちょっと預けたり、熱が出たら一緒に病院に付き添ってもらったり・・それはそれは助かる存在。
    成長してない妻ならなおのこと。夫はその分安心できるし楽だし。
    転職と引き換えに、というのは極端ですが、ちょうど職場もうまくいっていなかったりすれば、この機会に・・と。

    初めから妻の実家の近くに家建てる夫婦もいますからね。(ウチの次男)(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。