彼女への隠し事、どう打ち明けたら? 脚本:今井通子&塩谷崇之


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい
はい、こんにちは

相談者:
よろしくおねがいします

塩谷崇之:
はい
難しい・・問題ですね
悩むところだとは思いますけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
でも、彼女とは、ま、真剣なお付き合いをしていて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、今後、結婚、も、考えている、んですね?

相談者:
そうです

塩谷崇之:
はい
彼女の方も、そこを意識しながらお付き合いをしてるわけですか?

相談者:
ええ・・だと思います

塩谷崇之:
そうですか
ま、双極性障害ということでね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、ま、あー、ま、あなたの方でも、それ治療は、今受けてるわけですよね?

相談者:
はい
そうです

塩谷崇之:
はい、はい
で、時々、そうやって休職はしてしまうけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
なんとか普通の社会生活は、送れている。

相談者:
はい

塩谷崇之:
わけですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
今の会社も、一応10年ぐらいは続いて、

相談者:
そうです

塩谷崇之:
勤務できてるわけですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん
だから、ま、そうだとすればね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、そういう、ま、病気を抱えて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、頑張って、やって・・おられてですね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、ま、結婚しても、おー、そういう、状態が続けられるということであれば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
結婚すること自体にはね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
わたしはそんなに支障はないんじゃないかな?とは思っているんですよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、一番良くないのは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
やっぱりそこの部分を、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、隠してね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
結婚を、してしまって、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、いずれやっぱり彼女には分かることですからね。

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
んん
で、それが、結婚した後で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、「実は」、あー、「前からこうだったんだ」ということをね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、打ち明けられたときの、

相談者:
はい

塩谷崇之:
おー、ま、彼女の、なんていうんでしょうかね、裏切られたというような、

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
うん
あの、分からないですよ?、もしかすると、その段階でね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
別に、彼女はそんなに気にしないかもしれないけれども、

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
その、あなたが、病気であるということ以上に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それをあなたが隠して、結婚しようとしたこと自体がね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
彼女にとっては、すごく、まあ、悲しいというか、屈辱的というかね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
残念なことだと思うんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん
で、それを考えるとね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのお、それを、やっぱり隠したまま、結婚するというのは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
わたしはやっぱりあんまりお勧めはできない

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん

相談者:
わたしもそう思います、はい

塩谷崇之:
うん
で、そうだとするとね、えー、あなたも彼女も、真剣に結婚も考えてお付き合いしているんであれば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
やはりしかるべき時期にね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、きちんと、話をした上で、結婚の最終的な意志決定を、して頂いたほうが、いいのかなと思います。

相談者:
はい
ちょっと、えーと、質問になるのですがあ、

塩谷崇之:
はい

相談者:
その、しかるべき時期というのが、

塩谷崇之:
うん

相談者:
今なのか?

塩谷崇之:
うん

相談者:
例えばもう少し、おつき合いをした後で、例えば、も、な、一年ぐらい、おつき合いした後で、

塩谷崇之:
うん

相談者:
「実は」、あの、「わたしは病気」だ、「で、休職をしていたんですが、」

塩谷崇之:
うん

相談者:
「あなたに何か、」あの、「迷惑を掛けるようなことはありましたか?、それとも、」「それでも、」え、ん、「もしもないようでしたらば、このまま」・・「おつき合い、また結婚という形をとっていただけませんか?」と言うのがいいのか?
それとも、もう今の段階?、なるべく早い段階で、そういう事実を、明かしてあげた方がいいのか?
そのタイミングというのも今すごく、悩んでるんです。

塩谷崇之:
んん・・ま、あのお、わたしはなるべく早い方がいいと思いますよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
はい

相談者:
うん・・

塩谷崇之:
あのお、もちろんね、タイミングっていうのは、あるんでね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、じゃ、その、思い立ったらすぐに、ということではないですけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
結局、そのお、それを先延ばしにするということは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それまで、あなたがずっとその、ま、う、嘘をつき続けなくちゃいけない。

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
隠し事をし続けないといけないわけじゃないですか。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのお、あのお、隠し事を、している時期が長くなるほどね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
彼女お、がそれを知ったときの、ショックっていうのは、大きいと思いますんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
だからなるべく、あのお、なんていうのかな、嘘はつかずに済むような、

相談者:
はい

塩谷崇之:
方向に

相談者:
はい

塩谷崇之:
持っていった方がいいと思いますんでね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、そのためには、やはりね、あのお、なるべく早い段階で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
「自分は、真剣に、」えー、「あなたとの交際を考えてる」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
「で、今後、結婚のことも考えているけれども、その前に、きちんと、やっぱりこういうことは話しておかなくちゃいけないと思うんで、」

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、「今まで」、えー、「黙っていて申し訳なかったけれども」、

相談者:
はい

塩谷崇之:
「実はこういうことなんだ」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん
「でも、自分はそれを乗り越えて」

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、「なんとか頑張ってやっていきたいと思うんで」

相談者:
はい

塩谷崇之:
「一緒にやってって欲しい」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう気持ちを、彼女にしっかり伝えて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
でもし、それで彼女が、

相談者:
はい

塩谷崇之:
「わたしはムリです」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
言うようであればね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それはそれで、もうしょうがないですよ。

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
うん
も、そう、もし彼女がそうだとすればね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたが隠してて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
結婚したとしても、

相談者:
はい

塩谷崇之:
結婚した後で、それを知ったときに、やはり壊れますよ。

相談者:
はい
分かりました、はい

塩谷崇之:
あのお、わたしもね、ま、弁護士やってて、結構、あの、離婚事件というのもやってますけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのね、嘘ついてたと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、結婚前に、ずっと嘘つかれていたと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういうことから、

相談者:
はい

塩谷崇之:
夫婦の関係がおかしくなって、

相談者:
はい

塩谷崇之:
離婚に至るケースってすごく多いんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
だから、願わくば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その結婚する時点で、嘘のない状態にしておく。

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
はい

相談者:
あのお・・はい、分かりました。
ほんとにありがとうございました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かり頂けましたか?

相談者:
はい、了解しました

今井通子:
あのお、ただね、

相談者:
はい

今井通子:
いきなりその自分が病気の話っていうよりも、

相談者:
はい

今井通子:
最初にこう、「ここまでおつき合いしてきて、」

相談者:
はい

今井通子:
「あなたと、」なんか、あの、「ずっとおつき合いしていきたい」って。

相談者:
はい

今井通子:
っていうこと?

相談者:
はい・・

今井通子:
うん
それを、まず最初に言った方がいいですよ。

相談者:
はい、分かりました

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
「で、ついては、」

相談者:
はい

今井通子:
「実は、僕はこういう、精神的な」ね?
「疾患があるんだけれど」

相談者:
はい

今井通子:
「本当は、ゆっくり」?

相談者:
はい

今井通子:
「一年くらい経ってからお話したかったけど、早い方がいいだろうと思うので、今」

相談者:
はい

今井通子:
「打ち明けてしまうけど」って。

相談者:
はい

今井通子:
いうことも、

相談者:
はい

今井通子:
あなたの意志として、

相談者:
はい

今井通子:
しっかり伝えた方がいいと思う。

相談者:
分かりました

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、

相談者:
はい

今井通子:
今お話伺ってると、

相談者:
はい

今井通子:
うつ状態はもう脱しているみたい。

相談者:
はい

今井通子:
うん
頭の中ちゃんと回ってますね。

相談者:
(苦笑)ありがとうございます。はい

今井通子:
うん
なので、

相談者:
はい

今井通子:
えー、作戦って言うとおかしいですけど、順番間違えないように、

相談者:
はい

今井通子:
お話になって、

相談者:
はい

今井通子:
あなたの思いの丈も、きちっとお話になった方がいいと思います。

相談者:
分かりました、はい

今井通子:
はい

相談者:
ほんとにどうもありがとうございました。

今井通子:
はあい、どうもお

相談者:
はい、失礼いたしますう

今井通子:
はい、失礼しまあす

相談者:
はい


スポンサードリンク



「彼女への隠し事、どう打ち明けたら? 脚本:今井通子&塩谷崇之」への2件のフィードバック

  1. 休職であり無職ではない
    嘘はばれなければ嘘でない
    障害であるから病人ではない
    他人にどう映るのか?などと
    鏡に映る自分は選べない
    無職で嘘つきで病人である現実
    自分に向き合うのみ

  2. そりゃあ
    手放したくないよ

    彼女看護師で、
    実の親の面倒も 僕の面倒もみてくれる
    ぼくたち家族を養ってくれる 大黒柱だもん ☺

    隠してどうする。
    はじめから知った上での交際であれば、
    相手さんも覚悟できるのに・・・。

    まぁ自分をよく見せないと交際にまで
    発展しないからでしょうが。

    彼女かわいそう。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。