嫉妬深い相談者と思いきや、明らかにされる夫の人格


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
ええ、僕も今、愛先生の言われた幼児性があるっていうのは、大賛成なんですけどね、

相談者:
はい。

加藤諦三:
結婚して5年、まったく性生活が無いってことで、

相談者:
はい。

加藤諦三:
よく分かんないだけれども、あなた・・を・・女というよりも、母親のような、要求をしてるという風には感じないんですか?

相談者:
・・(笑)
そう言われるとあるかもしれないです。

加藤諦三:
そうだとすると、まあ、分かるような気がするんですよ。
だから、母親を求めているんだけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなたが母親の役割をしていないから、

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなたに独占欲を持ちながらも、あなたに敵意がある。
自分の思うようにならないから。

相談者:
はー。

加藤諦三:
要するに独占欲が強くて、

相談者:
ええ、ええ。

加藤諦三:
自分の思うようにして欲しい。
自分に、かしずいて欲しいと。

相談者:
はい。

加藤諦三:
母親のように全部、受け入れて欲しいと。
慰めて欲しいと。

相談者:
はい。

加藤諦三:
いうときに、あなた、その役割は果たしてないもんねえ?。

相談者:
・・そうですね。

加藤諦三:
ちょっとキツイこと言うようで申し訳ないんだけど・・だから、これもう、今日の相談としては・・あなた・・こういう女性がいて、不安なんだけど、どうしましょうか?、って言うんですけども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなたの決断しかないですねえ。

相談者:
はー。
そうですねえ。

加藤諦三:
つまり、女は、この女性の方なんですよ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、あなたは母親なんですよ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
この関係は彼にとっては安定してんだよね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
母親もいて、女性もいるんだから。

相談者:
はい。

加藤諦三:
だから、それを、認めたうえで、あなたがどう、決断するかですねえ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
5年間結婚して・・なんか、不自然だった、って感じはなかったんですか?

相談者:
ですからあ、それを・・私の中では、そのお、女の人とのせいにしてしまっていたんですね。

加藤諦三:
この女性のね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
ご主人がね、

相談者:
はい。

加藤諦三:
この女性のことを、なんかストレートに表現するような場・・こと、っていうのはないですか?
俺は実はこの女が好きなんだ、とかって。

相談者:
あのお、よく・・あのお、寝言で言ったりはしてますけれども。

加藤諦三:
寝言でこの女性の名前を言うの?

相談者:
はい。

加藤諦三:
それで、あなた、どういう風に感じる?
自分とは・・まったく・・結婚してるのに。

相談者:
はい。
あの、そのときは・・怒ります。
どういうこと?、って。
でも、寝ている上で、言ってることなので、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
そんなこと、一々気にするお前が悪い、って言う風で収拾してしまいます。

加藤諦三:
それで、あなた、それを受け入れるわけね?

相談者:
しょうがない・・ですし、それ以上、口応えしても喧嘩になるだけなので。

加藤諦三:
ええ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
こう言ったら、もっと喧嘩が大きくなるだけだから、止めちゃうっていう・・

相談者:
はい。

加藤諦三:
ことでしょう?

相談者:
はい。

加藤諦三:
この結婚生活を維持するってのが最優先してんじゃないの?

相談者:
はあ、そうかもしれません。

加藤諦三:
もっと言えば、要するに、お互いの、てか、あなたの気持ちを犠牲にしながら、結婚生活をしてるわけですよね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
つまりね、結婚生活の維持を第一にしている限り、

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなたの不安はなくなりません。

相談者:
はい。
わかりました。

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい、分かりました。
どうもありがとうございました。

加藤諦三:
独占欲と敵意は同じコインの表と裏です。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

話が途中から急展開してしまいました。

夫婦のことを相談するのに、夫婦生活(性生活)は重要なファクタだということです。

てか、再婚であることも、聞かれて初めて打ち明けるし、相談者は話を端折り過ぎ。

私は最初、この夫は、まだまだお金のかかる子供も引き受けて結婚するところなんか、なかなか男気があると踏んでたんですが・・

ナルシスト、幼児性、独占欲、敵意、これらは同一線上にあるということなんですね。

いや、でも、女にとって、自分に積極的にアプローチをかけてくれてる間は、こうだとは気づかないんですよねえ。

現に、今の浮気相手も、一度痛い目に遭っていながら舞い上がっているわけで・・

相談者はどうするんでしょう?
母親役を受け入れるには、若過ぎますし、まだ夫婦の歴史もありません。

ただね、2人の子供を抱えて、経済的なものを捨ててまで、決断できるんでしょうか?

離婚に踏み切ったとして、周りは、何で?、と思うかもしれませんね。
酒も、ギャンブルもやらず、子連れを引き受けてくれたのに、って感じで。

他人の離婚の本当の理由なんか、外からは分からないわけです。

試しに、男を匂わしてみたら?
夫の性格からすると、離婚を持ち出した途端に戻ってきたりして。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。