大好きな夫の言葉に傷ついて身体の不調を訴える61歳。本人も気づかない凄い力


テレフォン人生相談 2015年1月5日 月曜日

相談者: 女61歳 夫67歳 子供3人のうちの娘と3人暮らし

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

今日の一言: なし。

スポンサードリンク

加藤諦三:
で、今、お子さんは3人とも外に出てるんですか?

相談者:
家に娘が一人、男が2人外に出てます。

加藤諦三:
分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
最近、主人が、

加藤諦三:
はい。

相談者:
私の傷つくことを言いまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
それが、どうしても、胸に、刺さって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、夜も眠れなくなりまして、

加藤諦三:
はい。

相談者:
苦しくって、苦しくって、

加藤諦三:
はい。

相談者:
主人に言うんですけど、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
そんなことは無いとか、言うばかりで、

加藤諦三:
うん。

相談者:
あのお、話にならないので、

加藤諦三:
うん。

相談者:
自分でも、気持ちを、

加藤諦三:
うん。

相談者:
変えようと思うんですけど、

加藤諦三:
うん。

相談者:
変えれなくて、

加藤諦三:
うん。

相談者:
あまり苦しいので、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ご意見を、お伺いしたいな、と思いました。

加藤諦三:
それで、そのお、どんなこと言われたんですか?

相談者:
ちょっと、言い合いをしたんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そのときに、お前のことは、

加藤諦三:
はい。

相談者:
一ヶ月くらいで忘れるから、

加藤諦三:
はい。

相談者:
別れても平気だよ、とか、

加藤諦三:
はい。

相談者:
変な顔、とか、

加藤諦三:
はい。

相談者:
言われました。
それで、喧嘩の原因はですね、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
女の人、ばかりの、老人会があるんです。

加藤諦三:
女の人ばかりの・・

相談者:
そこへ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お茶飲み行って、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、(笑)、なんかそういうこと言うもんで、

加藤諦三:
ああー。

相談者:
私は、そういうのは、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
気持ちが悪いと言ったんです。

加藤諦三:
うん。

相談者:
それで、私も、別れてもいいわよ、って言ってしまいました。

加藤諦三:
うん。
最近、ご主人がなんか、ほんとに、嫌いになってきちゃったってことが、あるの?

相談者:
女性と嬉しそうに話をしたり、

加藤諦三:
ええ。

相談者:
(笑)それが、すごい、気になった・・

加藤諦三:
うーん。

相談者:
はい。

加藤諦三:
いや、する・・ことが、嫌なのか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
それをしている本人が嫌なのか?、ってところが、

相談者:
いや、本人はね、

加藤諦三:
ええ。
本人は好き?

相談者:
はい。

加藤諦三:
本人は好きだけども、好きなその人が、していることが嫌だと。

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
うーん。
まあ、あなた、ご主人、頼りにして生きてきたんだね。

相談者:
そおうなんです。

加藤諦三:
それで、もう、それがもう、変わることの無い世界ってものがあなたにあったわけでしょ?

相談者:
そおうなんです。

加藤諦三:
ところがその、変わることの無い世界が、

相談者:
はい。

加藤諦三:
変わ・・っちゃった・・となったら、

相談者:
はい。
思いもよらない、感じでした。

加藤諦三:
ええ。
これは、もう、夜も、そらあ、眠れないね。

相談者:
はい。
悲しい・・ちゅうか、あの、一人ぼっちっていうか、ほんとは、自立したいんですけど、主人のことは主人で。

加藤諦三:
自立、かなり、きついよねえ。

相談者:
はい。
無理なんです。
無理。

加藤諦三:
む、無理・・うん、今のあなたからすると、まあ、自立・・は、望ましいけど、ちょっと、無理ですよ、それは。

相談者:
耐えなきゃいけないので。

加藤諦三:
うん。

相談者:
考えを変えたいんですけど。

加藤諦三:
考えを変えたい?
うん。
・・まあ、あの、大変、今日ね、

相談者:
はい。

加藤諦三:
非常に難しい・・質問・・相談だと思うんですけれども、

相談者:
はあ。

加藤諦三:
こういう難しい質問には・・ズバリ、素晴らしい答えが出る、幼児教育研究家の大原敬子先生がスタジオにいらしているので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、そうですか。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。