変則3世帯住宅。嫁の母親と妹までもが移住して来て乗っ取りを図る


テレフォン人生相談 2015年1月17日 土曜日

相談者: 女62歳 夫70歳 40歳と32歳の子ども2人

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 森田浩一郎(医学博士)

今日の一言:
言いたいことを言うためには、自立すること。

スポンサードリンク

(家族構成のやりとりは省略)

加藤諦三:
それで、今は、ご主人とお2人で暮らしているんですか?

相談者:
いえ、長男夫婦と3世帯で。

加藤諦三:
長男夫婦と。
これ、40歳の方、それとも、32歳の方?

相談者:
32です。

加藤諦三:
32歳。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、4人で暮している?

相談者:
違います。
お嫁さん・・息子夫婦と、

加藤諦三:
はい。

相談者:
孫と、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お嫁さんの親と、

加藤諦三:
そうすると、32歳があなたの長男ですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
それで、お嫁さんが?

相談者:
30歳です。

加藤諦三:
30歳。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、お孫さんは何人いるんですか?

相談者:
あの、一人です。
一歳です。

加藤諦三:
お一人。

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい、それで、奥さん・・の、ご両親と一緒?

相談者:
はい。
お嫁さんのお母さんと。

加藤諦三:
はい。

相談者:
妹と。

加藤諦三:
お嫁さんのお母さんと、妹?

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、お嫁さんのお父さんは、もう、

相談者:
いないんです。

加藤諦三:
亡くなられた。

相談者:
はい。

加藤諦三:
妹・・あ、でえ、妹さんっていうのは、何歳くらいの方ですか?

相談者:
25です。

加藤諦三:
分りました。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そいで、どういう相談ですか?

相談者:
えーと、実はね、3年前に、

加藤諦三:
はい。

相談者:
家を新築して、

加藤諦三:
はい。

相談者:
3階建てで、息子が、

加藤諦三:
はい。

相談者:
両方の親、看るっていうことで、

加藤諦三:
はい。

相談者:
むこうの親と、妹で、

加藤諦三:
はい。

相談者:
一緒に住むように、って呼んだんですよ。

加藤諦三:
はい。

相談者:
そおしたら、むこうの、お母さんと妹さんが一緒に入ってきて、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そいで、生活してるんですけど。

加藤諦三:
それで、3階のお家の・・2階とか、3階とか、どこですか?

相談者:
2階と3階で。

加藤諦三:
2階と3階、両方使ってるの?

相談者:
はい、◆△%&が家族で。
で、私と主人は、下で、あのお、

加藤諦三:
1階ね?

相談者:
はい、はい。
生活してるんですけど。

加藤諦三:
はい。

相談者:
生活ね、

加藤諦三:
はい。

相談者:
色んな面で見ても、

加藤諦三:
はい。

相談者:
始めは両方の、ね、親を看るっていう約束で入ったんですけど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
どうしても、むこうの親ばっか(ばかり)?

加藤諦三:
はい、はい、はい。

相談者:
(笑)
これから、どうやって接していけばいいのかなあ、ていう。

加藤諦三:
うーん。
どうしても、あの、むこうの親ばっかりというのは、そのお、あなたの、息子さんの方(ほう)というより、あなたから見ると、息子さんのお嫁さんが、

相談者:
そ、そ、そ、そう。

加藤諦三:
どうしても、近いから、2階と3階で、そちらに注意がいきますねえ。

相談者:
そ、そ、そ、そう、そう。

加藤諦三:
あなたの、その、息子さん自身はどうなんですか?

相談者:
あまり、私たちの方には、向かない。

加藤諦三:
そうすると、例えば、食事は、当然、別ですよね?

相談者:
食事は別です。

加藤諦三:
それで、食事が当然、別で・・息子さんは、

相談者:
はい。

加藤諦三:
ごく普通のサラリーマンですか?

相談者:
◆△%&会社員っていっても、3交代なんですよ。

加藤諦三:
はい。

相談者:
だからあ、ほとんど家(うち)に居るときが、少ないんですけどね。

加藤諦三:
はい。
そうすると、その、息子さんよりも、お嫁さん、が、その2階、3階の中心になってると。

相談者:
そ、そ、そ、そ、そ、そう。

加藤諦三:
ていうことですね?

相談者:
そう。

加藤諦三:
そして、あなたとしては、それが気に入らないと。

相談者:
そう。(笑)
はい。

加藤諦三:
うん。
で、その、3階建てるとき、家を建てるときですね、

相談者:
はい。

加藤諦三:
建物の名義とか、なんか、そういうのは、どうなってたんですか?

相談者:
はい、名義は、建てた名義は、

加藤諦三:
はい。

相談者:
息子です。

加藤諦三:
そうすると、家、そのものは、息子の名義になってる。

相談者:
はい。
土地は主人のです。

加藤諦三:
土地はご主人?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
だから、私たちが住んでたとこ、壊して、

加藤諦三:
はい。

相談者:
そこへ、あのお、家を建てたもんですからね、

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると、あれですか?
なんとなく、その、3階全部が、

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなたたちの、家ではなくて、

相談者:
そ、そ、そ、そう、はい。

加藤諦三:
人の出入りも、なんか、

相談者:
はい。

加藤諦三:
2階、3階の方が、

相談者:
はい。

加藤諦三:
多くなって、

相談者:
はい。

加藤諦三:
きますねえ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、ご主人、70歳で、そろそろ地域社会とのつながりってのは、あんまり、無いんですか?

相談者:
◆△%&の、あれは来ますけどね。

加藤諦三:
そうすると、人の出入りはあるわけですよね?

相談者:
はい、あります。

加藤諦三:
1階から3階まで、社会との接触は、あるわけですよね?
人の出入りは、あるのか。

相談者:
でも、もう、2階と3階を、出入り出来ない様になっているんです。
私たちが行かれないように。
カギ閉めたんです。

加藤諦三:
カギ閉める・・て、あるの?

相談者:
だから、私たちのね、私たちが、2階に上がれないようになってても、

加藤諦三:
はい。

相談者:
上の人たちは、下に来るようには出来るんですよ。

加藤諦三:
つまり、両方から、

相談者:
うん。

加藤諦三:
鍵は掛けられるけど、

相談者:
そう、そう、そう、そう。

加藤諦三:
あなたたちの方は掛けないでいるということですね。

相談者:
そう。

加藤諦三:
で、そのこと自身が、そのお、話題にはなったことはないんですか?
息子さんと。

相談者:
うん、だけど、それを話題にしたら・・息子に言いましたらあ、

加藤諦三:
うん。

相談者:
◆△%&■◎が、2世帯だって言われました。

加藤諦三:
うーん。
あなたとしては、その、息子の態度も面白くないわけですね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、あなたのご主人はどうなってんですか?

相談者:
うーん、言っても、し方がないって諦めてます。

加藤諦三:
そうすると、主に不満なのは、あなたの方ですね?

相談者:
そう、そう、そう、そう、そう。

加藤諦三:
うーん。

相談者:
でも、私がね、

加藤諦三:
うん。

相談者:
下で寝てると、寝室の上が、あのお、2階の人たちの、

加藤諦三:
うん。

相談者:
あの、リビングなんですよ。

加藤諦三:
はい。

相談者:
そうすると、話し声が、ほとんど聞こえちゃうんですよね。

加藤諦三:
はあ、はあ、はあ、はあ。

相談者:
うん。

加藤諦三:
すると、話題でも、気に入らないこと話していることがある。

相談者:
そう、そう、そう。
だから、居ないときには、ほとんど、息子の悪口(笑)。

加藤諦三:
はあん。

相談者:
を言ってるんですけどね、うん。

加藤諦三:
そうすると、あなたとしては、2階のリビングに行って、

相談者:
うん。

加藤諦三:
そんなことないわよ!、と、

相談者:
そう、そう、言いたいんですけど(笑)

加藤諦三:
言いたいんだよねえ。

相談者:
ううん。

加藤諦三:
そいで、あなたとしては、なんか、毎日が面白くないと。

相談者:
はい、そういうことです。

加藤諦三:
お嫁さん自身には、やっぱり、なかなか言いづらい?

相談者:
いえ、言えません。
だから、もう、嫁と・・は、うまくいってるような感じで。

加藤諦三:
結構辛いね。

相談者:
そう、そう。

加藤諦三:
ま、非常にいい顔しながら、

相談者:
そう。(笑)

加藤諦三:
コノヤロ、と思ってるわけ。

相談者:
はい、はい。

加藤諦三:
ふうん。
でも、偉いねえ。
なんか色々あるけど、一応、上手くはやってる。

相談者:
はい。

加藤諦三:
ただ、治まらない、気持ちが。

相談者:
はい。

加藤諦三:
それが、だんだん、強くなってきたってこと。

相談者:
そう。
そうですよね、はい。

加藤諦三:
はい、分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。