定年間近の担任からの嫌がらせで不登校の10歳の孫


テレフォン人生相談 2015年3月9日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女60歳 夫58歳 長女34歳 婿と10歳の孫の5人暮らし 次女32歳

今日の一言: 事実は一つでも、その事実の解釈は人の数だけあります。

スポンサードリンク

(家族構成、年齢のやりとりは省略)

加藤諦三:
で、今、2人で生活、あるいは4人・・

相談者:
ええっと、今は、姉娘夫婦と、孫一人とで同居してます。

加藤諦三:
ああ、そういうことですか。
はい、分りました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
ええっとお、孫の10歳のことなんですけども、

加藤諦三:
孫・・10歳というのは、この34歳、32歳どっちですか?

相談者:
えっと、34歳の・・

加藤諦三:
34歳の、お嬢さんの方の、孫の10歳。
どういうことですか?

相談者:
4ヶ月・・ほど前から、

加藤諦三:
はい。

相談者:
学校の先生に、

加藤諦三:
はい。

相談者:
嫌がらせを受けていたみたいで、それが原因・・

加藤諦三:
嫌がらせっていうのは、どんな嫌がらせですか?

相談者:
えーっとお、あの、3週間くらい前に、聞いたんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あの、授業中だったりい・・それとか、給食だったりい、

加藤諦三:
はい。

相談者:
も、色々・・なんか、本人がもう、学校に行きたくないほど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
先生の顔見るのも、辛くなるほど、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう、嫌・・嫌になったみたいなんですよね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい。

加藤諦三:
あの・・授業中も先生の顔見るのが嫌だ。

相談者:
うーん、一番最初は、あのお、
「先生?」、
って、今日、例えば、なにか、あの、日直だったり、そういうときに、先生に、一言、目当てを聞くのに、
「先生?」、
って、聞いたら、先生が面倒くさそうに、大きなため息ついて、もう、嫌だあ、っていうような態度をされたので、それで、まず話しが出来なくなったとかあ。
で、あとは、算数の授業中に、

加藤諦三:
はい。

相談者:
プリントをやっていて、

加藤諦三:
はい。

相談者:
で、そのプリントを、あの、先に出来たので、先生の所に、持って行ったら、

加藤諦三:
はい。

相談者:
何も言わずに、順番で並んでるんですけども、

加藤諦三:
はい。

相談者:
手で払いのけられて、次の子を見てあげて、
「しばらく待って」、
って、言われて。
「進んでいいですか?」
って、

加藤諦三:
はい。

相談者:
また聞いたら、
「待っててって言ったでしょ?」、
って、言って、そのまんま、ずうっと、立って、あのお、端で、待ってたらしいんですよね。
そしたら、チャイムが鳴って、
「ああ、もう時間だから」、
って、他の子に、あの、出来た子に、答え合わせするように、なんか、指示したらしいんですよね。
それとか、あと、授業中に、

加藤諦三:
ちょと・・ちょっと待ってください。
これ、大変酷いことですねえ。
つまり、自分の順番が来たのにい、

相談者:
はい。

加藤諦三:
払いのけておいて、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お孫さんの次の人のプリントを・・は見たと。
いうことです・・

相談者:
そう、次から次と並んで見て、あげてたそうです。
で、その間、ずうっと、

加藤諦三:
そ、その10歳のお孫さんだけ、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ずうっと見ないでほっといて、ということですね?

相談者:
そうです、そうです、そうです。

加藤諦三:
ふーーうーん・・
そいで、その先生は、

相談者:
はい。

加藤諦三:
学校の中では、どういうような立場の先生ですか?

相談者:
えーと、もう、退職するそうです。

加藤諦三:
ふーん。

相談者:
でえ、これは余談なんですけども、

加藤諦三:
うん。

相談者:
以前にも、同じクラスの子なんですけどお、

加藤諦三:
うん。

相談者:
問題は、公になってないので、あまり言えないんですけども、

加藤諦三:
うん。

相談者:
その子は、その子が悪いっていう子どもたちの中に、その先生が、あの子は悪い子だ、って、いう感じで、

加藤諦三:
うん。

相談者:
攻め立てて、そして、結局その子は、転校したんですよね。

加藤諦三:
うーん。

相談者:
うーん。
で、他の、

加藤諦三:
ていうことは、あれですか?
学校では、

相談者:
はい。

加藤諦三:
公に・・なんか処分ていうことはないけども、問題のある先生だ、って、みんな、言っているということ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
で、教頭先生が味方についてるって、ある・・父兄から聞いたんですけども。

加藤諦三:
教頭先生が何?

相談者:
教頭先生と、その先生が、

加藤諦三:
うん。

相談者:
もう、なんか、問題があると、もう、2人で、タッグを組んでるっていうか、だから、強気みたいですよ。
て、そうやって聞いたんですけど、わたしは。

加藤諦三:
要するに、教頭先生から、非常に、ま、可愛がられてるっていう・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
要するに、気に入られている先生だと。

相談者:
だと思います。

加藤諦三:
いうことですね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい。
それで?

相談者:
で、あと他にも、

加藤諦三:
うん。

相談者:
給食のときも、必ず副食が残る・・らしいんですよね。

加藤諦三:
うん。

相談者:
で、たくさんあったのに、3人で、分け合うのに十分あったのに、わたしにだけね、あの、先に並んでたのに、最後にされて、残り物の汁・・ほんの少しの具と、汁しか無かったって。

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
だから、わたしってやっぱり、先生に嫌われてるんだ、って、

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
言ったんですね。

加藤諦三:
ふうん。

相談者:
うん。
だから、もう、学校には行きたくないと。

加藤諦三:
うん。

相談者:
先生の、もう、顔見ると、やっぱり、お腹も痛くなるし、緊張して、

加藤諦三:
はい。

相談者:
もう、行きたくないって言うんですよね。

加藤諦三:
そいで、行きたくない、って言って、実際に行っていないんですか?、今。

相談者:
行っていないんですよね。
もう、3週間くらい行ってないんです。

加藤諦三:
あ、先ほど言いましたね、3週間っていうのはね。

相談者:
はい。

加藤諦三:
3週間・・途中で、1回、2回行ってるんじゃなくて、ずうっと行ってないんですね?

相談者:
行ってないです。

加藤諦三:
ええ。
で、今日のあなたの相談っていうのは、

相談者:
ええ。
どういう風に、

加藤諦三:
この3週間、

相談者:
はい。

加藤諦三:
そのお、学校に行かなくなってしまった、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お孫さん・・と、どう接っしたらいいのか?っていうことですか?

相談者:
そうなんですね。
このまま、行きたくないって言うまま、行かせないで、

加藤諦三:
うん。

相談者:
あの、新学期、新しい先生になるまで、待つって言う孫の意見と、

加藤諦三:
孫がそう言ってるわけね?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
もう、行きたくないって。
先生が、今回で、もう、退職するので、

加藤諦三:
うん。

相談者:
先生の顔見ないで、

加藤諦三:
うん。

相談者:
次の新しい先生を待つって言うんですよね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
でもお、

加藤諦三:
そうすると、今、こういう風に、行かないでいるのを、そのまま、

相談者:
はい。

加藤諦三:
しといていいか?っていうことでしょうかね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。