姑に夫の白血病を伝えるべきか。悩むワケは「責められるのが恐い」


テレフォン人生相談
2015年4月25日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 森田浩一郎(医学博士)

相談者: 女58歳 夫59歳 実母84歳 3人暮らし 長男30歳 長女28歳 舅88歳 姑84歳

今日の一言:
情報の伝え方で情報の影響はかなり違います。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
で、今は、お2人で生活してんですか?

相談者:
いえ、私の母と3人で暮らしています。

加藤諦三 :
お母さん何歳ですか?

相談者:
84です。

加藤諦三:
84歳。
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
夫が癌になりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのことを、夫の両親に、今まで伝えていないで、ずっと治療しています。

加藤諦三:
何年前・・から、

相談者:
えっと、5ヶ月前です。

加藤諦三:
5ヶ月前から。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、そのことを、ご主人には言わない・・で、治療を続けているという、

相談者:
いえいえ、えっと、主人は知っています。

加藤諦三:
はい

相談者:
主人の両親に、言わないで、今まで治療してきました。

加藤諦三:
はい。
で、今、あなたとしては、ご両親に、言った方がいいか、言わない方がいいか、ということですか?

相談者:
ただ、あのお、夫は、とても、それを・・今、言いたくないし、

加藤諦三:
はい

相談者:
いきなり会ったらあ、体も随分、痩せているし、髪の毛も抜けているので、たぶん両親はすごくショックを受けると思います。

加藤諦三:
ご両親は何歳ですか?
あ、そのご主人の。

相談者:
父が、88、母が84です。

加藤諦三:
で、今・・は、お元気で、別の所で暮らしている。

相談者:
はい、えっとお、元気・・ていうか、父は、少し、認知が始まり掛けているのではないかと言われています。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
で、同じ敷地の中に、夫の弟夫婦が住んでいますので、身近の、あの、ケアは、弟夫婦がやってくれています。

加藤諦三:
で、弟夫婦は、自分のお兄さんが、5ヶ月前から、癌になってるっていうことは、知ってるわけですね?

相談者:
はい。
5ヶ月前には、別のその感染症で入院しました。
癌が、ま、結局原因だったんですが。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのときには、すぐ退院出来ると、わたしたちは判断してたので、言わないでいましたが、

加藤諦三:
はい

相談者:
3ヶ月・・ぐらい前に、はっきりしましたので。
で、そのときに、伝えました。

加藤諦三:
弟夫婦にね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、弟夫婦はどのように・・

相談者:
両親の状態を、考えて、あと、両親の性格を考えて、二夫婦で考えて、伝えないことにしました。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、ご両親の性格を、考えて、伝えないようにしたって言うのは、ご両親の性格は、すごい、心配症であるとか、

相談者:
弟も5年前に心臓の手術をしたんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
父は、そんときに、自分が心配になって、自分自身が入院してしまいました。

加藤諦三:
あ、弟・・が、心臓病になったときに、

相談者:
はい

加藤諦三:
それを心配して?、お父さんの方が、

相談者:
自分が具合が悪くなって、

加藤諦三:
入院した?
何で入院したんですか?

相談者:
結局、体調不良になってしまって。

加藤諦三:
んん・・
今まで、前からそういうことだったんですか?
夫のご両親てのは、色んなことから、すごく心理的に影響を受ける、

相談者:
うん、父は、あのお、現役で働いてる頃は、もっとしっかりした人だと、いう印象があります。

加藤諦三:
はい

相談者:
それから母は、すごく、エネルギーのある・・人で、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分の思う通りにならないと、思う・・通りになるまで、ずっと、言い続ける人です。

加藤諦三:
で、ご両親は、今、上手く、いってるわけですね?

相談者:
そうですね。
あの、母はとても、父を、支えようとして頑張っていると思います。

加藤諦三:
うーん・・
それで、お子さんは、あなたのご主人と、弟と、2人ですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
でえ、弟さんの方が、ご両親を、今、看てるわけですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
で、あなたの方は、あなたのお母さんの方の、世話をしてるわけですよね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
うーん・・別に、あなたのご主人と、ご両親との関係が悪いとかなんとか、そういうことではないんですね?

相談者:
そういうことはなくて、ま、転勤とかがあってえ、流れで、あの、二夫婦がそれぞれの親を、看てます。

加藤諦三:
でえ、あなたは今その、弟さん夫婦と、それから、あなたたちと、4人で、話した結果、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご両親には、

相談者:
はい

加藤諦三:
話さないでおこうと、いう結論になったけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
その結論にあなた自身としては、これでいいのだろうか?ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
もし、ご主人の側が、ご両親のとこ尋ねて行ったら、

相談者:
はい

加藤諦三:
先ほど言ったように、痩せているとか、毛が、たくさん抜けているとか、それはもう、あれですね?、すぐに分かることなわけですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ていうことは、もう、言わなくても分かる程度の、症状なんですか?

相談者:
今はそうですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
抗がん剤の、治療が終われば、また髪の毛も、生えるし、

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
少しふくよかになってくるとは思います。

加藤諦三:
それで・・あの、後で専門家のお医者さんに伺いますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
どの程度の、癌なんですか?

相談者:
あの、白血病です。

加藤諦三:
あー

相談者:
それで、急性の白血病なので、今のところ治療はとても順調です。

加藤諦三:
それで、お医者さんはどういうふうに仰っているんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
治療が順調で、だけど、抗がん剤が・・飲んでるわけですねえ?

相談者:
点滴をして、それがある程度サイクルで効いてくる・・それを、またしばらくしてから、また点滴をして、サイクルをするということで・・あと1回で終わる、予定だったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
先週になってから、腹痛を訴えて、内臓のところで問題があるので、手術が必要になると。
言われました・・はい。

加藤諦三:
ということは、癌以外にも、色々問題抱えてるってことですね?

相談者:
いえ、それが初めてで、去年までの人間ドックでも何も言われなかったので、わたしたちもビックリしています。

加藤諦三:
ふう・・

相談者:
ただ、その疾患が、今後のがん治療に、いい影響を与えないので、先に直してしまおう、という方針が立てられました。

加藤諦三:
はい、分かりました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。