女の不倫経験が気になって付き合いに悩む48歳バツイチ


テレフォン人生相談
2015年5月30日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 森田浩一郎(医学博士)

相談者: 男48歳 バツイチ

今日の一言:
何かから逃げるための恋愛、逃げるための結婚、必ず失敗します。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
あのお、独身なってからどのくらいですか?、何年くらいですか?

相談者:
7年くらいです。

加藤諦三:
7年くらい。
で、今、一人で暮らしているわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
最近彼女が出来ましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、彼女も、まあ、バツイチということでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、お付き合いしてるんですけどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
んん・・

加藤諦三:
彼女何歳ですか?

相談者:
41です。

加藤諦三:
41歳、はい

相談者:
で、彼女・・と、これからどういうふうにして付き合っていったらいいのか?

加藤諦三:
はい

相談者:
っていうことでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
毎日、ちょっと、苦しい、思いをしてるんですけどもお、

加藤諦三:
はい。
と、お付き合い始めてからどのくらい経つんですか?

相談者:
4ヶ月くらいですかね。

加藤諦三:
4ヶ月。
で、今まで、その4ヶ月の・・間でですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、どのくらいの頻度で会ってたか知りませんけども・・
あ、この人となら、一緒にやってかられるな、って感情を持ち始めたわけ?

相談者:
そうですう・・

加藤諦三:
だけど、まだ踏ん切りはつかない。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたはお子さんは?

相談者:
あ、いないです。

加藤諦三:
いない。
彼女は?

相談者:
は、いないです。

加藤諦三:
そうするとお、まさに2人の問題ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ま、4ヶ月だから、まだ短いですけれども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
悩み始めたっていうのは、どういうことですか?
結婚しようかな、止めようかな、っていうこと?
あるいは、彼女・・が、なんか自分の意に沿わないことが出てきたとか・・

相談者:
会ってるときはいいんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
会ってないときは、別れた方がいいのかな、っていう気持ちと、2つあって、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、それには、会って色々話すと、昔の・・彼氏の話とか、不倫をしてたっていうようなことも言うのでえ、

加藤諦三:
不倫をしていた・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ていうことは、結婚しているときに、ということね?

相談者:
彼女・・が、独身になって、その後、妻子持ちの、男と付き合ってたと。

加藤諦三:
ああ・・
彼女は独身はどのくらい続いてるんですか?

相談者:
10・・年ちょっとだと思うんですけどお。

加藤諦三:
かなり長いですね。

相談者:
はい。
で、その後、まあ、そういった不倫をしてたと。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、わたし・・も、その、結婚してたときがあったんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
不倫なんてことは一切ないですし、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうことも、まあ、受け入れないとお、ダメえ、なんですけどもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
でもそのお、悪気は全然ないんですよね。
あっけらかんとして。

加藤諦三:
彼女は不倫をしてたっていうのは、離婚をしてえ、何回か、不倫をしてたっていうこと?、それともたまたま、好きになった男性がいて、不倫をしたという・・

相談者:
たまたま、好きになったって言ってましたけどもお・・

加藤諦三:
いや、僕・・・が、今、ちょっとしつこく聞いてんのは、そのお、1回だけの不倫なのか?、それとも、常に、独身になってから、男性がいないと、いられないという性質なのかな?、どっちなのかな?、と思ったんですけどね。

相談者:
ああ、後者ですね。

加藤諦三:
あ、いつも男性がいないと、

相談者:
はい。

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
だから、あのお、わたしと会う前にい、数年は、誰もいなかったようですがあ、それまでは、ずっと、男がいたっていうことは言ってました。

加藤諦三:
そうすと、あなたとしては、その、彼女の、今までっていうか、結婚してる・・ときは別として、この10年間くらい、の行動がものすごく気になってるということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなた自身は先ほど、そのお、すごく真面目で結婚してるときにそんなこと考えられないって言ったんですけども、離婚の理由はなんですか?

相談者:
ま、子どもが出来なかったっていうことと、

加藤諦三:
うん

相談者:
家族間の色んな問題が重なったのでえ・・

加藤諦三:
家族間の問題ってのは・・例えばお嫁さんの方の親族との関係とか・・

相談者:
そうですね。
まあ、お金の問題があったんですが。

加藤諦三:
お金の問題?

相談者:
はい、あのお、向こうの家族の、まあ、お金のことでちょっとわたしが、立て替えたりい、色んなことがあって、まあ、もういいわ、っていうことで、まあ、踏ん切りつけたんですけども。

加藤諦三:
すと、あなたの方から、もう別れようっていうことね?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
そうすると、離婚したことに対しての後悔はないんですね、今。

相談者:
あ、もう、全く無いですね。

加藤諦三:
全く無いですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
そしてその41歳の、女性が今、現れた。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、先ほど言ったような事情で、結婚に踏み切れないと。
で、彼女自身は・・41歳の女性自身はもう、結婚しましょうっていう雰囲気なの?

相談者:
んん・・
ま、冗談では言いますけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
まだ、真意は分りません。

加藤諦三:
あの、48歳の男性とね、

相談者:
はい

加藤諦三:
41歳の女性がね、両方とも・・あ、独身でね、

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ、恋愛関係になったら、当然これ、結婚っていうのは、お互い意識しますよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それだけれども、なんか、真剣な対応が、彼女の側にないわけね?

相談者:
・・

加藤諦三:
あなたも結婚しようとは言っていないの?

相談者:
結婚、となると、

加藤諦三:
うん

相談者:
一応、親のこともあるしい、

加藤諦三:
うん

相談者:
まだ、月日もお・・浅いので、

加藤諦三:
うん

相談者:
んん・・楽しい、時間が今持てるのが一番、楽なんですけども、

加藤諦三:
楽しい、今・・今を過ごしたいと。
そうすると、結婚すると、やっぱり、なんか、問題出てくるな、というふうには、さっき言ったように思ってるわけですね?

相談者:
ま、それも、まあ、覚悟はしてるんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
だから、よく分からない(笑)っていう気持ちが・・どっかにあるんですよねえ・・

加藤諦三:
うん・・
結婚生活は、何年くらい続いてたの?前の。

相談者:
7、8年です。

加藤諦三:
7、8年続い・・てた?

相談者:
はい

加藤諦三:
でえ、7、8年の間に、そのお、奥さんとほんとの親密な関係っていうのは、無かった?

相談者:
今思えば、薄かったなあって言う感じがしますすね。

加藤諦三:
うん、そんな感じですね。
そうすると、それよりさらに、前の、恋人とか親友とか、家族とか、そういう近い人の関係っていうのは・・のもあんまり無かった?

相談者:
そお・・

加藤諦三:
ほんとに心の触れ合った人っていうの・・同姓でも異性でもいいですけど。

相談者:
そうですね、割りと、淡白な方、ですね。

加藤諦三:
ほんとに触れ合って関わり合っていないわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、今、振り返ると、なんとなくう、殺伐とした、空虚感が出てきたのかな?

相談者:
そうですね。
そのお、今言った空虚感みたいなもの、を、彼女と会ってると、こう、埋められているので、付き合ってるのかな、っていう・・ところなんですけどね。

加藤諦三:
本当のあなたの今の気持ちを紛らわしてくれてるだけだね?

相談者:
はい

加藤諦三:
虚しさが、本当のあなたの今の本質かな?

相談者:
かもしれません。

加藤諦三:
そこに、彼女が現れて、居るときには、なんか、その虚しさから、を、忘れていられると。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけれども、別れると、ちょっと色んなことが気になる、どうしましょうか?ということですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。