うかつにも昔の浮気を自らバラした夫。娘の式に出ないと言う


テレフォン人生相談
2015年7月6日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女61歳 夫61歳 2世帯住宅に実母と3人暮らし 長女35歳前後 次女30歳(3ヵ月後に結婚予定)

今日の一言:
現実適応と本能衝動の防衛のバランスをとること。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
お2人で暮らしてるんですね?

相談者:
えーと、わたしの母が、

加藤諦三:
はい

相談者:
2世帯住宅でわたしの母が下に、85歳の母が下で一人で居て、

加藤諦三:
ええ

相談者:
2階は、わたしと夫です。

加藤諦三:
はい、分りました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
夫の関係と、

加藤諦三:
ええ

加藤諦三:
次女、との関係なんですけれども。

加藤諦三:
外に出て、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう独立しているお嬢さんで、

相談者:
はい

加藤諦三:
で、そのお嬢さんは何歳ですか?

相談者:
30歳です。

加藤諦三:
30歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してるの?してない、独身?

相談者:
今度、3ヵ月後に結婚式を

加藤諦三:

相談者:
挙げます、はい。

加藤諦三:
分りました。
それで、夫との関係っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうことですか?

相談者:
夫が、結婚式に、出ない・・って、最近になって言い出しました。

加藤諦三:
はい、その、出ないっていう・・理由はなんですか?

相談者:
はい。
ちょっと遡るんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、わたしが蒸し返した、30年前のことを蒸し返してしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、夫を責めました。
そしたら、夫があのお、気分を害してしまってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
それが、ちょっとこじれてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「だったら俺は結婚式には出る資格が無いから、」

加藤諦三:
はい

相談者:
「出ない」
って言い出したんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
なので・・どう、どうしたら、

加藤諦三:
どうしたらいいかな・・

相談者:
いいかなと思って、はい

加藤諦三:
はい。

相談者:
はい

加藤諦三:
その30年前の蒸し返したってのは、どんな事件なんですか?

相談者:
はい。
結婚したのが23なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーっと、5年間、夫の実家に居ました。

加藤諦三:
はい

相談者:
長女がその頃、4ヶ月・・で、人に預けて働かされました。

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、お給料も全部、お家に入れてたんです。
で、5年間の間に、母、父、それぞれが癌で亡くなりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、
「5年間、よくやってくれたね」
ということで、夫が、わたしが長女ですので、

加藤諦三:
はい

相談者:
「じゃ今度は、君の家に入って、君のお家のことをやろうよ」
て言ってくれて、

加藤諦三:
はい

相談者:
5年後に、わたしの実家にい、入ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
だけど、わたしの父と母・・と、夫との折り合いがあまり良くなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、夫は、遊び出したんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事場のすぐ近くに飲み屋さんがありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そこに、あの、入り浸って、帰って来なくなったんです。

加藤諦三:
ええ

相談者:
結局それが、2年間、不特定多数の女性と、遊んでいた、ということが、今になって分かったんです。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
で、それがある日わたしに、あの、車の中に、そういうことをしたゴミがあったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが見つけてしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしはビックリして、あの、別れようと思って、

加藤諦三:
はい

相談者:
裁判を起こしたんです。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
で、調停で2回呼ばれているんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
1回目は事情聴取みたいのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら、えっとお、もう、たぶん、離婚されてしまうって夫が、判断したらしくって、

加藤諦三:
はい

相談者:
職場の女の人にい、あの、なかなかお見合いが決まらない、女性が一人いたそうです。

加藤諦三:
はい

相談者:
その人に、
「僕は、妻に捨てられるから」

加藤諦三:
はい

相談者:
「君、と、一緒になりたい」
って、結婚を申し込んでいたそうです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、えっと、その人とも関係を持っていました。

加藤諦三:
はい

相談者:
最近分ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、わたしは特定の人がいるっていうことは知らなかったです。

加藤諦三:
で、

相談者:
居ませんよ、って、

加藤諦三:
最近になってっていうのは、2、3年前?

相談者:
4ヶ月前です。

加藤諦三:
あ、4ヶ月前、はい、ま、そ、

相談者:
はい、で、

加藤諦三:
極めて最近だね。

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それは、あのお、夫の中では勝手に消化して、

加藤諦三:
はい、まあ・・

相談者:
もう過去の笑い話、

加藤諦三:
うん、はい

相談者:
て、思っていたらしくって、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、一緒にテレビを観ていたら、ポロって、
「そういえばねえ」
て。
わたしに言ったので、わたしがビックリしてしまってえ、

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
あのお、30年前にそんなこ・・そんな人がいたんだあ、だったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、そこからちょっとわたし、4ヶ月間、落ち込んでいたんです。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
で、そのお、30年前にそういう、不特定多数の人と、そういうことをして遊んでいた時期に、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが次女を妊娠しているんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、

加藤諦三:
はい

相談者:
その遊んだ時期と、わたしが妊娠した時期が、

加藤諦三:
はい

相談者:
ピッタリ合うのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしは、えっとお、汚れた夫・・っていうふうに、なんか、嫌悪感を覚えまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうも普通の会話も出来ないし、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そんなときに次女が3ヵ月後に結婚式を挙げたいって言ってきて、

加藤諦三:
ああ、はい、はい、はい・・分りました。

相談者:
そしたら夫が、

加藤諦三:
はい

相談者:
「そんな汚れた俺だったらあ、娘が、可哀そうだから、俺は出ないよ」
って、あの、おへそを曲げちゃったんです。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
なので、えーっと、別に出なくても構わないんですが、次女の気持ちを考えると、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしは娘にはそのことは一言も言ってないんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、えっと、
「パパさん、きっと、バージンロード一緒に歩いてくれるよね?」
ってわたしに言ったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
「あっ、歩いてくれるんじゃない?」
って、そう言ったんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
夫が、
「そんな汚れた父親だったら、」

加藤諦三:
うん

相談者:
「出る資格ないから」
って言って、

加藤諦三:
うん

相談者:
「俺は出ないよ」
って、こう、こうなんです。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
なので、別に、出なくてもいいんですがあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、次女に、どう話したら、

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
納得してもらえるか?

加藤諦三:
んん・・

相談者:
傷つけるのが、すごく、可哀そうで、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
要するにあれですね?
そういう中で、ご主人が、次女の結婚式には出ないと言っている。

相談者:
はい(笑)
そうなんです。

加藤諦三:
そこを、どう解決したらいいか?

相談者:
はい

加藤諦三:
ということですね?、はい

相談者:
出なくてもいいんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
夫が、自分で、
「俺はそんな悪い父親やから、俺が、長女と次女に、こんな悪いことを30年前にしていたっていうことを、俺が、自分の口で言うよ」
って言うんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
「今さらそんな、ことを言わないで、いい父親のまんま、騙してください」
って言ったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
「いやいや、それは俺としては出来ない」
って言って、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしても次女にそのことを言っちゃうって言うのでえ、それも困っているんです。

加藤諦三:
ああ、分りました。
今日はスタジオにですね、

相談者:
はい幼児教育研究の大原敬子先生

相談者:
ああ

加藤諦三:
がいらしているので、

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
伺ってみたい、と思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。