私と母と妹の関係が上手くいかない。それぞれが自分を守るのに必死


テレフォン人生相談
2015年7月31日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女34歳 夫37歳 子ども(8歳 7歳 2歳)
実家の母64歳 父 妹31歳(結婚予定)

今日の一言: 人は自分を守ろうとして、他人を非難、罵倒します。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
で、どんな相談ですかあ?

相談者:
あたしと、妹と、母との関係についてご相談したくてお電話しました。

加藤諦三:
あ、そうですか。
で、妹さんは何歳ですか?

相談者:
えと、31歳です。

加藤諦三:
31歳。
で、妹さんは今、独身?

相談者:
独身で、えとお、結婚する予定です。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで、お母さんっていうのは、今、一緒に住んでんの?、あなたと。

相談者:
今、別居です。

加藤諦三:
別居ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お母さん、何歳ですか?

相談者:
64歳です。

加藤諦三:
64歳。
はい、分りました。
そいで、この3人の関係がどうなってんですか?

相談者:
母があ、3年ぐらい前にい、父と離婚しようとした際、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしと妹の名義で、家にあった通帳に、家計費のお金を入れて、出て行ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、そのお、ときに、わたしい・・が、3人目の子を出産する頃だったので、母に戻って来て欲しいと思ってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
妹とお、わたしと、父とで相談して、自分たちの名義だったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分たちで名義を止めてえ、通帳再発行して、お金を引き出したんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
そうすれば、母が困って戻ってくるかなと思って。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、今回、妹が結婚することが決まってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
母が、そのお、お金で、妹とかに、あのお、着物とかを仕立てたいから、貯金を返してくれって、言われたんです。
妹、

加藤諦三:
貯金を返してくれって、いうのは?

相談者:
3年前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
引き出していたお金を。

加藤諦三:
ああ、はあ、はあ、はい

相談者:
で、母が、今、父と、元鞘(もとさや)に戻っているんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのときに、戻って来た際に、あのお、自分の分は、わたしが引き出しましたってことを伝えていて、

加藤諦三:
はい

相談者:
妹は特に伝えないまま、今日まで来たんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
そうしましたら、妹が、見に覚えが無いって・・
お姉ちゃんが勝手にやって、わたしは何も関わってない、って言い出したんですね。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
なので、わたしにい、
「お母さんにお金返しなさい」
って、言って来たんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、もう、わたし・・が、もちろん妹の名義をどうこうすることも、もちろん、出来ないので、

加藤諦三:
はい

相談者:
やってないでしょ?って、抵抗したんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
妹は、見に覚えがないの一点張りだったのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんとはいけないんですけどお、妹が不在のときに、妹の部屋に入ってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
通帳探したんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら、解約した通帳が出てきたので、それを持って妹に、
「やっぱりあなたが下ろしたでしょ」
って問い詰めたらあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
妹は、母に、
「わたしの勘違いだったらゴメンネ、でも、部屋に入った人が一番悪いよね」
って責任転嫁をし始めてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
今度、わたしが全部、それを責められる、ことになってしまってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのときに、あのお、妹から、
「指輪がなくなった」
って、言われたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それを、聞いたあたし、もちろん、そんなの盗ってもいないのでえ、主人に相談して、主人から、ほんとの、無いのかどうか?、警察にそれを、じゃ、電話して、

加藤諦三:
はい

相談者:
確かめようか?ってことを、言ってもらったらあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
部屋に入ったことだけを言い出したので、

加藤諦三:
はい

相談者:
指輪のことは、触れなくなったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんとに無くなったか、どうかは、分からないとこなんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしと、妹がどっちが下ろしたかで喧嘩したときにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
あたしが妹にい、結婚するときにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
こんなことで揉めるのは悲しいから、そういうのは止めましょう、ってこと言ってたらあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
それが気に入らなかったってことでえ、怒り始めてえ、妹はわたしにい、「わたしの底意地の悪さをなめるなよ」
って返信して来たんです。

加藤諦三:
はい、はい

加藤諦三:
それからあ、あのお、妹が母に相談したらしくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
母から、
「もう、あなたのことを信じられなくなったわ」
って、言われてしまってえ、
「わたし(あなた)が何を言っても、もう、あなたには関わりたくない」
って言って電話も切られてしまったりとかでえ、

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
今後どうしたらいいのかが、分らなくなってしまってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あのお、妹も、主人とわたしに
「こんなふうな人たちだとは、思わなかった」
って、言ってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚式も、
「海外赴任したことにするから、来なくていい」
って、言われてしまってえ・・

加藤諦三:
妹さんとあなたは、元々仲が悪かったの?、それとも、その、お母さんが3年前に家を出てえ、で、今回の事件で、仲が悪くなったの?、元々・・

相談者:
んん、わたしい、妹とは、別にそんなにい、仲が悪かったわけじゃなく、むしろ、母親と妹が仲悪くてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
妹が例えば問題起す度にい、妹が、
「お姉ちゃん、どうしよう?」
って助けを求めるので、

加藤諦三:
ああ、あなたに助けを求めてたのね?今までは。

相談者:
そうなんです、あのお、例えば、何かをしちゃったときに、
「どうすればいい?、困った」
って、言われたときは、全部対処をしてきて、今回の、別に、結婚に関しても、

加藤諦三:
はい

相談者:
良かったね、って気持ちでしかいなかったのにい、

加藤諦三:
はい

相談者:
通帳のことから、喧嘩になってしまってえ、最終的にあの、妹から、
「もう、わたしの結婚うらやんでるからこんなことしたんでしょ」
「悲しい人間ね」
って言われて終わってしまったんですけどお、

加藤諦三:
あの、今は、お父さんとお母さんとの関係は、上手くいってないわけですね?
戻ってきたけども。
元の鞘に納まったって、あなた言ってたけど。

相談者:
はい

加藤諦三:
今は、上手くいってんの?

相談者:
んん、そんなに、ま、仲良しってほどではなく、ただ一緒に居るって感じ・・ですかね、母も、要は、あの、老後が困るからって感じで戻って来た感じだったので。

加藤諦三:
ふうん・・
そいで、妹さんも大変ちょっと・・失礼なこと聞くようですけど、本当に、好きで、幸せな結婚、を、しようっていう感じなんですか?
それとも、もう、年だから行こう、とか、なんか、そういうこと?

相談者:
その辺がやっぱり、主人もわたしもお、大丈夫?って思うところがあってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
何回か、大丈夫?みたいなこと言ったらあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
「何でも叶えてくれる王子様だから、ほっといてよ」
って、

加藤諦三:
んん・・

相談者:
言っていたのでえ、それ以上言うこともなあ、と思って・・

加藤諦三:
ちょっと、オーバーな言葉ね、何でも叶えてくれる王子様っていうのは。

相談者:
そうですね、妹は、

加藤諦三:
うん

相談者:
結婚するにあたってえ、ちょっと、母に、
「破談になったら、一生面倒看て、だから、粗相がないようにしてね」
って言ったりい、なんでも、なんだろ、人のせいっていうか、

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
してしまうタイプなので、

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
なにか悪いことがあったら、誰のせいだから、こうなっちゃった、わたしは、みたいな・・

加藤諦三:
うん・・

相談者:
ことを、今までしてきたので、も、それは、良くないよ、ていうことを、

加藤諦三:
うん

相談者:
主人が、言ったらあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
「ふざけんな」
って、
「わたし(妹?、相談者?)の意地の悪さを」
ってわたしたちに言ったので、

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
わたしが
「そういうわけじゃないよ、結婚なんだから、穏やかに◆△%」
◆△%たら、
「もう、あなたが、もましてるのも、もう、関わんないで」
って言われて電話一方的に切られてしまってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、今は、なんだろう、あのお、関わらないようにはしてるんですけどお・・

加藤諦三:
あの、関わらないで、って言ってから、電話は無いんですね?

相談者:
昨日までは、やっぱりガンガン電話が鳴ってたりとかして、◆△%

加藤諦三:
ああ、やっぱり、その、関わらないで、って、言いながら、ものすごい関わってるわけね?

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
来るなあ!、って言いながら、しがみついてんだろうね。

相談者:
そうです。

加藤諦三:
で、それは、31歳の妹さんについても、お母さんについても、そうで、今、で、ま、結婚式まで来なくていいって言われてるんだけども、

相談者:
うん

加藤諦三:
本音はもう、来てもらわなきゃ困るわけでしょ?

相談者:
そうだと思います。

加藤諦三:
うん、ですよね、世間体気にする人でしょうからね。

相談者:
うん

加藤諦三:
うん、分りました。
だんだん、構造がね。
そいで、今あなたはこういうような中で、今日の相談っていうのは、どう対処したらいいか?ってことですか?

相談者:
そうなんです、妹と、母の扱い方っていうわけじゃないんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
どうやって、扱ってったら、上手くいくのかな?、思うときが・・

加藤諦三:
はい
分りました。
今日はスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしているので、

相談者:
すいません、よろしくおねがいします。

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。