終わった不倫への未練で家事が手につかない専業主婦47歳の大きな勘違い


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
今、大分、あなたの内面の問題が、はっきりしてきましたね。

相談者:
はい、はい

今井通子:
その前に、

相談者:
はい

今井通子:
えー、まず、あなたの、その方についてなんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
その方は、付き合い始めの時、あなたが結婚してること知ってたんでしょ?

相談者:
知ってました。

今井通子:
うん

相談者:
うん・・

今井通子:
それで「離婚して、自分と一緒にならない?」って言ったんでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
も、絶対この人、結婚に向いている、

相談者:
うん・・

今井通子:
真面目な男性ではありません。

相談者:
ああ、そうでしょうねえ。

今井通子:
うん、で、あなた、そのこと分かってた。

相談者:
そうですね、だから、48歳まで独身、なんでしょうね、うん・・

今井通子:
要するに、

相談者:
はい

今井通子:
相手が結婚していて、それで、絶対離婚しないって分かってるから、

相談者:
はい

今井通子:
「結婚しようよ」とかって言うんですよ。

相談者:
ああー

今井通子:
で、その言葉って、

相談者:
はい

今井通子:
はっきり言って、

相談者:
はい

今井通子:
そろそろあなたに飽きたの。

相談者:
ああ、そっかあ。

今井通子:
だからあなたは、はっきり言いますけど、捨てられました。

相談者:
あ、そうだったんですねえ。

今井通子:
うん

相談者:
でも、それならそれで、捨てられたら捨てられたで、あ、捨てられたんだってことで、なんか、スッキリすると思います、うん。

今井通子:
だからスッキリさせてあげました。

相談者:
あは、ありがとうございました(笑)

今井通子:
だから、初めから分かっていて、ちょっと1年ぐらい、楽しんで、

相談者:
うん

今井通子:
「はい、次」みたいな、形の方だと思いますよ、その方は。

相談者:
ああー、そうですねえ。
なんか、口も上手くて、カッコも良くて、なん・・

今井通子:
うん。
あなた、だからそのことが、

相談者:
うーん

今井通子:
付き合ってた時から分かってたわけじゃない?
モテる人だし、云々かんぬんって。

相談者:
はい

今井通子:
だから、1年後に、その、

相談者:
うん

今井通子:
い、一応、決断した時に、

相談者:
うん

今井通子:
もう、や、あの、「家庭に戻ろう」って思ったわけでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
したら、その自分の、持った、信念を、貫きなさいよ。

相談者:
はい。
ああ、そうですねえ、うーん。

今井通子:
それが自分にとっての自信です。

相談者:
ああー

今井通子:
だから自分の分析が間違っていなかった。
であとは・・

相談者:
ああ、それが、

今井通子:
うん

相談者:
あたしの、

今井通子:
そう

相談者:
自信。

今井通子:
そう。
あなたは分析力は一杯あった。
だから、それで、

相談者:
はい

今井通子:
一歩踏み出さなかった。

相談者:
おー

今井通子:
正解ですよそれが、うん。

相談者:
うん

今井通子:
なので、今更ぐちゃぐちゃ考えてる暇に、

相談者:
うん

今井通子:
他の、ことした方が、もっと人生楽しいっていうか、

相談者:
はい

今井通子:
その、人生、一生、そんなに時間があるわけじゃないから。
で、

相談者:
そうですね、私・・(笑)

今井通子:
うん、47歳ってのは二度と来ないんですから、

相談者:
はい

今井通子:
他のこと考えた方が良いですよ。

相談者:
ああそうですね。

今井通子:
うん

相談者:
ああ、私ちょっと、解放されました。
もう、先が見えました。
もう凄い良かったです。
分かりました。

今井通子:
うん。
でえ、あとは、

相談者:
はい

今井通子:
大迫先生が言ったように、そうやって自分の決断を、

相談者:
はい

今井通子:
常に、自分で「良かったんだ」っていう自信に繋げなさいよ。

相談者:
分かりました。
はいー

今井通子:
はーい

相談者:
もう、スッキリしました。

今井通子:
はい

相談者:
どうもありがとうございました。

今井通子:
はい、どうもおー、失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼しまーす。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

今井さんって、年3回くらい大活躍する。

女にフラせる男。
実は捨てられたのは女。

ちっきしょお・・(笑)
まあ、でも、100%当たってるわ。

これを卑怯と言う人もいるし、
優しさなんてトボけたことを言うやつもいるかもね。

 

「ああ、もしあのとき、アタシに勇気があったら」

てか?(笑)

ピエロだ。
そら、吹っ切れるわ。
穴があったら入りな。

しかし、なんだろうね。
このどうしようもない軽さは。

特に夫に不満があったんではないらしいんだけど。

それでも、男とそれなりの間、交流があって、お互いの気持ちが押さえられなくなって、っていうんならまだ分かるよ。

い、居酒屋でナンパって、あんた。
目的はソレしかないっつうの。

淫乱女で片付けようかとも思ったんだけど、ちょっと腑に落ちないの。

腑に落ちない話ってのはどこかに嘘があるってのが相場なんだけどね。
いや、別に作り話って言ってんじゃないよ。
自分を偽ってることも含めて。

気になったのは、旦那との結婚生活をあまりにも肯定し過ぎるんだよ。
結婚8年、夫に何の不満もないとか。

それでいて、女から罪悪感とか、背徳感とか、夫へのしょく罪意識がまったく感じられない。

 

妻が携帯いじくっているのを見た夫が
「息ができなくなるし、胸が苦しくなるから止めてほしい」

はたまた、
「僕は君がいてくれるだけでいい」

あー、そういうことね。
もう、誰も言わないからアタシが言おう。
この夫婦、レスだ。

それもなんとなくそうなったんじゃなく、何か原因があって、しかもそれを夫婦で共有できてる感じ。

これだと、女の態度も、夫の情けないセリフもなんとなく腑に落ちるんだけど。

スポンサードリンク



終わった不倫への未練で家事が手につかない専業主婦47歳の大きな勘違い」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。