大人になっても制御できない巨大なナルシズム。全てを親のせいにして暴言吐く息子30歳


テレフォン人生相談 2016年8月2日 火曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰・作家・翻訳家)

相談者: 女66歳 夫66歳 一緒に暮らす長男30歳 家庭持ちの次男29歳

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談ですう。

相談者:
はい、お願い致します。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
はい、こちらこそよろしくお願いします。

ドリアン助川:
えー、今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
はい、息子の事なんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
二十歳ぐらいからあ、ずーっとまあ、仕事お、が、上手い事行かなかったりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
長続きしないんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
んで、最近ちょっと、あのお、やっと、就職できたんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、まあ、つと、お給料が安かったり、したりしてえ、ちょっとあのお・・うんと、プライドも、ちょっと高い子なんでえ、ちょっと安かったので、もう、「僕は、こんーな、もんか」っていうような形で、あ、ちょっとあのお、暴れたりとかし、するようになったんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
んで、その原因としては、小学校の頃に、えー、野球を、してて、ま、かなりの、まあ、上手かったんですけれども、中学校に入って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっと根性野球の・・監督であったもんですので、暴力とかがあったんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
失敗したりしたったら、ちょっと叩かれたりとかあ、そういう事があって、「僕は野球が嫌いになった」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
「野球で、えー、ずっとして行って、自信が付いてたのに、その時に、じと、自信を失わされて、いまだにそれが、あん、人生に、あの、マイナスなって、上手い事行かない」と。
「それは、野球辞めたいと言ってるのに、親があ、わたしたちが、えー、辞めささなかったから、こうこうなったっていう事を、親の、責任だ」と。
ずっと、ゆ、言い続けてるんですね、毎日のように。

ドリアン助川:
はあはあは

相談者:
はい、で、そういうのを、納得さすていうのか、緩和、してやりたい、本人も気持ちも重いでしょう、し、

ドリアン助川:
うん

相談者:
どうしたら良いもんかな?、と思って、いぞ、ご相談・・・うん、したかったんですけれども。

ドリアン助川:
はい、えっと、息子さん、今おいくつですか?

相談者:
30歳です。

ドリアン助川:
30歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた様はおいくつでしょう?

相談者:
わたしは、66です。

ドリアン助川:
66歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご主人いらっしゃいますか?

相談者:
はい、おります。

ドリアン助川:
おいくつですか?

相談者:
同い年です。

ドリアン助川:
あ、同い年の旦那さんがいらっしゃる?

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
えー、お子さん、他にはいらっしゃるんですか?

相談者:
あ、あのお、弟がおります。

ドリアン助川:
弟さん?

相談者:
はい

ドリアン助川:
弟さん、おいくつでしょう?

相談者:
29です。下の・・

ドリアン助川:
29歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
弟さんは、あま、あまり問題なく?

相談者:
はい、もう、あの、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
結婚して、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
子どももおります。

ドリアン助川:
もう、独立なさってるという事ですね?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
で、この30歳のご長男が、

相談者:
はい

ドリアン助川:
今、一緒に同居されてるという事ですか?

相談者:
はい、一緒におります。その、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、長男は。はい

ドリアン助川:
はい、でえ、えー、二十歳ぐらいから仕事上手く行かずというのは、

相談者:
まあ、高校も、ちゅう、中退・・

ドリアン助川:
高校中退?

相談者:
してえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
えー、高校、卒業の資格は取ったんですね。

ドリアン助川:
ああ、はあはあはあ

相談者:
はい、ほんで、ちょっとあのお、芸能界のお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう、あのお、学校ありますよね?

ドリアン助川:
はい

相談者:
その、そういうところに、行ったり・・とかしたんですけど、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
まあ、目立ちい、たがり屋さんなんでしょうね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でま、気はあかん、ふふ(笑)のですけれども、め、だから、プロ野球選手になりたかったとか、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
そういうのが、いまだに持ってるようなんですね?、んで、何しても、上手い事行かないと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ん、それはそのお、中学校の時の、ボーイズリーグの?

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
監督う、が、まあ、

ドリアン助川:
うん

相談者:
居たあ、す、凄い事されたから、もう、野球が大っ嫌いになって、何するのも、嫌になったというような事を、いまだに、

ドリアン助川:
はい

相談者:
言ってるんですう(苦笑)

ドリアン助川:
いまだに言ってるという事なんですね?

相談者:
はいはい、そうなんです。

ドリアン助川:
で、どうなんですか?、例えば、その、ま、仕事、上手く行かなくてもお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
おー、側に彼女が居てくれたりとか、

相談者:
あ、それもできないから、余計に怒ってるんです(笑)

ドリアン助川:
それも、できない。

相談者:
(笑)彼女もできない、ひひ(笑)

ドリアン助川:
彼女はできた事は?

相談者:
いやあ・・ないですねえ。あの子は。

ドリアン助川:
ないですか?

相談者:
消極的は、消極的なんですよね?、どっちか言うと、そういう面では・・

ドリアン助川:
そういう面に関しては?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お友達はどうですか?

相談者:
友達はあ、

ドリアン助川:

相談者:
まお、弟もおりますので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう関係え、で、まあ、おりますけれども?、男のお友達はね。

ドリアン助川:
その、親に悪態をつくという事があってもお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
弟さんとは、仲良く話してるような事あるわけですか?

相談者:
いやあ、そうでもないですね、まあ、弟はやっぱり、世間出てますのでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あーの、普通の話は出来るんです(笑)けどもお、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
だから、あー・・仲悪い事もないですけれどもお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
理解を、しようとはしませんね。

ドリアン助川:
うん

相談者:
弟の言ってる事・・

ドリアン助川:
ん、気にかけてくれる友達というのはいるわけですか?

相談者:
いやあ、仲いい、えー、言ってもお、ずっと、会わない、会わないで、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ずっとおかしな事を言ってるなっていうような形でえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
離れて行くんじゃないかな?、と思ってますね、わたしは。

ドリアン助川:
はーい

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、今自分がこういう運命にあるのは、えー、親のせいだと。

相談者:
そう、そうです、そうです、そうです。

ドリアン助川:
はい、その時、実際に、あのお、「嫌でも野球やりなさい」、「続けなさい」っていう風に、言われたんですか?

相談者:
あ、あ、もちろん、やあ、わたしたちにしてみたら、

ドリアン助川:
はい

相談者:
や、「せっかく入ったんやからあ」

ドリアン助川:
はい

相談者:
「続けたら?」っていう事は言いましたね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん、ふんで、「辞めるにしてもお、自分で、言いに行きなさい」っていうのが、あた、ま、ひと、教育の一つかな?と思って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
行かした事も、ちょっとそれが、もう悪かった、その時にかなり、厳しく言われたような・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
事が、あ、あったようですので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、それがもう、ホントに、ずっと、尾を引いてるのかな?、とは思いますけどね。

ドリアン助川:
うーん、何かそのお、頃からあ、ま、最大限、むす、息子さんの言葉信じるならばあ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
何かあ、自分の立ち位置のようなもの、失ってしまったんでしょうかね?

相談者:
あ、まあ、そう、そういう、そういう事です、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
立ち位置が、なくなってると思いますね。

ドリアン助川:
ああ、で・・

相談者:
みんなまで、そのお・・え、いいように、みなさんから、こう、

ドリアン助川:
はい

相談者:
言われてたもんですから、一遍に、無くなったように思ってるんじゃないでしょうかね?

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、今あ、どんな状況なんですか?、何を言って暴れるんですか?

相談者:
「こうなったんは、もう、あのお、親のせいや」っていう事を、毎日のように言ってます。

ドリアン助川:
うーん、で、ヒステリー起こして、

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、物を・・あの、暴力はないんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしたちに対して、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
暴力はないんですけれどもお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
物を投げたりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
が、多いですね。ふんで、も、物に当たっ、てますね。

ドリアン助川:
本を壁に投げつけたりとか、

相談者:
そうそうそういう事です。

ドリアン助川:
ああ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
なるほど、なるほど。

相談者:
でも、言葉も、かなり、あの・・外では、あんな言葉はつかないと、使わないと(苦笑)つこうてたらね、それこそ、首になっちゃいます。

ドリアン助川:
はい

相談者:
かなりの、あの、えげつない言葉をお、わたしらには、あ、浴びせま、てますね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい

ドリアン助川:
ん、どんな言葉ですか?

相談者:
もう、ホントに、もう、あのお、言うに言えないような(苦笑)言葉も言いますし、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい、怖い・・事を言ってますね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい

ドリアン助川:
・・でえ、どうしたらいいかってとこですね?、この現状・・

相談者:
そうなんです、ホントに。

ドリアン助川:
はい。
えー、それでは、今日の回答者の先生紹介します。

相談者:
はい

ドリアン助川:
三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


大人になっても制御できない巨大なナルシズム。全てを親のせいにして暴言吐く息子30歳」への3件のフィードバック

  1. この30歳男性が親から甘やかされてたなんてとんでもない。
    自分のことも愛してほしいのに一つ下の弟に母親とられて、自分は親から愛されているのか不信感を募らせてるときに野球のことで母親に助けを求めたら冷たく突き放されて、自分は母親から愛されていないんだと確信してしまった人の話だと思いますけどね、これ。

  2. この母親の話し方、私はほんとうに気にくわない。
    弟はうまく育ってる、なんてのも弟は黙ってるから母親がそう思ってるだけなんじゃない?って思っちゃう。

    問題の長男を小馬鹿にしたような言い草、ほんとうに嫌な母親。
    ほんとうに悩んで、解決したいなんて気持ちより、長男を否定したい、全国ネットで私の子育ては悪くなかったと言ってほしかっただけじゃない?
    なんで自分の育てた子供が出来が悪いのを嬉しそうに小馬鹿にしてるのか?
    自分の子育ての結果なのに。反省のない人。成長のない人。

  3. あからさまに長男を嘲ってる所になんか底知れない気持ち悪さを感じますよね。
    たぶんこの母親、小さな頃から次男には付きっきりでも長男のことは無視や放置していたんでしょう。この兄弟、かたや無職の脛かじり、かたや結婚して家族を持って幸せを謳歌している。この差は親から受けた愛情の差だ。
    少年野球って休みの日に学校の校庭とか運動場で練習やら試合やらしてるけど、大体誰かしらのお母さんが見に来てる。けれどこの母親は長男の野球やってるのを見に行ったことは無いだろうな。好きだった野球が嫌いになるくらい凄いことをされていたと、子供から言われるまで知らなかったくらいだし。
    なにより相談内容からして長男のことを思ってあげてないですよね。
    過去に自分の言動によって傷つけてしまい、未だにそれを引きずってしまっている息子をどうやって立ち直らせればいいですか――本当に長男を思っているならこういう相談になるはずですよ。
    それを、単に長男の暴言にどう対処するかしか聞いてない。辛い状況にある息子に親として向き合おうって気がそもそもないんだろう。
    そしてこの相談に対する三石さんの回答は全くの的外れ。
    この長男、ずっと親が愛してくれなかったことへの怒りと悲しみを抱えて生きているんですよ。
    長男が暴言を吐くのも母親にわかって欲しいって気持ちの裏返しだ。それを、過ぎたことをグチグチ言われても今更何も出来ない、親に生意気な口を利くな、なんて対応をしたら、ますます長男を追い込むだけです。追い込まれたら暴言が暴力に変わりますよ。
    母親は長男から野球のことを言われたらきちんと謝るべきだった。「あの時は弟ばかりに愛情を注いで、あなたをないがしろにしていて本当にごめんなさい」と。
    その上で長男のこともちゃんと愛しているのだということを言葉と行動をもって示す。長男の抱える思いの丈を聞き出し、共感し肯定してやる。これをしなければならなかった。
    ま、この母親にはできないでしょうが。

    なんか読んでたらムカムカしてしまったので長々書いてしまいました。
    乱文、大変失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。