1年半前の相談のその後。不安に負けて不満を選んだ女。内縁関係40年の結末


スポンサードリンク

(回答者に交代)

坂井眞:
よろしくお願いします。

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。はい

坂井眞:
あの、最初におっしゃっていた、

相談者:
はい

坂井眞:
そのお、癌宣告を受けて、

相談者:
はい

坂井眞:
ターミナルケアで、

相談者:
はい

坂井眞:
ご自宅で、半年面倒見られた、と。

相談者:
はい、はい

坂井眞:
そしたら、そん時に、荷物う、見てたら、

相談者:
はい

坂井眞:
見たくもないもの、

相談者:
はい

坂井眞:
見てしまった。

相談者:
はい

坂井眞:
って、こういう話ですよね?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
それで、優しくしてやりたいんだけど、

相談者:
はい

坂井眞:
なかなかできなかった。っていうのが、

相談者:
はい

坂井眞:
今、凄く、心に、

相談者:
はい

坂井眞:
ね?、引っかかっておられるっていうのは、

相談者:
はい

坂井眞:
あのお・・色々深く感じて、聞いてましたけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、ホントに・・おっしゃる気持ちは、分かるけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、そういう後悔の話とか、でも、目の前に突き付けられた、その、ご主人が、長い事、浮気してた、とかね?

相談者:
はい

坂井眞:
いう事お、が、あれば、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、そういう気持ちが起きるのは、それ当然ですよ。
それで、だけど、あなた、やる事やったんでしょ?

相談者:
はい、やりました。みんなが褒めてくれました。看護師さんも子どもも。

坂井眞:
我慢して、

相談者:
はい

坂井眞:
色んな思いを、飲み込んで、やる事、きっちりやれたって言うんだから、

相談者:
はい、はい(泣)

坂井眞:
そこはちゃんと、バランス取って、やっておられるから、

相談者:
はい(泣)

坂井眞:
そんなに気に病まないことだと思いますよ。

相談者:
そうです・・

坂井眞:
ま、そんな事言われてね、すぐ、すっきりする、とは、僕は思わないけども、

相談者:
はい

坂井眞:
客観的に見たら、

相談者:
はい

坂井眞:
自分も抑えて、やる事やってらっしゃるんだから、

相談者:
はい

坂井眞:
それは立派ですよ。

相談者:
そうですか、

坂井眞:
うん

相談者:
ありがとうございます。

坂井眞:
できない人は、いくらでもいますよ。

相談者:
ありがとうございます。

坂井眞:
だ、それは、自分で、自分を認めてあげなきゃダメだと思いますよ?

相談者:
はい(泣)ありがとうございます。

坂井眞:
だって、色んな事感じたでしょ?、それやってる時に。

相談者:
はい(泣)

坂井眞:
それでも、だって、止めなかったんでしょ?

相談者:
はい、頑張りました(泣)

坂井眞:
それで良いじゃないですか?

相談者:
そうですか?(泣)

坂井眞:
だって、そういう気持ちで、出て当たり前だもん。

相談者:
はい

坂井眞:
それでも、やれた自分を褒めてあげてくださいよ。

相談者:
そうですか?(泣)

坂井眞:
うん

相談者:
ありがとうございます(泣)

坂井眞:
それでえ、

相談者:
はい

坂井眞:
あのお、ま、こういう問題だけで、解決できるかどうかは、別にして。

相談者:
はい

坂井眞:
あのお、15年間、浮気をされちゃっていて、

相談者:
はい

坂井眞:
相手の人も、ど、誰か分かってるって、こういう事ですよね?

相談者:
あ、はい、分かりました。分かってます。はい

坂井眞:
で、慰謝料を、請求、したい気持ちもあるんだけど、

相談者:
はい

坂井眞:
どんなもんだろうか?、と。

相談者:
はい

坂井眞:
こういうご相談ですよね?

相談者:
そうです。(鼻をすする)

坂井眞:
で、あの、慰謝料っていうのは、

相談者:
はい

坂井眞:
法律的に、どう説明されてるかっていうと。

相談者:
はい

坂井眞:
あの、心の、痛み苦しみを、

相談者:
はい

坂井眞:
お金で、

相談者:
はい

坂井眞:
償う。

相談者:
はい

坂井眞:
慰謝するっていう事なんですよね。

相談者:
はい、はい

坂井眞:
償う。

相談者:
はい

坂井眞:
そういうものなんですね。

相談者:
はい

坂井眞:
だから、あのお、あなたとしては、心の苦しみを与えられたら、

相談者:
はい

坂井眞:
請求したいというのは、理屈は通ってるんです。

相談者:
はい

坂井眞:
ま、一番、頭に来るというか、腹が立つのは、騙してた、夫の方であってね?

相談者:
そうですね、一番悪いのは、主人です。

坂井眞:
あなた

相談者:
はい

坂井眞:
として、腹が立つのは、そっちだと思うんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
で、もちろん、相手の女性にも、同じように腹が立っていいし、

相談者:
はい

坂井眞:
請求、うー、の、は、できると思うんだけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
それで、認められる金額っていうのが、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたの心の苦しみ、い、に、見合うものかどうかっていうと、

相談者:
はい

坂井眞:
思ったほどの金額は出ないと思うんです。

相談者:
はーい

坂井眞:
だからあ、あのお、そこは、それで気持ちが落ち着くかどうかは、人、考え方による、その人その人の。

相談者:
あー、はい

坂井眞:
と思います。だから、そこはわたしが、「こうです」と、なかなか言いづらいところなんですね?

相談者:
あー、はい

坂井眞:
で、人によって、そういう事をして、

相談者:
はい

坂井眞:
金額に関わらず、決着をつける事で、心の整理をつける人もいます。

相談者:
はい

坂井眞:
だけど、頑張って嫌な思いして、訴訟までやって、訴訟をやるって事は、思い出したくない事も、しっかり思い出さなきゃいけないわけだし、

相談者:
あー、そうですね。
訴訟をやらないと、こやって、慰謝料ってのは、取れない?

坂井眞:
それは、相手によりますね。

相談者:
ああ、そうですか。

坂井眞:
相手が認めてくれれば、別に、訴訟をやる必要もないし、

相談者:
あー・・はいはい

坂井眞:
うん
だけど、あのお、あなたの場合は、さっきお聞きしてると、もうちょっと複雑な事情があるんでね?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
要するに、籍の入った、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、法律的に、

相談者:
はい

坂井眞:
いー、夫婦と言われる

相談者:
はい

坂井眞:
人、が、

相談者:
はい

坂井眞:
その、浮気相手、の、

相談者:
はい

坂井眞:
一方に、請求するっていうのは、

相談者:
ふふん

坂井眞:
事実が確定すれば、

相談者:
はい

坂井眞:
あのお、金額は争いがあるだろうけど、

相談者:
はい

坂井眞:
おー、そういう事実が、も、証拠ではっきりしてれば、

相談者:
はい

坂井眞:
争っても無駄なので、

相談者:
はい

坂井眞:
話し合いで収まるケースは、たくさんあると思います。

相談者:
あー、はい

坂井眞:
わたしもそういうケースを扱った事は、払う側でも、

相談者:
はい

坂井眞:
お、もらう側でもありますので。

相談者:
はい

坂井眞:
そういう事はありますけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたのケースは、法律上の夫婦では、

相談者:
はい

坂井眞:
なかったっていう事ですよね?

相談者:
はい、そうです。

坂井眞:
40年前から、

相談者:
はい

坂井眞:
同居しているけれども、

相談者:
はい、はい

坂井眞:
で、お子さんも、お二人っておっしゃいましたよね?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
立派に成人をされて、

相談者:
はい

坂井眞:
世間的に見て、夫婦と認められて生活して来た、と。

相談者:
はい、はい

坂井眞:
ただ、法律上の妻が、別に、居たっていう事ですよね?

相談者:
はい、そうです。

坂井眞:
そういうのは、まあ、あの、内縁関係というんですけど、

相談者:
はい

坂井眞:
法律的にも、内縁関係っていうんですけども、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、法律上の夫婦でなくても、

相談者:
はい

坂井眞:
社会的に、もう、夫婦と認められる、

相談者:
はい

坂井眞:
実態があるならば、

相談者:
はい

坂井眞:
それは、あの、法律上の夫婦とは、若干それはレベルは違うけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
今、言ったような実態がちゃんと証明できるならば、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、慰謝料請求が、認められるケースはあります。

相談者:
ああ、そうですか。

坂井眞:
たくさんはないけどね。

相談者:
はい

坂井眞:
でも、わたしは、そういう事例を知っています。

相談者:
ああ、そうですか、はい

坂井眞:
だから、慰謝料については、大体さっきご説明したように、

相談者:
はい

坂井眞:
複雑だけど、

相談者:
はい

坂井眞:
実態が証明できれば、

相談者:
はい

坂井眞:
そして、相手が分かっていて、こういう関係になったって事が証明できれば、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、成り立たない、事にはならない、あの、成り立つって可能性は・・

相談者:
だけど、

坂井眞:
あります。

相談者:
はい

坂井眞:
それで、慰謝料請求するので、一つ注意しておく事は、

相談者:
はい

坂井眞:
あの、ふ、民法上の不法行為、

相談者:
はい

坂井眞:
なんですけど、

相談者:
はい

坂井眞:
民法709条っていうのは、

相談者:
はい

坂井眞:
これはあの、時効の期間が、短いんです。

相談者:
ああ、そうですか。

坂井眞:
不法行為があった時から、

相談者:
はい

坂井眞:
ま、それと、誰が不法行為をしたかの、を、知ってから、3年なんです。

相談者:
ああ、そうですか。

坂井眞:
で、2ヶ月前に亡くなって、

相談者:
はい

坂井眞:
6ヶ月間、ターミナルケアっておっしゃってたから、

相談者:
はい

坂井眞:
まだ、そういう話を知ってから、1年も経ってないわけですよね?

相談者:
はい、そうです。

坂井眞:
数ヶ月でしょ?

相談者:
はい

坂井眞:
だから、大丈夫だと思うんですが、

相談者:
はい

坂井眞:
で、どちらにしても、そういう問題もあるので、

相談者:
はい

坂井眞:
一度、ちゃんと、弁護士に相談をして、

相談者:
はい

坂井眞:
あと、最初の、ご質問だった、やった方が良いのかどうか、っていうのは、じっくり考えてもらって、

相談者:
そうですね。はい

坂井眞:
あのお、やる事によって、あなたが疲れてしまう可能性もあると思うから。

相談者:
ありますね。多分・・

坂井眞:
よく考えられた方が良いと思う。

相談者:
はい、疲れるような気がします。分かりました。ありがとうございます、ご親切に。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。