執拗に何かを求める長女から逃げる女のセリフが「娘の幸せが私の幸せ」


テレフォン人生相談 2016年12月1日 木曜日

長女が3か月前から毎日ストーカーのようにメールや電話で悩み相談をしてくる。親として娘にどう関わっていけばよいか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女67歳 夫75歳 県外で家庭を持つ長女41歳 長男39歳

今日の一言: 苦しみは解放と救済につながる(アルフレッド・アドラー)

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
お願い致します。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
67歳です。

加藤諦三:
67歳。今、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
75歳。

加藤諦三:
75歳。お子さんは?

相談者:
長女が41、

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が、39

加藤諦三:
はい、分かりました。
それでどんな相談ですか?

相談者:
えーと、長女、が県外で、結婚してます。

加藤諦三:
はい

相談者:
10年前から、何か困った事があるたびに、

加藤諦三:
はい

相談者:
メールや電話で泣き言を言って来ます。

加藤諦三:
はい

相談者:
その度に、娘の家へ行ったり、連れて帰ったりを繰り返しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
娘の旦那さんからは、過干渉と思われるぐらい、

加藤諦三:
はい

相談者:
孫可愛さに、行動しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
今年に入ってからも、うつになり、

加藤諦三:
「うつになり」っていうのはこの、41歳の、あなたのお嬢さんがうつになったの、

相談者:
そうそうです。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
で、心療内科へも、通っていますけど、毎日、電話とメールを・・3ヵ月以上、掛かっ・・て来るんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
朝は8時から夜は、

加藤諦三:
はい

相談者:
11時頃、

加藤諦三:
はい

相談者:
4、5回。

加藤諦三:
はい

相談者:
でわたし、30分ぐらい話すんですよね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、わたしもそれ聞くんですけど、同じやり取りの繰り返しで、さらに、攻撃的に、わたしを責めて来るんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう限界で・・

加藤諦三:
あのお、例えば、メールの内容でいうと、どんな言葉で、が・・攻撃的ってのはどういう・・

相談者:
「お母さんはわたしの気持ちを分かってくれん」とか、

加藤諦三:
あーはいはいはい

相談者:
「お母さんは、子どもの時に、わたしを・・可愛がってくれなかった」とか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
って、今だに言われます。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
・・なんか、子どもみたいで、なんか、子どもが・・おもちゃを買い与えてもらわなかったらギャーギャー言うような、そんな欲望を、が、発揮できなかったらわたしとか、家族・・

加藤諦三:
「わたしとか家族」というのは、この、41歳のお嬢さんのお子さんのね?、あなたの・・にとって孫ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
に、

相談者:
とか・・

加藤諦三:
当たるって、

相談者:
旦那さんにも当たってると、

加藤諦三:
ご主人にも当たってると。

相談者:
はい、と思うんですよ。

加藤諦三:
あーなるほどね。

相談者:
子どもがちっちゃいうちは、行ってたんですけど、もう・・いつまで行っても、自立できんと思って、

加藤諦三:
はい

相談者:
3年ぐらい前から行ってないんですけど、「来て来て」って言うんですけど、行ってもおんなじことの繰り返しなんで・・もう、行かないことにしてるんですけど。

加藤諦三:
はい、「行っても、繰り返し」ということは、要するに、「お母さんは、わたしの気持ちを分かってくれない」ということばっかり言ってるっていうこと?

相談者:
そう、そうですそうです。

加藤諦三:
で、あなたの側からすると、その、お嬢さん、お嬢さんつっても、もう、41歳ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
言い分っていうのは、どういう風に感じます?

相談者:
はい、わたしもイライラして、子育てしたような気がします。

加藤諦三:
何でそんなにイライラしてたんですか?

相談者:
仕事と両方と・・そのと・・

加藤諦三:
あ、働いてたのね?

相談者:
はいはい

加藤諦三:
専業主婦ではなかったんですね?

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
そうすっと・・ご主人も働いてた、あなたも働いてたで、で・・このお嬢さんは、どうやって育てたんですか?、誰が・・

相談者:
あの・・自営業ですから家、におりますから。

加藤諦三:
あー家で、いるから、絶えず見てはいられるわけですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
そうすっと、お嬢さんの側からするとお、要するにお母さんはあ、そばにいるけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
お店の事、やっていて、わたしの方には、全く、注意を向けてくれなかったということね?

相談者:
はい、そ、いつも言われます。

加藤諦三:
ええ・・

相談者:
「イライラして、わたしを育てた」と。

加藤諦三:
うん・・「イライラして、育てた」という、そういう言葉で言うんですか?

相談者:
はい。「虐待された」とか言います。

加藤諦三:
「虐待された」という?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その小さい頃は、なに、手の掛からない子だったの?、それとも、手の掛かる子だったの?

相談者:
手の掛からない子でしたけど、

加藤諦三:
うーん

相談者:
高校生の時に、とうきょ・・拒否(登校拒否)して、

加藤諦三:
うん

相談者:
困ったことがありました。で、社会人になっても・・結構遊びまくって・・で、やれやれ結婚してもらって、やっと、離れてくれたと思ったら、

加藤諦三:
うん

相談者:
こんな調子で・・

加藤諦三:
だからま、「離れてくれた」ってことで、あなたにとっては、こう、正直の話い、好き、ではなかったんだね?

相談者:
たぶん

加藤諦三:
ですよね。うん、で、うんでも、だ、あなた・・今もまあ、かなりイライラしてるけどお、素直な部分もあるね。
「嫌いだ」ってつったけど、「たぶん」って認めるからね。
「そんなことありません」ってこう言う人が多いんだけれども、

相談者:
あ、嫌いではないけど、やっぱし、心配でやっぱし、いつも、幸せになって欲しいなとは思ってますけど。

加藤諦三:
うんそれは思ってる・・

相談者:
はい

加藤諦三:
うん、だから、そ、その気持ちだけじゃなくて・・その矛盾した気持ちがあったという意味ですけど。

相談者:
そうです、はいはい

加藤諦三:
うん

相談者:
も、子どもの幸せが、わたしの幸せです。電話掛かって来ること自体がもう、不安で・・

加藤諦三:
子どもの幸せが・・わたしの幸せ?

相談者:
はい、今のところ。

加藤諦三:
「今のところ」
あなた、ご主人との関係、上手く行ってないよね?

相談者:
・・たぶん

加藤諦三:
あのね、自分、で幸せになろうっていう、前向きの意欲が、今ないよね?

相談者:
いや、ありますけど、今のところ・・萎縮してます。

加藤諦三:
いや、もし、もしあれば、

相談者:
はい

加藤諦三:
「子どもの幸せが、わたしの幸せ」とは、絶対(強い口調)に言いません。

相談者:
あ、そうなんですか。

加藤諦三:
自分で、自分の幸せを・・作れない人が、

相談者:
はい

加藤諦三:
「子どもの幸せは、わたしの幸せ」って言ってるんです。

相談者:
あー

加藤諦三:
だから・・人間関係も、上手くい、行かないですよ、それご主人って・・ご主人も、とも上手く行ってない、ですから今・・あなた、お嬢さんとの関係だけで・・相談して来ましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・お嬢さん以外に、

相談者:
はい

加藤諦三:
周りの人間関係は上手く行ってないですよね?

相談者:
・・いいえ、そんなことないと思います。

加藤諦三:
いいですか?

相談者:
周りの人間関係ですか?

加藤諦三:
周りの人間関係が・・上手く行っていて、

相談者:
はい

加藤諦三:
何で、お嬢さんの育てる時、お嬢さんに、イライラして・・今、こんなんなるの?

相談者:
(ため息)

加藤諦三:
逆に、た、あなた自身があ、お嬢さんに、自分の気持ちを・・どんどんぶつけて来たんじゃないの?

相談者:
そうですねえ。

加藤諦三:
そうでしょう?

相談者:
はい

加藤諦三:
だから周りの人間関係の、上手く行かないことを、全部、あ、このお嬢さんに向けて・・うっぷん晴らして来たんだね?

相談者:
そうかもしれません。

加藤諦三:
・・お嬢さんからするとこれ、たまんないねえ。

相談者:
・・・

加藤諦三:
今、あなた、「お嬢さんからのメールで云々」っていうけど・・も、全部、今までの、人生、全部に対して、
「助けてくれー」っていうことじゃないの?

相談者:
とりあえず、今の、解放されたい気持ちだけ。

加藤諦三:
そうだよね?・・も今の状態から「解放されたい」っていう叫びだね。

相談者:
はい

加藤諦三:
大変難しい相談だと思いますけれども、今日はあのスタジオに弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


執拗に何かを求める長女から逃げる女のセリフが「娘の幸せが私の幸せ」」への3件のフィードバック

  1. ううっ、いつもクールな大迫先生の告白に胸を掴まれてしまいました…!
    大人の女性の経験値が伝わるし、地に足ついてて圧倒的に的確なつっこみの厳しさ、冷静さ、優しさにもうメロメロです。
    大迫先生ステキー!!(変なコメントですいません)

  2. 私は20代前半でマグマが噴き出したけど、あの時、親自身も更年期とかで本当に大変だったと思う。心置きなく噴出させてくれたおかげで、アンマーの歌詞の気持ちがよく分かる。母親の立場としても。
    しかし、最近は40代くらいまでマグマを溜め込んでいる人も結構いるんだなぁ。

  3. 相談者にとってアンマーは、自分の娘だったんじゃないでしょうか…?
    今頃お返しされてるみたいですね。

    子育てして、改めて知る親への憎しみ(by加藤センセー)だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。