大学4年で3度目の足踏み。対人恐怖症の息子の進路に悩む父親の気づき


テレフォン人生相談 2017年2月27日 月曜日

内向的な性格の大学4年生の息子に留年通知が来た。もう一年大学に通わせるべきか?、退学を勧めるべきか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男54歳 妻48歳 長男23歳大学4年生は下宿中 次男21歳 長女高2 4人暮らし

今日の一言: 悩みは昨日の出来事ではない(ベランウルフ)

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、よろしくお願いしますう。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
えーっと50、4歳です。

加藤諦三:
54歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー奥さん何歳ですか?

相談者:
えー48です。

加藤諦三:
48歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
長男が23

加藤諦三:
はい

相談者:
次男が21

加藤諦三:
はい

相談者:
えーっと、長女があ・・高お、2です。

加藤諦三:
今そうするとお・・5人で暮らしてるんですか?

相談者:
いえ、あのお、長男は・・えー

加藤諦三:
もう家出てるの?

相談者:
ちょっと、離れて、はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな、相談ですか?

相談者:
えーと・・長お、男が今大学う、なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
留年、してまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ・・でえ・・まあ、4年を、今2年・・2回、

加藤諦三:
はい

相談者:
やってということで。

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、さらにあのお、留・・年通知が届いたもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ・・ま、今後お・・続けさせた方がいいのか・・辞めさせた方がいいのかという・・

加藤諦三:
うーんなるほどね。

相談者:
とこがですね。はい

加藤諦三:
はい。そうすると、要するに高等学校3年までは、ごく普通に、来てるわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで大学に入ってこれ現役で入ってるわけですねえ?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
それでえ、1年2年・・大学に入った当時は、

相談者:
はい

加藤諦三:
あれ、ごく普通な、所謂・・大学生だったわけ?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
で、やっぱり留年するっていうことは・・いくつか理由があると思うんですけれども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
例えば、クラブ活動をやり過ぎちゃって、単位が取れなかったとか・・ま、色んな理由があると思うんですけど。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの・・ご長男の場合は、どーういう、ことです・・

相談者:
えーっと割と内向的な性格で、

加藤諦三:
はい

相談者:
友達も・・段々と少なくな・・って・・ってというところで、

加藤諦三:
はい

相談者:
まちょっとお、その留年の、

加藤諦三:
はい

相談者:
通知が来た時に学校の方に問い合わせをしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたらやっぱりい・・登校しない時期があるというところ・・で、

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
登校しない時期があるっていうことはまあ、下宿なら下宿に、はあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
いて、

相談者:
はい

加藤諦三:
下宿でジーッと引きこもってんのかな?

相談者:
そんな感じだと思いますね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
・・要するに、が・・大学に来て遊びほうけてるんじゃないんですよね?

相談者:
あ、それではないですね。はい

加藤諦三:
むしろ、大学う、に来ていないという・・

相談者:
はい、ええ

加藤諦三:
んでえ・・いつ頃から大学に、以降は、行かなくなってえ・・自分の、その、世界・・の方に、浸ってしまうようになったんですかね。

相談者:
ええっとですね、4年ん、のお、

加藤諦三:
はい

相談者:
後期あたりから、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、あのお、4年の時点でもう・・留年は決まってるわけですけども、

加藤諦三:
あはい

相談者:
ええ、その後期あたりから、少しあの・・出席してないというような、

加藤諦三:
ああ

相談者:
話を・・はい。ま留年・・

加藤諦三:
そ、はい

相談者:
ということで、通知をいただいたので学校お、に、問い合わせたら、

加藤諦三:
ふん、はい

相談者:
まそういう話だったという・・

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あの・・文科系と理工系っていうとどっち・・

相談者:
り・・え、理系ですね。

加藤諦三:
理系ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、そうすると、かなりもう、ハッキリしているわけね。

相談者:
はい

加藤諦三:
実験のレポートを出していない。

相談者:
はい

加藤諦三:
ない・・どうのこうのっていうことはね。

相談者:
えー、はい

加藤諦三:
学校に来ていない・・っていうことはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
そうか、あのお・・要するにそのお・・内向的っていうことだから、勉強に付いて行かれなくなったということか、人間関係が上手く行かなくて、大学嫌になったのかっていうと・・

相談者:
えっと、わたしが考えるには、両方じゃないかなという、

加藤諦三:
両方、うーん

相談者:
気はするんですね。でえ・・ま内向的な部分もあったので、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ま、その辺ちょっと相談に行ったら、ということで、学校の・・カウンセリング・・の方に・・えー、行くように進めまして、

加藤諦三:
うん、まあ、学生相談室っていうのは、

相談室
ええ

加藤諦三:
それぞれの大学に、

相談室
はい

加藤諦三:
そ、それぞれの、相談室持ってるでしょうから、

相談者:
はい

加藤諦三:
そこに・・

相談者:
ええ、まそこに、

加藤諦三:
行った?

相談者:
は(わ)あ、ええ、行くようにはなったんですけど。

加藤諦三:
あ、そこに行っているんですか?

相談者:
えーえー、行ってます、はい

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
ええ

加藤諦三:
そうすると、そこのお・・大学の、ま、どういう名前だか知りませんけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば学生相談室に、あって、この学生相談室での指導は出て・・されてるわけですよね?

相談者:
いー、ええ、のはずですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、ちょっとやっぱりそのお・・処方も、いただいて、薬を少し飲んでるようなんですけど。

加藤諦三:
あー

相談者:
対人恐怖症という話はあ、はい、聞きました。

加藤諦三:
うん・・ていうことはもう、学校に行くのが、怖くなったっていうことかな。

相談者:
そう・・だと思いますね。はい

加藤諦三:
ですね。

相談者:
ええ

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
この、23歳でもう、留年が決まってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
んで今も下宿してえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
親元を離れているんだけれどもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
このお・・長男に、どう接したらいいかってこと?

相談者:
今後・・卒業まで、

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ、何年・・掛かるかですけども(苦笑)

加藤諦三:
うん

相談者:
それを・・続ける、べきか、ここでえ・・中退するべきかというところで、

加藤諦三:
うん

相談者:
ええ

加藤諦三:
・・なるほどね。

相談者:
ま、その辺の判断が・・

加藤諦三:
それで・・あの経済て、経済的には、中退する・・必要があるとかそういうことはないわけね?

相談者:
(息を吸い込んで)ま、確かに苦しい・・ですけど・・どうしても・・やりたいっていう・・意識があれば、

加藤諦三:
うん

相談者:
やらせた方が本人のためになるのであれば・・ちょっと無理しても、という気持ちはあるんですけど。

加藤諦三:
と、ということは、むしろ、その心理的なことで、

相談者:
はい

加藤諦三:
どっちにした方がいいのかっていうことの方が・・

相談者:
ど・・っちの方が、

加藤諦三:
ま・・ん

相談者:
本人のためになるかということで。

加藤諦三:
ていう・・ことですね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい、あのお、んご本人じゃないので、ちょっとそう、ご相談が、非常に難しい・・

相談者:
はい、そうですね、はい

加藤諦三:
ご相談だと思うんですけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい・・よろしくお願いします、はい

加藤諦三:
・・あの、アドバイス頂きたいと思います。

相談者:
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。