長男を退学させた後悔が孫に向く女へ。お婆ちゃんの役割はサーカスのピエロ


テレフォン人生相談 2017年5月24日 水曜日

孫が不登校。父親である長男は孫に威圧的。長男と孫の間に入って不登校を克服させたい。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女66歳 長男44歳 嫁 子ども3人(高2の長男、中学生の次男、小学生の長女)

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。えー、今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
わたしの長男の、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えー、むす、子どもですう。
が、あのお、高校お、に、こ、不登校?

ドリアン助川:
はい

相談者:
も、毎日行かないわけではないのですが・・

ドリアン助川:
ご長男のお子さんてことはお孫さんですか?

相談者:
孫です。はい

ドリアン助川:
あ、お孫さん、はい

相談者:
はい・・それで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
行ったり行かなかったりとか、するもんですから。
で、あのお、一緒に・・こ、入学してた・・お友だちが何人か退学をしたようで・・で、その人たちとこう遊んだり、

ドリアン助川:
はい

相談者:
してるようです。

ドリアン助川:
はは

相談者:
はい。それで、そのお・・お嫁さんは・・どうしてもこの高校は行かしたいっていう、気持ちがあるんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、息子の方は、その、
「どうしても行かないのならあ・・辞めてもいい」みたいなことを言うので、こう、夫婦う、の意見が合わなくて・・あの、夫婦喧嘩なったようです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、それでお嫁さんの方から、わたしの方に相談がありまして・・その息子の家にわたしすぐ行ったんですけれども、

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
その息子はその仕事で、県外の方に出てますので、ま、喧嘩したままで仕事に出てしまったんですう。
そしたら、あのお、いき、行きましたら孫もおりまして、その、父親あ・・の、「顔も見たくない」とかあ、もう・・そういうことを言いますので、
「じゃ、わたしの家には来とく」っていう、いう話をしたら、
「行っとく」ということでわたしの家に来ました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、10日程になりますか、ちゃんとあのお、朝も起こして学校へも、行きました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ご飯も食べて・・で、行ってるんですが、その・・息子とのお・・そういう細かい会話がわたしがあまり、無いものですから、で、その息子をどういう風にわたしがあ、その、親として説得をしたらいいのか?っていう、相談なんですう。

ドリアン助川:
あ、なるほど。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーっと、ちょっと整理させてくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
まずあなた様おいくつですか?

相談者:
66です。

ドリアン助川:
66歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーご長男はおいくつですか?

相談者:
44です。

ドリアン助川:
44歳・・そして、えー、今、学校か、高校通ってるんですよね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
で、この、おーお子さんは高校何年生でしょうか?

相談者:
2年です。

ドリアン助川:
高校2年生

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご長男ん、の、あのお、ご家庭に他にお子さんいらっしゃるんですか?

相談者:
はい。えっと、中学生の男の子と、小学生の女の子がいます。

ドリアン助川:
あ、3人。

相談者:
はい

ドリアン助川:
3人、の、お孫さんっていうことですね?

相談者:
そうです、そうです。

ドリアン助川:
で、ご長男のご長男が、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー高校を、こう、ちょっと休みがちになって、

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、退学しちゃった友だちと遊んでると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、親にしてみりや凄く不安な状態、なんですけど、

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも辞めてるわけではないわけですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
え、はい

相談者:
今のところ辞めてるわけではないです。

ドリアン助川:
んで、ま、これも一つの現象ですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
基本的にはそのご長男と上手くいってないと。

相談者:
・・そうですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう、今までえ、は、ホントに・・父親の方が・・こう、命令口調のような感じで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
言う事を聞いていたのが・・聞かなくなった。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
自分の考えが、感情が出ますよね?、それを、息子が、こう父親が認めてない・・

ドリアン助川:
割とこう力で、

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
押し切ろうとしてるんですか?

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
あのお・・で、今・・ご長男のご家庭から、あなた様のところにお孫さん来てらっしゃるんですね?

相談者:
先週の、

ドリアン助川:
はい

相談者:
木曜・・水曜日に、お嫁さんの方から相談がありまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、木曜日から、そのお・・わたしとこへ来て、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、先週・・木金、学校へ行きました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
月曜日も行きました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でも月曜日はもう凄く起きるのも、時間が掛かって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、機嫌を取って、一生懸命出したいう感じです。

ドリアン助川:
はあはあはあ

相談者:
そしたらあ、学校の方から、その欠席をしているということが母親の方に連絡が来たそうです。

ドリアン助川:
あ、ていうことは行ってなかったってことですか?

相談者:
行ってなかったいうことです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
風邪を引いたとかいうの、ぐじぐじは言ってましたけど、

ドリアン助川:
はい。で、今・・帰って来てるんですか?

相談者:
今はその、自宅の方に・・

ドリアン助川:
あ、自宅の方に、

相談者:
はい

ドリアン助川:
戻っちゃった?

相談者:
ここへは戻って来ていません。

ドリアン助川:
ああ

相談者:
2日間。

ドリアン助川:
なるほど。うん、今何がこう・・一つ二つ、解決されたらといったら何が一番解決したいですか?

相談者:
・・息子に、

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしの息子に、

ドリアン助川:
はい

相談者:
成長過程にある、孫の状況を把握して、もらいたい。

ドリアン助川:
把握してもらいたい。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん

相談者:
今はこういう時期なんやっていうのを把握してもら、分かってもらいたいんですよね。

ドリアン助川:
うーん。お母さんが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご長男を育てる時にこういうことはありましたか?

相談者:
ありました。

ドリアン助川:
ありました?

相談者:
ありました。

ドリアン助川:
あ、そうですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ、ええ、そ・・え

相談者:
あのお、退学しました。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、その時に、退学う、しちゃう、う、うん、これも成長過程だと思って、認めました?

相談者:
・・いろいろ、手を尽くしましたけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
どうしても学校へ行かないので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお・・「学校行くように」っていうのを一生懸命言いました。まだわたしも若かったですし。一生懸命言いましたが、えー
「一週間だけ休ませて欲しい」っていうことを、息子がゆ、言い、言ったことがあります。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、それまでも何回もこう、学校に行くように言ってたのに聞かないので、
「もうそんなんやったら、退学したらいい」っていうことをわたしが言った記憶があります。

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう凄いそれは、もう、今でも後悔をしてるんですが。

ドリアン助川:
うーん・・うーん・・ということは、あのお、ご長男はすでに経験済みのことを・・

相談者:
そう(苦笑)

ドリアン助川:
そのお孫さんを見ながら・・

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
考えてる可能性ありますね。

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
えー、えー

相談者:
悩んでるんじゃないか?ともは、思・・ってるんですけど。

ドリアン助川:
うーん・・ええ、ご長男も、なやま、悩んでるんじゃないですかね。

相談者:
はい、もう・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
おーん、凄い悩んでると思うんです。

ドリアン助川:
うーん・・うーん

相談者:
で、一応わたしも母親として、そのお、息子に、今の状況を分かってくれるような話をしたいと思うんですが、きちっと話を聞いてくれる息子ではないので、どういう風な話し方をしたらいいか?っていうので、困っているんです。

ドリアン助川:
うーん・・まず、そ、す、ということは、まず最初に、ま、いろいろ問題はありますけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた様と、ご長男の、

相談者:
はい

ドリアン助川:
コミュニケーションの回復という部分です、かね?

相談者:
あー・・そうですね。

ドリアン助川:
それが一番ですかね?

相談者:
はー、そうですね、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あまり話をこう聞いてくれません。

ドリアン助川:
・・ああ、こっちですかね?、これあのお・・ん、ど、もう、ずっとこのお、高校退学した頃からあまりコミュニケーションない感じですか?

相談者:
そんなことはないですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
しばらくそのお・・家も出たりして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
行方が分からん時も何年もありました。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい。でも・・22歳ぐらいからはあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
きちっとした仕事をして今、家族も、

ドリアン助川:
はい

相談者:
生活、が成り立っています。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
ということは・・ご長男も随分いろいろ・・やられて来たってことですね?

相談者:
あ、そうです(苦笑)

ドリアン助川:
そういうことですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、お嫁さんに、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
その、母親には、迷惑をかけたっていうことは言うたことがあるらしいです、以前。

ドリアン助川:
うーん。
分かりました。それでは・・そのお、今、起きてることの問題も含めて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ご長男と上手くコミュニケーション復活させるにはどうしたらいいか?と。

相談者:
はい

ドリアン助川:
いうあたりのことを、今日伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、今日の先生、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい、ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。