役割がないと場がもたない男。ありのままの自分には価値がない


テレフォン人生相談 2017年10月27日 金曜日

結婚2年目。妻と長い時間一緒にいるとそわそわして落ちつかない。これから何十年もあるのにと思うと不安になる。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男31歳 妻29歳妊娠中 結婚2年

今日の一言: 人間として生まれた以上、わたしはありのままで相手に価値がある。それが共同体です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
30、1です。

加藤諦三:
31歳。結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
えー奥さん何歳ですか?

相談者:
えー29です。

加藤諦三:
あの結婚してから、どのぐらい・・経つんですか?

相談者:
えっと、2年んー・・

加藤諦三:
2年ぐらいですか。

相談者:
ぐらい、2年経たないぐらいですかね、はい

加藤諦三:
うーん。お子さんは?

相談者:
はい・・お腹の中にいます。

加藤諦三:
お腹の中に

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
えっとお、ですね。妻あ、との、

加藤諦三:
はい

相談者:
一緒に、いる時の、自分の、えっと心持ちというか。

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとお、落ち着かないので。

加藤諦三:
何となく奥さんと二人だけでいると、居心地が悪いの?

相談者:
そうですね、ちょっとそわそわするというか。

加藤諦三:
うん、なんか緊張しちゃうの?

相談者:
あ、それは若干あるのかもしれないです・・

加藤諦三:
うーん。それはあ・・結婚、してからしばらくして?それとも、もう結婚・・する前、恋愛期間でもなんか二人だけでいると・・

相談者:
あーあ、そうですね、元々・・その奥さんに限らず、過去お、に、そういう、

加藤諦三:
うん

相談者:
交際していたあ・・女性えー・・と、やっぱりこう、一日い、ぐらい、ですか。大体一緒にい、いるっていうのはちょっと・・しんどいというか。

加藤諦三:
しんどい、うん・・

相談者:
はい

加藤諦三:
だからこれはその・・女性とばっかりじゃなくてえ・・男性も場合でも、二人でずっと一緒にいると、なんかこう疲れるというか・・

相談者:
うーん、そうですねえ・・家に帰りたくなるっていうのは一つ・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
ありますかね。

加藤諦三:
・・例えばあのお・・小さい頃からね。

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんやお母さんと二人でいる時っていうのは、あったわけでしょ?

相談者:
・・そうですね、でも、二人きりって・・家に、っていう、事は、あんまり、その長い時間っていうのはあんまりなかったかのように思います。

加藤諦三:
なかったですか。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
あの兄弟はどうなってんの?、末っ子とか長男とか。

相談者:
ああ、僕は、長男で。

加藤諦三:
あ長男、はい

相談者:
はい。でえ、一つ下に妹がいまして。

加藤諦三:
はい・・そうすると・・妹の方が・・可愛がられてるなあとか。なんか、そんなあ・・ひがんだ気持ちを持ったような事っていうのはあんまりない?

相談者:
父に関しましては・・

加藤諦三:
はい

相談者:
妹お、の方が、凄い可愛かったみたいなんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
母はあ・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
どちらかというと僕の方を・・あの・・

加藤諦三:
を、可愛がっていたと。

相談者:
ええ、ええ、と思います。

加藤諦三:
うーん。じゃ、そのせ、成長していく過程でね、

相談者:
はい

加藤諦三:
段々お父さんと二人でいるっていうのは、キツかった?

相談者:
あー、はいそうですね、父に対してはあ・・中学校上がったあたりからはあ・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
緊張して、高校、の時はあ、えーま、こ、高校生の時は離婚して、父が出て行った形なんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょいちょい、あのお、家の方には寄っていたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう時っていうのは、ま大体あの、玄関開ける音とか、階段上ってくる音とかでま、父が・・来たっていうのが分かると、やっぱこう、体がこわばるというか、そういう事はありました。

加藤諦三:
緊張しちゃうわけね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
怖かったのね?

相談者:
怖かったですね、はい。

加藤諦三:
うーん。だから、そのお父さんとの緊張関係があ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そのまま他の人との緊張関係にも影響してるっていう風に考え・・たら・・おかしい?

相談者:
うーん。・・うーん・・今はあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの父と仕事をしてまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、高校卒業してからもう、だから14年目ぐらいになる・・父があのお、自営で、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、父のもとで働いてるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、昔に比べたら・・

加藤諦三:
うん

相談者:
よっぽどましに・・なったかなとは思うんですけど。

加藤諦三:
うん、それ、はい

相談者:
それが・・直接、影響・・しているかどうかはちょっと僕、には・・

加藤諦三:
あの今は・・あの一緒にいるのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、楽だというのは、お互いに仕事がある、て役割がハッキリしてるわけでしょ?

相談者:
あー、なるほど、はい

加藤諦三:
自分の役割をやってる時には、二人でも何でもないわけですよ。

相談者:
あー・・はい、はい

加藤諦三:
ところが・・リラックスできない緊張しちゃう、居心地が悪いっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
お互いの・・これをや、すればいいっていう役割がないでただ一緒にいる

相談者:
うーん

加藤諦三:
一緒に居る事自体に、意味があるという・・

相談者:
うん、うんうんうん

加藤諦三:
そういう一緒の場合ですよね?

相談者:
あーはい、はいはい

加藤諦三:
だから、上司と部下でえ・・

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
飲みに行くのはいいんですよ。

相談者:
うーん、ああなるほど、はい

加藤諦三:
だけど上司と部下じゃなくて、

相談者:
ええ

加藤諦三:
人間と人間・・

相談者:
あーそうですね。

加藤諦三:
とお・・む、飲みに行くとなると、ちょっと・・緊張しちゃう

相談者:
はい、そうですね。#$%◆

加藤諦三:
ですよねえ

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
うーん・・まあ、難しく言えばアイデンティティーは、役割アイデンティティー、の方が強いんだよね。

相談者:
うーん

加藤諦三:
仕事お・・は、こういう仕事ですと。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
・・うん、分かりました。そいで、今日のあなたの相談ていうのはあ・・

相談者:
えーえ

加藤諦三:
ま、そういうような事で、奥さんとお、一緒に居る時もお・・

相談者:
はい

加藤諦三:
気持ちの持ち方を・・

相談者:
ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
どうしたらいいんでしょうかって事ですか?

相談者:
そうですね、この先、何十年と、寄り添うに当たって、今の・・状態が続くとちょっと(苦笑)・・

加藤諦三:
キツいなっていう事ね?

相談者:
キツいなと思って、はい

加藤諦三:
だけどあれでしょ?・・今の奥さんじゃなくたって、ま、そ、そ、あの・・

相談者:
そう・・そうだと、も、思います。

加藤諦三:
そんな、離婚という事は・・別の人が来たって同じ事だよね?

相談者:
と思います。はい

加藤諦三:
ですよね?、だから・・

相談者:
あはい

加藤諦三:
そういうような、関係っていうの、どうしたらいいか?という事ですね?

相談者:
はい、そうですね、はい

加藤諦三:
あの、今日はあの、スタジオに弁護士の大迫恵美子先生が、

相談者:
はい

加藤諦三:
いらしてるので。えー・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ご意見伺ってみたいと思います。

相談者:
よろしくお願いします、はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。