尊敬もしていた夫が落ちぶれて好きでなくなった女48歳


テレフォン人生相談 2017年11月20日 月曜日

夫が早期退職して給料の高い会社に再就職をしたものの、夜勤のためにすれ違いでギクシャクした生活に今後が不安。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女48歳 夫52歳 娘15歳

今日の一言: 自分を信頼できない人は人を信頼できません。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
・・あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします

加藤諦三:
はい
最初に年齢教えてください

相談者:
はい、48歳です

加藤諦三:
48歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
52歳です

加藤諦三:
52歳、お子さんは?

相談者:
15歳です

加藤諦三:
15歳、男の子、女の子?

相談者:
女の子です

加藤諦三:
女の子、はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい、えっと主人とわたしの関係なんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、主人があのお、一年、少し前に、あのお、再就職をしましてえ、早期退職で、あの、再就職をしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あの、夜勤の仕事に就きましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あの、スレ違いぃ、の時間でほとんど時間が取れなくなりましてえ、

加藤諦三:
時間が取れないっていうのは、お互いに会う時間が失くなったっていうこと?

相談者:
話をする時間

加藤諦三:
あ、話をする時間がなかった

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、で、それであの、ま、お給料が、いいのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
その就職先に就いたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
結局ま、正社員になってみると、すごくあの、前え、の、あのお、勤務先より、ちょっと条件が悪くう、なったような、形になりましてえ、

加藤諦三:
条件というのは、例えば、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう条件が悪くなったの?

相談者:
えっと、お休みも、

加藤諦三:
ああ、はあ

相談者:
以前でしたら、週休二日、土日で、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、娘と一緒に過ごせたりと、いうことがあったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あと、まあ、あの、手取りのお給料が、すごく減りましてえ、

加藤諦三:
あれ?、さっきそのお、夜勤になったので、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、給料は、結構良いって、言わなかったっけ?、僕の聞き間違い・・

相談者:
あ、最初はあの、契約社員のときは良かったんですけれどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
正社員っていう形になると、

加藤諦三:
あ、はいはい、そういう意味ですか

相談者:
急にあの、ちょっと、手取りが低くなりましてえ、

加藤諦三:
はいはい
残業代がつかなくなったとか、そういうことね?

相談者:
そおですねえ

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ま、あの、前の条件が、お給料がちょっと段々減ってきたということで、娘も、もう受験に入りますのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、早期退職を選んだんですけれどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、何のためにちょっと、あの、今の無理してこの時間ん、の無い中で、あのお、働いてるのかなあ?っていうふうに言うと、も、「生活するためだからしょうがないよ」っていうふうに、あの、言って、

加藤諦三:
はい

相談者:
何かこちらのせいみたいな形で、言ってくるんですねえ。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、あの、あたしとしては、まあ、あのお、身体が元気であればいいんですけれど、も、全然そういう、あの、話もできなくなってえ、

加藤諦三:
その、先ほども、は、話す時間も失くなったという、

相談者:
はい

加藤諦三:
ことですけど、休みもなくて。
ま、あの、具体的に言うと、どのくらい忙・・しいんですか?
ま、

相談者:
そうですね、あのお、とにかく休みが平日になってますのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしもちょっとあの、パートで勤めていますのでえ

加藤諦三:
はい

相談者:
なかなか、そのお、休みに、こう、一緒に出掛けるということがなくなってえ、まあ、あのお、ま、主人に対しての不信感というか、ま、選んだ仕事のわだかまりというか、も少し何かなかったのかな?というのは、実はあの、もっと前に遡ってえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたしあの、結婚ん、したばかりのときに、ちょっとあの、向こうの、あの、義理の母親あ、とか、からちょっと、あの、色んな嫌なこと言われたんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのときに、ま、一緒に居たんですけれどもお、何も言い返して、くれなかったっていうのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと最初に、ちょっとわだかまってましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あのお、しばらく、えっと、5、6年ぐらい前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
単身赴任に、あの、前の会社で主人がなってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ちょっとこちらを離れるときに、もう、わたし、会社危ないなあ、というふうに思ったのでえ、

加藤諦三:
はい、会社危ないってのは、会社が、潰れちゃうってこと?

相談者:
はい、ま、あの、会社がたぶん、あの、こういう、働き盛りい、の人をたぶん切っ、るんだろうな、主人は切られていくんだろうなっていう心配をしましてえ

加藤諦三:
あっ、会社がどうなるんかっていうんじゃなくて、ご主人の方が、解雇されるという、こういう、

相談者:
はい、ちょっとなんかあのお、

加藤諦三:
はい

相談者:
たぶん、も、単身赴任なった時点でちょっと、あのお、心配になりましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
もうあの、◆#$%に離れるんだから、あたしも頑張るんでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、あなたも、そちらでちょっと勉強するなりスキルアップをしっかりしてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「しっかり備えといてねえ」、って言ったときに、「うるさい!」っていうふうに、言われたんですねえ。

加藤諦三:
ふんふん

相談者:
でえ、ま、わたしとしては、その、ご両親には何も言わないのに、わたしが一番大事なことを言ったときに、そういうふうに言ったっていうのが、すごくショックでえ、

加藤諦三:
うん・・

相談者:
で、単身赴任先から帰って来てえ、も、ほんとに会社がちょっと、あの、ガタガタしてきたのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分がもう、あの、生活の為にっていうふうに早期退職してえ、夜勤を選んでるんですけれどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんかこう、一貫性がないっていいますか、わたしとしては、も少し何かこう・・もっと出来ることがあったんじゃないかなあ?っていうのお、がすごくありましてえ、

加藤諦三:
うん・・
ほんとの信頼関係を築けないままで

相談者:
そうですねえ

加藤諦三:
来てしまったという・・

相談者:
そうですねえ、何かこう、何かあったときに助けて貰えなかったっていうのが、単身赴任でも、ちょっとづつ、ちょっとづつ、こう、重なって来てえ、

加藤諦三:
んん

相談者:
この人たぶん、わたしを、助けてくれないだろうっていう気持ちがすごく強くなってえ、

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
今に至ってるんですう。

加藤諦三:
はい
だから、こういう形で上手く行ってないから

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしたらいいでしょう?ということですね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
はい、分かりました

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのお、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてるので

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ、純粋な法律問題ではないですけれども、

相談者:
はい、よろしくお願いします

加藤諦三:
大変経験の、豊かな先生ですので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい
よろしくお願いしますう

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「尊敬もしていた夫が落ちぶれて好きでなくなった女48歳」への5件のフィードバック

  1. この女がどれほどスキルアップしたか知らんが、そこまで言うならあんたがメインで働いて、旦那さんに家事担当&パートをしてもらったら良いよ。旦那さんをあんたの扶養に入れてさ。あんたがバリバリ働いてもっともっと切り開けば?  旦那さんに要求せずにさ。

  2. なかなかの本物
    マジで言ってんの?がマジな人
    カマキリはメスがオスを食う
    昆虫を人の感覚でみるべからず
    人には感情や愛情があるが故
    そりゃあんまりだ、むごい、残酷だろ
    と思ってしまうのです
    声の向こうの昆虫女

  3. こういう女大嫌い
    腰掛け程度の社会経験で専業主婦になり、歳だけとった女に多い。
    自分がシビアな仕事したことないから、旦那が会社でしてる苦労がどんな類のものか、想像しても想像すらできないのでしょうね。
    金やステイタスと結婚した女の成れの果て。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。