何もない関係を疑って不機嫌な妻。男が認めた想い。劣等感を覆い隠すための軽さ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、ど、あどうも、こんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
お願い致します。

マドモアゼル愛:
どうも、はい
なんか、お話聞くと、でも仲良さそうな、ね?、あの、基本的には、そういう・・

相談者:
あ、そうですね、はい

マドモアゼル愛:
ん、ね?、ご夫婦だったわけよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、なんか、ま、流れをね?、こう、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やってみると・・加藤先生おっしゃったようにやっぱり、ん、あ、劣等感が強くて自分に自信がないタイプう、の、奥様かな?って気がすんの。
それでひ、人が良くて・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、人間性が、やっぱり・・あの、内気でえ、優しい人なんでしょうね?、基本がね?

相談者:
凄く優しい人です。

マドモアゼル愛:
ね?恐らくね。

相談者:
はい、はい、はい

マドモアゼル愛:
そいで・・だからあ・・ま・・ん、見えないところでも、色々・・一生懸命やってると思うんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
色んな事をね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・それが、まあ、ある程度評価されたりとかあ、声を掛けてくれ・・て認めてもらえるとかっていうような流れが・・あれば・・あのお・・心の栄養っていうのかしら?、が、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼女に与えられていればね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こういう問題もそんなには・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
気にしないで、済んだ・・ものの、

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
たまたま、LINEで繋がった昔のお・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
人、それから別の女性と飲みに行った。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こういう具体的な事があったから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
問題が起きたんだって、今・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
考え方で、お話してるけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ホントはそうじゃなくて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その程度の事は、これまでもあったと思うんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
意外と誤解されるようなものとしては・・

相談者:
はい、はい、はい

マドモアゼル愛:
も、今回ちょっと、ハッキリしてるから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
かもしれないけれどもね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお・・それよりも、日頃の、夫から、の、思いが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
に、本気・・さが、感じられなかったとか。
何か満たされない、自分が評価されないような・・
だってあなたしかいないわけじゃない?

相談者:
そうなんですね。

マドモアゼル愛:
真面目な、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
奥さんは。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
となると、鏡のように自分を評価してくれる人っていうー・・あなたの反応を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
人一倍、結構、気にするタイプだと思うんですよ。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
うーん、そこが・・ま、彼女から見たら冷たかったっていうか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分なんか、い、いなくなって・・あの人にとっては関係ないんだと思うような、せ、考えをね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
築いちゃってた時期に、こういう事が起きたんじゃないの?、きっと。
でも自分でもお・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これじゃ、ばか、おかしいと思うから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
日によって、朝・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、機嫌良くしたり、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ん、でも、抑えきれなくなってえ・・我慢・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
できなくなっちゃうとか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だ、彼女自身も凄い、実はストレスを感じているんだっていう事・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
まず理解してあげる、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
必要があるよね?
そいで、そんな中から、「今日は」、あ、「お前」、「機嫌いい」、「凄く嬉しい」、「助かった」、ていうような・・ま、い、一種のお・・あのお、冗談、というんでもいいし、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、露骨すぎるぐらいの、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
評価とかあ・・え、なんか、相手の怒りを・・とか、不自然な気持ちを笑いに変えてあげるような・・あの、方向とか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう事・・は、あなた出来そうですから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やれば・・あのお、すぐ元に、ん、戻れんじゃないかな?と思うんだけども。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
だから、それができないっていう事は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、あなたの中にも、ホントはでも・・なんか・・あるわけじゃないよね?
あわよくばとか、そういう何か・・そのお・・おー、思いとか、ん・・

相談者:
他の女性にですか?

マドモアゼル愛:
うんうん、そうそうそう

相談者:
あ、ないです。

マドモアゼル愛:
ないわけよね?
そしたら、奥さんに、そういう、事を、エネルギー向けられるじゃないですか。

相談者:
あー・・ま、そういう・・努力すれば、元に戻りますかね?

マドモアゼル愛:
あ、うん、だって・・彼女は一緒にやって行きたいから不機嫌なわけじゃない?

相談者:
はい、あーあ、そう、あ、そうですね。

マドモアゼル愛:
しん、信頼できないで。

相談者:
ええ、ええ・・ええ

マドモアゼル愛:
そいで・・
「家内に対して辛い事をぶつけた事がある」ってこれを、まだ引きずっているわけ?、奥様は。

相談者:
引きずってます。
え、「離婚するぞ」と脅した事は、もう・・

マドモアゼル愛:
うんうん

相談者:
何回もあったつう事はもう・・

マドモアゼル愛:
そうすっと、今回のLINEの事と・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから、別の女性と飲みに行った事、とが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
刺激、を受けて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
繋がって来てしまうという・・

相談者:
はい、そうですね、はい

マドモアゼル愛:
その暗い、うん、感情の、な、流れが、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
できちゃってるわけだよね?

相談者:
はい、そうですね、はい

マドモアゼル愛:
そうなると、じゃやっぱり・・えー、一回は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
スマホでLINE繋がってる人とお、の事は特に、こちらが優先だから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
とは関係ない事、どっかで示す必要があるかもしれないね?
やったの?そういう事は。

相談者:
も、も、LINEは削除しました。

マドモアゼル愛:
あ、じゃもう・・

相談者:
で、連絡先も、

マドモアゼル愛:
今・・

相談者:
連絡先も全部なく、失くしました。

マドモアゼル愛:
ん、じゃ、無いわけね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そ、それが、負い目だからそうしてると思われてんのかな?じゃ、今。

相談者:
そうだと思います。

マドモアゼル愛:
うーん。
「そしたらじゃいいよ。そこまで疑うんだったら」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・ん、は、
「僕も恥ずかしいけれども」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「そうじゃなかった事を彼女に証明してもらうから、それでやるかい?」っていうぐらい言って・・

相談者:
いや・・電話しました。彼女に。

マドモアゼル愛:
そしたら・・そしたら?

相談者:
ん、あの「関係ない」って言われました(苦笑)。

マドモアゼル愛:
奥様・・の、耳元で?

相談者:
え、その・・え、いやもう、彼女と、家内は話しました。

マドモアゼル愛:
あ、ホント。

相談者:
電話で、はい

マドモアゼル愛:
それで、関係ないっていう事になったわけね?

相談者:
むこ、向こうはもう、向こうの、方も、再婚してらっしゃるんで、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
な、そんな昔の事は関係ない・・

マドモアゼル愛:
え、再婚っていうか、昔も、なかったわけでしょ?だって。

相談者:
ない、ないです、ないです。

マドモアゼル愛:
うん、その事もだから、ちゃんと言ってくれたわけね?

相談者:
言って、言いました。

マドモアゼル愛:
して、その後奥さんはどんな感じになったわけ?じゃ。

相談者:
いや、あんまり変わんないです。
やっぱ態度、態度が冷たかったです。

マドモアゼル愛:
うん、ていうか、恥ずかしいんじゃないの?

相談者:
・・あ、そうかもしれません。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そんな事まで、全部わたしがさせちゃった事になりますよね?

マドモアゼル愛:
うん、ま、そうだけれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ここでもう、誰がどうだ、こうだっていう、この、エネルギーの、やり取りの構図自体が、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
嫌なんじゃないの?もう。
だから、朝起きた時に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたが、今日は不機嫌そうかどうかって、観察されてる事自体が、もう彼女にとっては負い目なんじゃないの?

相談者:
あーあー・・あ、そうかもしれないですね。

マドモアゼル愛:
うん、だからもうちょっと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
逆に、我儘になっちゃうとか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
要するにあなたが自然体である事が大事だって気がすんですよ、ここは。

相談者:
あ、あ、自然体。はい

マドモアゼル愛:
それでいて・・その中から出て来た優しさとか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
労わりとかが、伝われば、コロっと、変わると思う。

相談者:
・・はい、分かりました。

マドモアゼル愛:
うーん、僕は、ま、そ、ま、単純な事、じゃないかなと思うけど、あの、

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
はい、加藤先生にもう一回伺ってみたいなと・・

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あの今ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
マドモアゼル愛先生の、言葉の中で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
僕、物凄く大切なところはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
本気、が、感じられないんだ。
相手が、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたの言葉の本気度が感じられないって、そこを・・の言葉が・・

相談者:
うん

加藤諦三:
物凄い大切だと思うの。

相談者:
はい

加藤諦三:
要するにあなた、照れ屋なんでしょ?

相談者:
あ、かもしれないです(苦笑)。

加藤諦三:
もしかして、ん、なんか・・本当に好きな事が何かってできなかったとか、なんかこう・・悔しい思いっていうのは、何かないの?

相談者:
人生全部悔しいです。

加藤諦三:
あー、やっぱりねぇ

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、あなた今、「人生悔しかった事ばっかり」って言うんだけれども、

相談者:
は、はい

加藤諦三:
何がありました?

相談者:
エリートでは、には、なれなかったって事が辛い、あの悔しかったですね。

加藤諦三:
うんー

相談者:
はい

加藤諦三:
・・それは、悔しさで、

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、今よくその悔しさを、ハッキリ言ってくれたねえ。

相談者:
・・ええ・・やはり、あの、ちっちゃい頃から、あの、
「勉強勉強」と言われて来て、

加藤諦三:
ええ

相談者:
まあ、大学受験も全部失敗しまして、

加藤諦三:
ええ

相談者:
志望校ではないところに行って、

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、ま、それこそ、ん、あの一般的に、新卒から・・えー、一流企業に入ったわけではなくて、中途採用でしたから。

加藤諦三:
うん

相談者:
・・な、うん、それなりの、まあ、この、悔しさっていうのは味わいましたね。

加藤諦三:
うん、ま、とにかく・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
あなたの価値観の中でやっぱり、そういうエリートコースう・・歩むことが価値だったんだよね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
・・だけどお・今、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたが自分で言った事、エリートコースを、進むという・・
「だけど俺は、エリートコースを進めなかったんだ、悔しかったんだ」という・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ことを、認めた事で、

相談者:
はい

加藤諦三:
それにも関わらず・・

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さんと一緒に、な、仲良くやって来て、子どもを二人育てて、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・これは並大抵な事じゃないですよ?

相談者:
ま、さすがに・・辛かったですよね。

加藤諦三:
つ、辛いよ、そりゃ。

相談者:
ええ

加藤諦三:
そうすっと、それはもう、ホントに悔しいし、く・・苦しいから、

相談者:
はい

加藤諦三:
そっから目を、背け、るための手段が、軽さなんです。

相談者:
あ・・うん

加藤諦三:
本当に、軽いんじゃないんですよ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
エリートコースを歩めた、なかった事の悔しさから目を背けるための・・

相談者:
うん

加藤諦三:
ことが、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたの軽さなの。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、「わたしたち、俺たち・・本当はこうだったんだよね?」って向き合え・・

相談者:
うん

加藤諦三:
・・る事が・・いいんじゃないかしら。

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
劣等感は、本来の感情を排除してしまいます。

スポンサードリンク


「何もない関係を疑って不機嫌な妻。男が認めた想い。劣等感を覆い隠すための軽さ」への2件のフィードバック

  1. よく聞き取れますね。凄
    エリートにはなれれなかったってところ

    使いこなせないほど便利で楽しいおスマホ様
    と、みせかけ不便で怖いおスマホ相談
    ズレてる輩ほど生きにくい
    それは案外まともな時代じゃなかろうか?
    それでもあなたのスマホ、バキバキに割って解決したろ

  2. 本放送で聴いていた。
    加藤氏から「エリートになれなかった劣等感」を指摘された後に、項垂れた子供のように素直になった相談者が印象的だった。素直なところはあるので、今後なんとかできるんじゃなかろか。
    しかし、この手の相談もお手の物とはいえ加藤氏の切れ味は相変わらず鋭い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。