有利な離婚のハズが一転大ピンチ。中川氏がばらす当然すぎるワケ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
さっき、昨日、家庭裁判所から、

相談者:
はい

中川潤:
調停の、あのお、期日の呼び出し状だと思うんですよねえ。

相談者:
はい

中川潤:
その書類が届いたあ。

相談者:
はい

中川潤:
で、その中にい、

相談者:
はい

中川潤:
申立書、

相談者:
はい

中川潤:
みたいな、ものが入っていてえ、

相談者:
はい

中川潤:
そこで慰謝料を請求する。

相談者:
はい

中川潤:
ていうことが書かれていたあ。

相談者:
はい。
で、自宅、建物、申立人と相手方の共有名義、

中川潤:
ふうん

相談者:
自宅建物、

中川潤:
ふうん

相談者:
の、自宅の土地は、申立人は、相続により、

中川潤:
ふうん

相談者:
取得した土地であり、

中川潤:
ふうん

相談者:
夫婦財産ではない、って書いてあります。

中川潤:
ふうん、固有財産だって言うのね、はい。

相談者:
はい。
だから、あたしには、まったく権利が無いって書いてあるんですけどお、

中川潤:
ふうん。
あの、家が・・ね、建物は、まず、建てたんでしょ?

相談者:
はい

中川潤:
で、建てた、その資金ですけども、

相談者:
はい

中川潤:
共有っていうのは・・・共有の持分の割合は、二分の一、二分の一にしてるんですかあ?

相談者:
した方がいいって言われたんで。

中川潤:
ま、いいですわ。

相談者:
はい

中川潤:
いや、だから、二分の一、二分の一にしてるのね?

相談者:
はい

中川潤:
んで、その資金の出所。

相談者:
はい

中川潤:
は、どういうことだったんですか?

相談者:
あたしです。

中川潤:
あなたが、どれくらい出したの?

相談者:
100%です。
うちの実家とあたしで。

中川潤:
で、なんで・・ご主人の持分が二分の一なの?

相談者:
そうしてくれって言われたんで・・なんか、まだ、わ・・全然若くて、そうなんだ、みたいな・・ちゃんと返してくれるん・・だと思ってたんで・・

中川潤:
え?

相談者:
あ、あのお、

中川潤:
ああ、あのお、あなたが言ってる一千万というのは、家を、

相談者:
あ、家を、建てるのにい、

中川潤:
建てるときにい、あなたのお金と、ね、あなたの・・お父さんから、一千万を出してもらって、そのお金で建てたんだと、そういうことなんですか?

相談者:
あ、そうです、そうです。

中川潤:
で、その一千万なんですね?、さっき、仰ってた一千万っていうのは。

相談者:
そうです、そうです。

中川潤:
総額いくらだったの?

相談者:
1千200万くらいです。

中川潤:
と、一千万が、あの、あなたのお父さんからの借り入れでえ、

相談者:
はい

中川潤:
残りの200万は、あなたが出したと。

相談者:
と、あとお、土台は、義理の父が作・・ってくれたんでえ・・
200万くらいとは聞いてます。

中川潤:
あのねえ、あの、まずですよ・・ね、いいですか?

相談者:
はい

中川潤:
あのお、先ほど来、あなたが、仰ってた結婚生活の状況が本当・・そのとおりであって、あなたが生活を支えておられたんであればあ、

相談者:
はい

中川潤:
まずねえ、え、

相談者:
はい

中川潤:
財産分与を求められ・・求めることが出来るのは、むしろ、あなたの方が、ご主人に対して、

相談者:
はい

中川潤:
分与を求めたいんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
ま、一緒に、形成した財産っていうのは、

相談者:
はい

中川潤:
ま、確かに、土地は、固有財産ですう。

相談者:
はい

中川潤:
ね?

相談者:
はい

中川潤:
だから、あの、夫婦で共同で形成した財産ではないのですがあ、

相談者:
はい

中川潤:
少なくとも、上ものは、200万分・・ぐらいは、

相談者:
はい

中川潤:
ご主人自身ではないけれども、

相談者:
はい

中川潤:
ご主人側の方・・の資金で、

相談者:
はい

中川潤:
出してるのでありますから、

相談者:
はい

中川潤:
で、最低限、その200万分ぐらいは、

相談者:
はい

中川潤:
財産分与として、あなた、請求できて当然だと思うの。
今のお話・・を前提にすれば。

相談者:
はい

中川潤:
そうだとすると、家は丸々、

相談者:
はい

中川潤:
あなたが取得できて当然だと思うんです、今のお話だと。

相談者:
はい

中川潤:
で、ましていわんや、

相談者:
はい

中川潤:
今仰ったようにですよ、生活はずうっとあなたが支えて来ててえ、

相談者:
(泣)

中川潤:
ねえ?

相談者:
はい

中川潤:
で、ご主人がほとんど、◆△%&■◎・・支えになるような、稼ぎが無かったんでしょう?

相談者:
・・はい

中川潤:
あの、生活のね、支えになるようなね?

相談者:
あ、はい

中川潤:
だとすれば・・ほいで、その挙句に、今回の、離婚の話も、

相談者:
(泣)

中川潤:
ねえ、え?

相談者:
お前が言ったんだから、お前が悪いって言われました・・

中川潤:
そんなこと無い。

相談者:
・・

中川潤:
あの、そんなこと無いんです、あのお、もう、ちょっと、えげつなく聞くけどもお、

相談者:
はい

中川潤:
あなた、他にい・・あの、ご相談に乗ってもらって、仲良く、なっちゃったあ・・男性・・がいたりする?

相談者:
・・相談に乗ってもらっている人はいます。

中川潤:
いますねえ?

相談者:
はい

中川潤:
はい。
いつ頃からあ?

相談者:
1年前です。

中川潤:
1年前から。

相談者:
はい

相談者:
でえ、ご夫婦の関係のことについて、もう別れたいんだっていうことについて、相談に乗ってもらってるう。

相談者:
はい

中川潤:
男性ですよねえ?

相談者:
はい

中川潤:
はい。
その方と・・も、率直に言ってください。
お付き合いしてますか?

相談者:
してます。

中川潤:
ねえ。
だから、ああたがねえ、

相談者:
はい

中川潤:
もう、有体(ありてい)に言うけどお、そういうご主人だったんだけどもねえ、

相談者:
はい

中川潤:
もうちょっと甲斐性があるかと思って、

相談者:
はい

中川潤:
頑張ってきた。
子どもに大しては、い、いいけどもお、

相談者:
はい

中川潤:
で、わたしに対しては、十分な優しさが無い。

相談者:
はい

中川潤:
で・・わたしを、ここまで・・切迫流産までさせて、

相談者:
はい

中川潤:
働かせてえ、

相談者:
はい

中川潤:
自分のお、その稼ぎに頼りながら、

相談者:
はい

中川潤:
ね?
ほんとにありがとう、っていう、優しい言葉の欠片も無い。

相談者:
うん(泣)

中川潤:
ねえ?

相談者:
うん(泣)

中川潤:
そういう状況が続いてきた。

相談者:
(泣)うん

中川潤:
ねえ。

相談者:
うん

中川潤:
で、一年前に、その話をよく聞いてくれるう・・男性とめぐり合った。

相談者:
はい

中川潤:
それで、サッパリ別れようっていう・・腹の踏ん切りもついた。

相談者:
はい

中川潤:
はい。
それで、あなたの方から離婚の話を口に上らした。

相談者:
はい

中川潤:
ということでしょう?

相談者:
はい

中川潤:
で、なんで慰謝料が出てくるのか、わたしね?
正直言って、さっきのお話だけでは分らなかったのです。

相談者:

中川潤:
これが一点。

相談者:
はい

中川潤:
それと、ここまで頑張っ・・努力してえ、ねえ、ま、それなりに割り切ってこられたのが、どうしてここへきて決断が出来るのか?

相談者:
はい

中川潤:
そりゃ、別のお相手がいなければ、たいがい、出来ないんですよ。

相談者:
はい

中川潤:
はあ。
そうすると、あなたの置かれてる状況は、極めてねえ・・ね?

相談者:
はい

中川潤:
1年前までの状況ね。

相談者:
はい

中川潤:
1年前までのその方に相談するまでの、状況のときに、

相談者:
はい

中川潤:
あなた自身が、も、これ以上は、耐えられないからと言うんで、ね?
別れ話を切り出したんであれば、

相談者:
はい・・

中川潤:
問題の状況は全然違ってました。

相談者:
うん・・

中川潤:
ところが、この1年、ご相談相手で、お付き合いをなすった、

相談者:
はい・・

中川潤:
方との関係ができたことによってえ、

相談者:
はい

中川潤:
ね?
裁判所はとっても、クールな所でありましてえ、

相談者:
はい

中川潤:
この、結婚・・ご主人との婚姻関係を、

相談者:
はい

中川潤:
破綻させた、ね?
壊した、

相談者:
はい

中川潤:
のは、あなたの不貞。

相談者:
はい

中川潤:
ね?
巷間言う、不倫ですよ。

相談者:
うん

中川潤:
に原因があるんだと。

相談者:
うん

中川潤:
いうふうに、ストーリーは、組み立てられて、おるのであります。

相談者:
うん

中川潤:
だから、慰謝料という、言葉は、おそらく出てくるんだろうと思うんですよ。

相談者:
あー

中川潤:
ねえ?

相談者:
肉体関係ないです。

中川潤:
んん・・
だからあ、その辺のところがどれだけ信じてもらえるか?っていうところだけどねえ。

相談者:
うん・・

中川潤:
うーん・・
まあ、だからねえ、ちょっとあなた、極めてねえ・・いいですかあ?

相談者:
はい

中川潤:
あのお、デリケートな状況に今ありますよお。

相談者:
うーん・・

中川潤:
立場があ。
つまり、ああた今、肉体関係無いって仰ったんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
それを、あの、信じてもらわなきゃいけない・・だって、その、相手のお、男性のことは、おそらくご主人気づいているってことは、あなた、薄々分ってるでしょ?

相談者:
分ってます。

中川潤:
でしょう?

相談者:
はい

中川潤:
はい。
で、ご主人は、完全に、そっちとね、ね?
楽しくやってると思ってますから。

相談者:
はい

中川潤:
はい。
だから、あの、今の状況は、ちょっと、ねえ、あのお、大変、あなたの考えておられる状況よりも、厳しい状況なので、必ず代理人をつける。
ということで応対するように、あの、してください。
いいですか?

相談者:
わかりました。

中川潤:
はあい

加藤諦三:
はい、どうも、失礼しますう。

相談者:
はあい、ありがとうございまあす。

加藤諦三:
自己中心的な人は、被害を強調します。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

迂闊だったね。

たぶん、旦那は証拠出してくるよ。

もし、離婚が1年前だったら、って言うんだけど、
男が出来たから決心したわけで、それは無理というもの。

この番組でもよくなされる指導なんだけど、配偶者の浮気、不倫で離婚を考え始めたのなら、まずやることは、証拠固め。
今日の相談の旦那の立場ね。

で、不倫してる方の教訓としては、どんなに仮面夫婦であっても、証拠を握られちゃいかんのよ。

離婚協議書に判子を貰いさえすれば、翌日に紹介してもいいけど(笑)。

 

相談者、一番こだわってるのは家みたいね。

でもさ、この家って、旦那の兄家族と弟家族に挟まれてんだよ。
そこに離婚後も住み続けようとするなんて図太い神経だこと。

なんとなく、しゃべり方が帰化人っぽいんだけど。

1千万の借金なんて、それがホントだったにしても、父と旦那の間のもので、この夫婦の財産分与とは関係ない。
本来はね。

これをどう活用できるかだけど、家の持分も旦那の言いなりになってるところを見ると、借用書すら無いような気がする。
すでに、ウヤムヤの感。

このままだと、結局、持分二分の一どころか、相談者本人が出費した200万円分と慰謝料を相殺されて、追い出されるのがオチ。

長年家庭を支えてきたことが水泡に帰すわけだ。

間男が、身一つとなった52歳のこの女に、変わらぬ愛を注いでくれることでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。